読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】バスが転がって

蒸し暑く

夜の風は町をざわざわと通り過ぎる

その下で

僕の魂は夜のバスに揺さぶられている

寂れた道の停留所から走り出した

笑ったり

苦し紛れにしゃべりすぎたり

苛立ちすぎたり

そんな今日を思い出していた

 

光から光へ

苦痛から現実へ

三号系統を

走る時

窓外には行くあてを見失った文明が

あるのだ

私はたわいないような、真剣なような

真実であるか、希望であるか、謎であるか

同伴者たちと話をするが

意味は決めない

意味なんて決めて理解できた

試しはない

 

意味にこだわりながら

意味のわからなさに怯えている

 

この夜が過ぎるだけである

夜空の向こう側にかつて見たような

平凡で破壊された日常を

20年経て取り戻した普通の

しかし核燃料さえ溶けたはずの

末世を落ち着きなく走るのだ

 

巨大なターミナルに降り立つと

芋づるのように引き出された記憶が

繁華街に広がっていく

芋づるのようなものに

縛られて

僕はあの人やこの人と笑ったり

泣いたりした

誰もがそれを逃れることもなく

しかし忘れていき

日々は寄せては返す

なぜか

私は些細なことが忘れられない

 

些細なことが忘れられないのは

悲劇のヒーローやヒロインではなく

ただ

そのようにしか生きられないと

いうことだ

 

暗闇を見上げると

冷たい空気が降りてきて

誰かがクシャミする

クシャミの回数に迷信があることを

思い出す

 

夜の地下に吸い込まれながら

夏に向かう予感に

やるせなさと

わずかな夢の行く先を

ころがらせる