読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】ちっぽけで永遠だ

生きてるだけでありがたいと

思いなさいなんて

親から言われた覚えはない

そんなあからさまな話はされたことない

だけど命が大事と思ってる

それはなぜなのか

命があまりにも儚いからか

君の笑顔や寝起きに見た美しい空も

いつか消えるからか

生きてることにしがみついている

ああ、なんでこんなに切なく

バカみたい私のこの思い

本当に大事なものなんてないのかもしれない

でもおそわれるのが

こんなに大事なんだという気持ちの

発作

 

僕の頭はいつもギクシャクしている

僕の体は肝心な時に力が入らない

窓辺で、ささやかな風の音を聴いている

ずっとずっと聴いている

それは地球で片隅に繰り返されている

なんていう音なんだい

ごはんをたべる音が聞こえない

悲しくも豊かな

ごはんの匂いもしない

 

砂やちりが飛ばされて

なんでここにいるのやら

湿っぽい布団に潜り込み

どんな辛いことも

放射能より先に息絶えると思う

僕は地球より短くしか

生きられない

だからいい

山や海が生まれた瞬間を

たくさん見れない

僕の悩みはちっぽけで

永遠だ

 

それで

それがどうしたというのやら

涙と笑いと

嵐の中で沈んでいく

疑問ない

疑問しかない

キリがない

叱られる

バンザイ