読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】ささげられたものについて

もう大丈夫と

僕がまっすぐに歩こうとすると

景色は再びゆらゆらしはじめました

今日悲しいことがあって

いやそれは昨日の朝だった

悲しいことがあって

まだ小さな揺れが止まりません。

 

サイエンスが大事です

ものごとを厳密にとらえようとするとき

はじめて見えないものの存在を知るのですから

そうすると詩だってサイエンスになりえます

あなたの眼差しも

僕のうまくない言葉もサイエンスになるかもしれませんね

 

そういうふうに芸術について何か言おうとしても

僕の生活はさびれたままです

もう子供であったり若くあったりしてゴマかすということも

できないので

さびれたまま、ただ欲望だけが毎日

を目的もなくぶらついています

 

  あなたには使命があったほうがいいよう

  誰にも使命があったほうがいいよ

  <ではこの者たちはなぜ死んだのか>

  季節は必ずめぐるのさ

  <ではあの寒い冬にあの子が死んだのはなぜか>

 

なぜか

答えられない問いが

ただ僕の行き当たりばったりの生存の中を

そこかしこにゆらめいている

 

 うまく歩けない

 <誰が>

 僕が

 <でも歩いているではないか>

 これは歩行ではない

 <とにかく前に進めばいいのだ>

 なんでそんないい加減な考え方ができる

 <進んでみて見えるものもある>

 ああそういうことか

 だけど一歩も歩きたくないといって見たくもなるのだ

 <誰に>

 

 

ここで

祈りをささげる

目的のない行為はないが

行為はただどうしようもなくささげられている

目的を超えて

どうしようもなく

ただ

そのままで