細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

ハンセン病家族訴訟、控訴取り下げ「おわび」のはずの安倍政権が判決を不服とする政府声明を出し、訴訟原告団と弁護団が批判

安倍総理、菅官房長官、根本大臣が「おわび」の大合唱だが、判決を不服としている政府声明が出された。

政府声明も閣議決定 ハンセン病判決に「法律上の問題」 2019年7月12日12時15分 https://www.asahi.com/sp/articles/ASM7D3JM2M7DULFA006.html

すぐに ハンセン病家族訴訟原告団弁護団は反論の声明を発表。

「政府声明は,本判決の論旨を曲解するものであると言わざるを得ない。そもそも,本判決の指摘するハンセン病患者家族が差別・偏見を受けるような一種の社会構造の存在を前提とすれば,いかなる理由によっても消滅時効は成立し得ないはずであって,本判決の消滅時効に関する判断はむしろ当然の帰結である。 以上のとおり,政府声明は,最高裁判例や本判決の論旨を正しく理解しない不当なものであると言わざるを得ず,本判決の法律的な判断は何ら揺らぐものではないし,本判決には政府の懸念するような国民の権利義務関係に影響を及ぼす内容は含まれていないものと考える。

2019年7月12日 ハンセン病家族訴訟原告団 ハンセン病家族訴訟弁護団https://www.dropbox.com/s/5dlkw4r11f0i7p8/190712seimei_seimei.pdf?dl=0

そもそも、ハンセン病家族やハンセン病者のために、国が差別的制度を長らく維持してしまった責任を認め控訴取り下げするのが当たり前のことである。 総理の手柄のように報じられること自体おかしいのだが、小泉政権の時にもこれはあった。 何十年苦しんできたわけで、なぜこれまで政府は裁判を長引かせたのかそのこともさらに批判されねばならない。

そして本当は謝る気がないのではないかと思っていたが、さすがにこの政府声明には驚いた。 連日総理や閣僚のおわびが新聞紙上をにぎわせる一方、本当は判決に不満なのだという政府声明を閣議決定するとは。 謝る先から舌を出すような、許すべからざる行為。

選挙パフォーマンスのためにあやまるふりをしているという疑いは明白となった。 ハンセン病者の家族、ハンセン病者をさらに踏みつける政府声明である。

日本政府、安倍内閣は、詐欺的なおわびパフォーマンスをやめ、真摯に判決を受け入れるよう求めたい。

ハンセン病については、本来治療できる病気であることは早くわかっていたのに、治った人々を隔離収容し、差別を政府が正して来なかった。 このことで、戦争をまたいで、ハンセン病当事者、そして家族が社会的な差別を受けてきた。それをこの国は正して来なかった。それが問われているのだ。 戦前から戦後に持続する国家的差別事案なのである。

ハンセン病者や家族に対する謝罪や償い、差別をなくすための啓発や教育に政府は全力をつくすべきである。

【詩作品】ふらつきながら

もういいんです

剥がれた石を

乗り越えていく朝日

どうしても悲しい

ある日のことが

流れていく

僕たちの記憶は

こんなにも光り

ただ

争うことが

目の前を走り続ける

優しい腕に抱かれ

倒れながら

調和について思う

調和に

みにくいと感じることが

雨の中で

様々なものを冷え固まらせ

僕たちはともかくは

生きているのだと思おう

たとえ

生きているように

思えないのだとしても

くたびれた駅を通り過ぎ

線路脇を歩き続け

ふらつきながら

いつしかたどり着くこともある

【詩作品】ひとつになることもあるから

普通の言葉で しゃべろうとしたんだけど 舌がうまく回らないから 口笛を吹いて どこまでも風みたいに 流れて行きたかったんだ

橋の上に車が無数に流れて この文明の余りはどこに行くか 考えてたけど 僕の行き先がわからなかったんだ

現実逃避と言われ 確かに戦えたかどうか ひとり立ちしたか わからない けれど命は ただぼんやり流れていくものかも しれないね

流れていくなら 選べないことがあるさ 生まれた場所も時間も 選べないから この肉体も産んだ人も 選ぶとか選ばないとかじゃなくて だけど 生きている一瞬が 真剣に楽しかったり どうでもよかったりしたら

モノの不条理さえ 感じられる

僕は痛がりで 怖がり 僕は痛がりで 怖がり

みてもらえばわかるさ よく見て欲しいんだけど 注意深い人は この世界にあまりいない 忙しいと言いながら 自分自身のもやもやや欲望や どうでもいいことから 離れていくばかりで

僕も真面目すぎたり 他人に引きずられたりして あまりにも 自分が空っぽで

でも 集中して夜の風を聴くと なんだか 宇宙から降り注ぐつぶが 僕らとひとつになることもあるから

ひとつになることもあるから たぶんあるから もしかしたらあるから なくたって そのうち どうにかなるもんさ

【F35Aステルス戦闘機墜落】機体捜索打ち切りへ。フライトレコーダーさえ未発見のまま飛行再開は危険極まりない。

‪墜落したF35A戦闘機 捜索打ち切り飛行再開へ https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000156203.html‬ ‪「墜落したF35A戦闘機 捜索打ち切り飛行再開へ‬ ‪[2019/06/04 14:55]‬

https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000156203.html

‪ 4月に青森県沖で墜落した航空自衛隊の戦闘機「F35A」について、岩屋防衛大臣は機体の捜索を打ち切り、中止していた飛行訓練を再開させる方針を明らかにしました。‬

‪ 岩屋防衛大臣:「これ以上、そこ(周辺海域)から事故原因の究明につながるような材料が出てこないだろうという判断を致しました」‬ ‪ 最新鋭のステルス戦闘機「F35A」の墜落事故を巡っては、自衛隊が周辺海域で捜索を続けてきました。機体は激しく損傷しているとみられていて、これまでにエンジンや主翼の一部を発見していましたが、フライトレコーダーは見つかっていません。隊員が行方不明のままであるため、防衛省は海域を広げて水中カメラを使った確認作業は行うものの、機体の捜索は事実上、打ち切ります。そして、中止していたF35Aの飛行訓練を近く再開させる方針です。」‬

機体損壊状況が激しいのかもしれませんが、最低限フライトレコーダー発見しないと、事故で何が起きたかわからないんじゃないですか。 事故原因わからないまま飛行再開なんて危ないです。

私は以前日航ジャンボ機123便事故の書籍を読み、アメリカの民間航空機の大事故調査の記述を読みましたが、なるべく機体の部品は捜索するという記述がありました。 全てがそうではないかもしれませんが、後から事故原因を誰もが検証できるようにするためです。 公開で様々な知恵が集まれば技術検証の精度は高まります。当時思いつかなかった原因が後から見つかることはありえるからであり、開かれた議論のプロセスの中に置くことが技術の発展に不可欠です。 特に科学は失敗や被害に対して謙虚になりそこから学び、被害を防止しなければたやすく腐敗してしまいます。

軍事技術というのは機密が多いのかもしれませんが、そんなことでは事故が防げません。 原発もそうですが何でも秘密にする体質が、開かれた事故検証を妨げ、繰り返す事故につながっているのではないでしょうか。 原発も軍用機も、民間人に多大な影響を与える技術です。しかし、それは同時に国家や産業が強引に秘密裏に進める技術でしかありえないため、原理的な検証不可能性を抱えているのではないでしょうか。 民主主義に反する疑いがあります。 事故原因を検証しなければ再度墜落したりしてしまいかねません。 パイロットだけでなく、あらゆる場所で人々が被害に遭います。 さらに言えばステルス戦闘機は、レーダー網をかいくぐり、相手方の人命を奪う技術であり、このような技術の高度化もイージスシステムなどとともに世界に広がることに多大な懸念を持ちます。

防衛省自衛隊は、航空機事故調査の基本がわかってない訳ないと思うので、フライトレコーダーすら見つからない状況で、飛行再開を明言するのは米軍と同じように、人々の安全に関心がないとしか思えません。

最低限フライトレコーダーを見つけないで、飛行再開も何もあったものではないでしょう。 フライトレコーダーやボイスレコーダーには、当時の航跡や交信記録が記録されており、事故当時何が搭乗員や機体に起きたのか、記録されているはずです。 それをまず捜索して見つけ出すのが事故原因究明の常道ではないでしょうか。 機体損壊状況が激しいということは、非常に深刻な事故の可能性があると思います。 こんなに急いでまでF35ステルスの配備実績を作りたいというのは、自衛隊の戦力を急いであげて、早く戦争の準備でもしたいのでしょうか。

私は、自衛隊の存在自体に憲法的に大きな疑問があり、憲法改悪にも反対ですがフライトレコーダーも見つからないまま飛行再開を明言するのはあまりにも恐ろしくて、あらゆる人々がこの強行を批判してほしいと思うのです。

自衛のためという論理で事故検証がなおざりにする体質さえ育っているならば、この世界で軍事とは一体何なのか、厳しく問い直す必要があるのではないでしょうか。

【詩作品】Falling rain

雨の中を合羽を着て 自転車に乗っていると 目の前をチラつく雨粒に苛立った 水たちは私よりも新しいのか と考えてから 雨粒も私も 物質という意味では 起源は古く 宇宙から やってきた何かに違いない 宇宙とはと 考えたけれど 物理学に詳しくないのです

雨は次々降ってくる 厳しくなり また緩くなるが 合羽を久々に着たので 落ち着かない 生暖かくカサカサして ビニールの匂いがします

たぶんひとはその人自身として 大切にされなければならないのであり 私たちの心の奥底にあるものは けして乾いてはならないのだ

私は雨の中出かけ 電車に乗り うどんを食べたりした 昼も夜もうどんを食べた 闇が迫る繁華街を歩き ビルの一室でいろいろな ことを語り合った

そのあと 私の奥に流れる血が ざわめいて 夜の繁華街の人びとの様を ひたすらみていた 誰もが 人間として扱われていない という切実なことを アフターファイブに後回しにして 仕事を優先している

人の形をした互いとして 抱き合ったり 笑ったり 水を飲んだりしながら 乾き焼けただれた魂は 癒されない

一番凄惨な場面に立ち到りなお 私たちはなぜ 何よりも早く 何よりも先に 私を私として かけがえのない人として みてほしいと ただ率直に 細密に 声にしないのか

ただ誰のせいでもなく 私は 見捨てられた雨の中を 泣かないのか

私たちは自分が 何を求め 何を感じるのか 知るべきだ

誰かへの詮索の前に 知る知らないの前に 意味の前に価値の前に 私たちの中で 崩れる映像が 向こう側からあらわれている

何も起きないようにし続け 決定的に死に絶えようとしている

川から川へ 私たちは逃げたが 最期にノドが乾き 焼けただれた私たちは ただ その場にへたり込んでいた 例えようのない 暴力を 作り出した時 私とあなたの関係の時空は 歪み それが私たちの 内側を 絶滅で満たした

日本政府と国会は丸山穂高議員による戦争発言で、ロシアとの信頼関係を毀損したことを痛切に認識し、世界に対し平和の誓いを新たにし、信義誠実を持って、ロシア人民、とりわけ北方四島住民との信頼関係の回復に努めるよう誠意を尽すべき

【悲報】丸山ほだか議員の「戦争」発言、ロシア政府紙を筆頭にロシアメディアにより大拡散。 - サミズダート https://www.samizdat1917.com/entry/2019/05/14/232203 「「イズベスチヤ」や「タス」そして「プラウダ」は勿論のこと、遂にロシア連邦政府の官報である「ロシア新聞」や、その他メディアにも大々的に取り上げられ」

ロシア主要メディアの大半が取りあげて、大変な問題だとしているのに、日本政府、国会、日本人は右から左まで大したことないんだとか身内の恥とか云々カンヌンと。

私は日本は本当にダメだと思う。 相手の国の人民、北方四島に関わる全ての人に謝罪したり、深刻に考えようという動きがない。 こんな国が「北方四島交渉」をしようとしていたのが信じられない。今回完全に交渉の糸口すら破壊したと思います。

私は、ロシア政府および人民ならびに北方四島関係者に謝るべきだと、知った時から指摘しているが、、、

相手がある問題なので、維新や政府は特使を送って、謝罪すべきです。 国内の不祥事とはレベルが違います。

検証はおいおいしっかりやればいいです。 緊急事態です。 戦争を示唆したんですから、戦争する気がないなら、ちゃんとロシア政府、人民、北方四島関係者すべてに説明して謝罪すべきです。 責任を誰が取るかでいまだにはっきりしない維新、政府与党には怒りしかありません。

憲法第9条を遵守します。 貴国と交戦するつもりはなく、今回の丸山議員の発言は許されざるもので、ロシア国民、ロシア政府、北方四島住民、先住民族みなさまに多大な不安と不快感を与え、信頼関係を毀損しましたことをここにお詫びします」

仮に丸山穂高議員の辞職勧告決議が衆院で採択されれば、平和の誓いを新たにし、ロシア政府に書簡を送ってほしいです。 大変な不信感を与えたのだから。

日本人は外交の向こうに普遍的な人間関係があるということがわからないみたいだ。 それが一方的な態度、侵略を生み出したのだろう。 ヨーロッパは自文明が偉いと言う態度だがそれよりひどい感じがする。 関係が成立していない。 安倍総理だけではない。

もちろん丸山穂高氏も選挙で信託を受けた身である。 単に辞めろと騒いでいるのではない。 戦争をするということは、政治的共同体が崩壊し、人間の命が奪われ、人権と民主主義の根底が覆されるわけだからです。 他の人は知らんがすくなくとも私はそう捉えて、丸山穂高議員はけじめを取るべきだと考えている。

普段は辞職勧告決議なんて話はなかなかでません。 今回の話は余程のことだと思うのです。 そう思いたくない人もいるみたいですが、戦争だと言われた身になったら、どれだけむちゃくちゃな話かわかると思うし、真剣にわかってもらいたい。

もちろん丸山穂高の言動で安倍外交のミスは隠されると言う見方もあるのかもしれませんが、それより私はロシアや近隣諸国との友好関係が大事だと思います。 戦争と口に出す政治家や軍人や臣民が増えて先の侵略は大量の犠牲者を生み出し、破局を迎えました。 そのことを思い出すからです。

単に謝るというだけでなく、認識しなければならないのは、安倍外交丸山穂高発言など、ロシア人民、北方四島に住む人、先住民族は日本国は大丈夫かと深刻に怖く、腹立たしいだろうということです。 日本政府はしっかり信義誠実を持って信頼関係を作り直す覚悟がなければなりません。 それでなくては、北方四島に関するロシアとの建設的な対話は不可能です。

丸山穂高発言は誰にとっても不幸な発言です。

日本人の社会が致命的に内向きで、自分の国以外の人がいくら傷ついても視野にも入らないという無神経さが丸山穂高や安倍などを生み出した危機の正体

この事件で、丸山穂高自身が重要人物だとは私は思ってない、とっと辞めてくらいにしか思わないが、それのみでこの問題を相対化できるとは思ってない。 安倍にしても政府にしても多くの日本人にしてもロシヤの人びととの関係、北方四島に住んできた人びと、先住民族のことなどどうでもいいと考える内向きさがこれで完膚なきまでに暴露された

平気で、ロシヤ人民や島民や元島民に争いの種を植え付ける丸山穂高もひどいなら、丸山穂高をまるでかませ犬として総理の失政を隠す政権もひどいが、その反対側で大した問題ではないとする人びとも含め、相手国の人民、北方四島住民の気持ちを見ていない。 戦線布告に近いことをされ愉快なはずがない。

とにかく今回でもロシアの人民がという話が全く出てこない。 深刻な日本人の他者喪失である。 その他者喪失、内向きさ、自分の身内の恥だけを心配して人がどう思おうと意に介さない神経質な無神経さがこの国を日露戦争後さらに破滅的な侵略に駆り立てた理由である。 アジア人民を虐殺して 恥じない理由である。 また、日本国内における様々な被害者を無視する理由である。 この無神経がLGBT、女性、障害者、貧困者、在日外国人を襲うのだ。 繰り返すが日本人全体の無神経の象徴的現れが、安倍であり丸山であり天皇や財界でありという鉄面皮の羅列なのであり、私たちの集団的無神経さこそ 危機の正体なのだ。

私だって誰だって人間で、個々人は限界があり、世界人類の心配を来る日も来る日もできるわけではなく、毎日自分の暮らしで精いっぱいである。 しかし、自分の住んでいる国の政治家なり誰なりが大変な非道を、相手の人民に対して働いている場合、まず考えるのは、私たちの立場より先に、相手の人民がどれだけ辛いのかというのが常識ではないかと私は思うのだ。

しかし、それがない、当該の議員にも、維新代表にも、政府にも、相手の人民なり、島民なりに大変な不快な思いをさせたことが語られない。 丸山穂高の情報ばかり踊るが、ロシアの議員が論外だと言ったり、訪問団の人びとが怒っているので、当事者は大変な不快な思いでいるのは間違いない。 なぜそこに向けた謝罪なり、アナウンスメントなりがないのか。 即座にないのか。 安倍総理が弱腰云々だとか、丸山穂高がどうだとか以前に相手に対する基本的な人間的交流がこの国の政治、社会にないのではないか。

それで一体日本に住む人々は生きていけるのだろうか?

‪なぜ、あの戦争であれだけ侵略し、最後には自爆攻撃に至ったか理由がわかる気がした。‬ ‪日本人には、底に根深い人間不信、いや人間喪失があるのだ。‬ ‪簡単に言って、人間をナメている、命をバカにしている。‬