読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

大阪都構想なるものは大阪市の解体消滅構想であり、このような重大な地方自治体消滅を私は非常に憂慮する。

都構想=大阪市解体消滅構想についてつぶやいたこと


都構想と生活保護のプリカが結びついてない人が多いと思うんだが
大阪市を解体して、つまり市議会をなくして、市議会の議決を経ずして、公的資産売却を進めるのと、自治体の住民サービスを民営化して切り下げるのは連動しています。
また大阪市営地下鉄も都構想で大阪府のものになります。

posted at 15:45:11 
大阪府大阪市学術界、自治体の関係者の皆様、是非大阪都構想大阪市解体消滅構想の拙速な実施を戒めるよう、声明を出してほしいと思います。皆様の勤務先の未来にもかかわることです。

posted at 15:46:57 
このまま大阪都構想大阪市解体構想の住民投票を実施させるべきではありません。協定書を見る限り大阪市民がまず短期的に不利益を被るのみならず、政令市の消滅というとんでもない事態が待っています。これは大阪府中核市、もう一つの政令市堺市のあり方に大きな影響を与えます。

posted at 15:49:11 

自治体の民営化、ジェントリフィケーション、これは東京では渋谷から大阪では大阪市から始まります。危ないのです。自治体を解体し住民サービスと自治の手段を奪い、資本が都市を再編成するのです。こんな危ないことはないです。

posted at 15:51:10 



みんな大阪都構想の恐ろしさがわかっていないと思う。特に大阪以外の自治体の住民は他人事だと思っているのではないか。とんでもない話だ。大阪市という日本で二番目の規模を持つ政令指定都市がいきなり消滅してしまうのだ。こんなことを住民投票にかけていいのかなぜ批判の声が強くならないか。

posted at 22:07:16 

大阪市関西電力の大株主だ。大阪都構想によって大阪市が消滅して喜ぶのは間違いなく関西電力だ。今はまだ大阪市長の選出を通じて関電にブレーキをかけられる。しかしそれも不可能になる。なぜこんな簡単なこともみんな思いつかなくなったのか。

posted at 22:08:43 

大阪都構想住民投票という名のもとに大阪市が消滅させることができれば、次は京都市だろうが神戸市だろうが横浜市だろうが、解体することができるだろう。

posted at 22:09:50 

大阪市政令指定都市でも優良な路線、大阪市営地下鉄を持っている。ところが特別区の協定が住民投票で承認されてしまうと、市営地下鉄の所有権は大阪府に移転する。そしてこれを次は民営化し、大阪府は赤字解消の道具にするだろう
こんなことが許されていいのだろうか。都構想の住民投票自体に反対だ

posted at 22:11:55 

僕は叫びだしたい。大阪都構想住民投票なるものその実態は大阪市を解体消滅し、大阪府の借金の穴埋めに使い、財界に大阪市民の公共財産を譲り渡すことだ。「民意」のもとに。この住民投票を可能にした人間たちのことは一生忘れない。私は大阪府民だが府民にとってもこれは怖い計画だ。

posted at 22:13:54 

大阪都構想といいながら、その実はただ大阪府大阪市が吸収され、五つの特別区は権限が大阪市よりはるかに小さい。大阪市営地下鉄大阪市のものではなくなる。関電の大株主である大阪市は消滅する。そして自治体解体の実験も可能である。財界には笑いが止まらない計画。

posted at 22:15:33 

政府は大阪都構想なる大阪市解体消滅構想を否定していない。つまり権限のある直近基礎自治体を捨てて、自治体をより広域化し、住民自治を奪いより集権制を固める腹である。道州制にも簡単につながる。

posted at 22:17:11 

大阪都構想なる大阪市解体消滅構想は、北海道から札幌市をなくすこと、神奈川県から横浜市をなくすこと、などに匹敵する大惨事である。こんな恐ろしいことはよほどの悪辣な計画がなければ行わない。

posted at 22:18:42 

特別区設置協定書(案)http://www.city.osaka.lg.jp/toshiseidokaikkushitsu/cmsfiles/contents/0000275/275299/shiryou3.pdf

posted at 22:23:24 

大阪市バス、地下鉄は民営化か大阪府のものになってしまう「特別区の設置の日までの間に、大阪市高速鉄道事業、中量軌道事業及び自動車運送事業の民営化が実現されない場合は、当該事業については大阪府が処理」(協定書より)http://www.city.osaka.lg.jp/toshiseidokaikkushitsu/cmsfiles/contents/0000275/275299/shiryou3.pdf

posted at 22:26:23 

努力規定なので守られる保証全くなし「特別区の設置の日以後は、各特別区及び大阪府においては、各種事務事業のサービス水準及びその内容の必要性及び妥当性について十分な検討を行い、住民の福祉の向上が図られるよう、事務事業の見直しに努めること」http://www.city.osaka.lg.jp/toshiseidokaikkushitsu/cmsfiles/contents/0000275/275299/shiryou3.pdf

posted at 22:28:07 

市債は特別区に引き継がれ大阪府補助金からかえす羽目に「大阪市債(以下「既発債」という。)の償還に必要な経費(特定財源を充当するものは除く。)として、特別区が負担する額は、特別区財政調整交付金の交付を通じて財源保障を行う。http://www.city.osaka.lg.jp/toshiseidokaikkushitsu/cmsfiles/contents/0000275/275299/shiryou3.pdf

posted at 22:30:52 

大阪市の財政を奪い取った大阪府特別区に貸し付けを行う。「必要に応じて、大阪府に承継される財政調整基金を活用し、特別区に対して貸付を行うものとする。」http://www.city.osaka.lg.jp/toshiseidokaikkushitsu/cmsfiles/contents/0000275/275299/shiryou3.pdf

posted at 22:32:23 
特別区に法人市町村税などの徴税権はない。これが大阪市からの一番のダウン。大阪府から何割か分けてもらえるだけ「法人市町村民税、固定資産税及び特別土地保有税を財政調整財源とし、これらの収入額に大阪府の条例で定める割合を乗じて得た額を特別区財政調整交付金として特別区に交付」(協定書)


大阪府大阪市の巨大な財源、公共資材、市内に存在する企業や土地からの租税権限を奪う。そして特別区にお恵みを与えるのみ。大阪市営地下鉄もしバスも大阪府のものになる。大阪市民は奪われどおしだし、全国、大阪市以外の政令市中核市はこの大阪都構想=解体消滅構想の暴挙に反対すべきなのだ。

posted at 22:37:04 

なんでこんなひどいことがまかりとおるのか。いまだに信じられない。

posted at 22:37:38 

自治体をよりよくするための公共設備、公務員システム、住民自治、サービス、住民投票などには全力で反対する橋下市長が大阪市を叩き壊すだけの住民投票は推進する。
この場合自治体の破壊自体が狙いであることは論を待たない。

posted at 22:39:23 

日本の社会科学者というものは大阪都構想大阪市解体消滅構想の嘘をも見抜き指弾することができないのだろうか。

posted at 22:41:15 

なんで俺が協定書なんぞ読まねばならんのだ。涙が出るわ。

posted at 22:41:46 

大阪市の野党議員ももっとはっきりと大阪市が解体消滅する危機を訴えてほしい。これは大阪市だけの問題ではない。日本の都市、自治体のありかた、住民自治が住民投票によって破壊される壮大な恐怖の実験なのだ。

posted at 22:43:09 

橋下市長と安倍首相の言論封殺コンビ誕生!「参院選で野党を割って改憲に協力」の密約か http://lite-ra.com/2015/02/post-87.html… @litera_webさんから

posted at 22:46:04 

大阪都構想について有識者の声 - Togetterまとめ http://togetter.com/li/777274 @togetter_jpさんから

posted at 22:49:39


住民自治の基本である基礎自治体を、「都構想」という看板をかかげ
住民自らに消滅させる。

これは地上げ屋が強制力ではなく本人の「同意によって」あるいは
同意を装って土地を売却させる方法や
契約内容を偽って
ハンコを押させ暴利をむさぼる手口によく似ている。


これは政官財界が考え出した完全犯罪ではないか。

忘れてはならない。

自治体は住民やそこで生活するすべての人のものであり
企業や権力者の持ち物ではない。
むろん現行の市役所のシステムには問題があるかもしれない。

しかし大阪市の財政は悪くないし
借金もかえしていっている。
政令市の中では優良な運営としているといえなくもない。

そして公共の財産それは市民のものだ。
投げ売りしたりその権限を奪われてはならない。
すべてが民間保険化したアメリカの医療が問題であったように
その制度自体をぶっ壊せば問題が解決するわけではない。

公的なサービスを私たち住民や生活者の側に取り戻すことが
大事であり、その改革の努力もなくどこかの笛吹のいうとおり
その自治体を明け渡してはいけない。

豊臣の子息が大阪城のお濠を埋めたのと同じ失敗である。

そしてこれは大阪市だけの問題ではない。
再三いうように自治体消滅がこの規模で実現してしまえば
原理上どこの自治体も合法的に消滅可能になる。

原発や基地、ごみ処理施設など自治体があり住民がしっかりすることで阻止できた
計画は多い。
だからこそその拠点を失うことは性急にしてはならない。

拠点をつまり大阪市を失ってしまったら後で取り戻すことは非常に困難だ。

そして私は大阪市外の大阪府民として
このような暴挙が行われる大阪をさらに住みにくいと思うだろう。

他の大阪府下の中核市や政令市も同じような目に遭わない保証は
どこにもないからだ。

大阪府市の両議会でもマスコミ報道、識者の説明でも
大阪都構想なるものが移行コストに対する利益ではもうからない、損だけのものであることはわかっている。

それ以上の説明を橋下市長はできていない。

これ以上住民投票などする必要があるだろうか。

もし住民投票があるならそれには必ず皆さん行ってほしい。

理解できない、おかしいと思うなら反対したほうがいい。

なぜなら棄権や賛成をしたら後戻りは聞かないからだ。

もしより良い案を作るべきだという意見でも議論をつくすべきなので
賛成票ではなく反対票にしたほうがいい。

協定書を読み利害得失をほぼ完ぺきに理解でき
それでも賛成するというなら止めない。

しかしこんなに大きな試み、自治体消滅という賭博にはもっと
慎重であるべきだ。

大事なことは理解できるまで決めない。
これもまた勇気である。

いますぐ賛成しなければ
何かがおかしくなってしまう非常に強い理由があるなら
橋下市長は正直にいうべきだ。

でもそのような説明はでてこないだろう。



これが全てである。