読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concering poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】昼下がりの預言者より

終わることができない空の

大空がごまかされて

川に向かって光が

そう光が匂うよ

草むらに草むらに道が途切れる

犬の息は短いが

犬は優しく長く生きるかもしれない

大あくびをした老人は

もう短いかもしれない

 

この鉄橋が街を切り川を渡る

優しい風景なのかもしれないが

鉄橋は残酷に音を並べる

ムラムラした石の積まれた堤を

疲れた青年が歩いている

 

人はめいめいに散歩したり

愛や昼ごはんのメニューを語っている

しかし

巨大な空虚が

浮かび上がり

みるみる空に渦巻きをつくる

 

破局のあとにも

さらに破局は来るし

だからあなた方は

愛や夢を今のうちに語っておかなければ

必ず悔やむだろう

 

預言する者は続ける

君の愛や些細な心の揺れは

巨大な物理法則としての

この惑星と

比較にならないほど小さく

あってなきがものだ

 

しかしあってなきがごときものを

その小ささのまま

肯定することは

充分に大きい

君は毎瞬間の輝きを

惑星に等しい長さと重さと

大きさで

経験し苦しむ

 

だから破局は怖くない

怖くないことを超えて

君は変化し

生きることができる

 

【詩作品】寝転びたい

あまり何も考えないようにしよう

辛いから考えないようにしよう

 

だけど思い出してしまう

思い出したくなくても

忘れてはいないのだ

 

あの人のことも忘れよう

嫌いなあいつも忘れよう

しかし

そうしようとするたびに

あの人も

あいつも大きくなるばかりだ

 

酒を飲んだり

ヨガをしたりする

 

馴染めないこの世界に

1日でも長くいるために

正しいことは通らない

私の愚かさや恥が

雪のようにふりつもる

 

恥ずかしい

寒い

まっすぐに線路がゆく

歩いても

ヘコタレても

この道は続いてしまっている

 

いきている

いきてゆく

おまじないをとなえる

 

いきているが辛い

辛いというより

恥ずかしい

この匂いたつ体があるために

目や口がいつまでも

求めるために

 

空間や時間を越えて

草ぼうぼうの

寝転ぶ人間が好きだ

寝転びたい

いつまでも寝転びたい

 

 

【詩作品】明暗反転

朝起きたら

悔しかった

こんな朝がいつまで続くのだろう

何かが根っこからうまくいっていない

という仮定はどこから来るのだろう

 

雨戸を開けると冷たく

青い空から風が吹いてくる

人類は無意味な生を精いっぱい

生きてるから

努力忍耐鍛錬と意味のわからない

呪いが充満している

 

泣きながら

ここにないはずの

あたたかい毎日に浸る

 

父ちゃんも母ちゃんも与えられる

はずのない

ありえない温もりと安心を

他人に求めては

泣いている

 

あなたがありのままに

生きている時

 と

私のありのままとの

違いがどこにあるのか

 

あなたが明るいとき

その明るさは暗い山々を

背負っているのか

 

私が暗いとき

その暗さは

まるで水晶のように

キラキラして透明な

光と美しさを

背にした暗さなのか

 

あなたが暗いとき

何が光輝く

 

私が明るいとき

誰が悲しむか

【詩作品】逆回転する時間の中で

全ての雪が溶けると

草は芽吹き

私たちの朽ちた体から

日なたの匂いがし始めた

虫はあの世界の記憶を伝えようと

羽を震わし

蜜を運んだが

ただ無限に風が吹いて

人間の言葉を吹き飛ばしていく

 

負けじと私たちの

朽ちた体から、愛とかバカとか

キライとかが立ち上ってくる

人間がいつ頃滅び始めたか

もはやわからない

私たちは死んだ人間を

生き始める

私たちは逆回転する時間の中で

絶え間なく死に続けている

 

もはや死に続けていることにしか

可能性はないのではないかと

思い始めている

 

死ぬということは

最初の比喩である

あなたはシワが増えるほど

生き生きと新しい優しさをいきはじめる

そこでは

ぶつかるはずのないものが

ぶつかり

すれ違ってばかりの言葉が

響き合う

 

激しく降った雨のあとから

朽ちた体を

乾かす

かつてあの場所も

激しい揺れで

崩れてみえなくなり

新たな建物から

湧き上がる恐ろしい炎

愛する家族らが離散し

あらゆるものが傷んでいる

 

にもかかわらず

此の世の終わりであろうような

あの大災害からも

私たちは生き始め

死に始めている

 

祈り

求め

明かりがともる大地に

暗黒と笑いが

肉をむさぼる

 

なのに

なぜか

心細い

心細くて頼りなくて

空白の時間の中で

絶え間なく

どうしたらいいか

わからなくて

 

終わりのあとにも

私たちはなおも

生きよ

死んでなお生きよ

と言われているようで

暖かくて

肉が

狂おしくて

 

 

【詩作品】わからない世界の神話

生まれてからずっと怖いです

ザワザワした世界で僕はノケモノです

ノケモノにはわからない言葉で

誰もが愛し合い、喧嘩して

また仲直りしています

 

僕はそのような世界に入れないのです

だから僕は

はじめから嫌われていると思うことに

しました

どうせ嫌われていると決めつけたら

傷は少ないからです

 

しかし僕を愛している人の姿が

見えなくなります

そして僕の参加できない世界で

喜びや悲しみの歌が歌われています

それぞれ世界でひとつだけの歌を

歌い

あなたが好きとか君が嫌いとか

言いあっています

 

僕はしかし

僕が一番わからないのです

あなたは僕に何を見ていますか

僕のことを教えてください

 

僕はまたその言葉を理屈で

理解しようとして

間違うでしょう

 

そうして

あなたとの距離が離れていくなら

恐ろしいのです

 

それでも

僕はなぜ?なぜ?

と理由を求めます

この世界には理由なんてないのに

 

だから僕はこの空間を

めくりたいのです

 

そこでは

誰もがすでに

ノケモノです

親は親ではなく

子は子ではなく

ひとはただ

裸で風を感じているのです

 

僕とあなたは冷たい風そのものに

なります

ぶつかり合い

絡み合い

雨や雪を降らすのです

寒い国で

何もかも

誰もが

放射能を辛抱せねば

と言いました

 

辛抱したくちびるは固く結ばれ

目は凝視していました

 

僕は疲れた

わからないのは嫌だ

わからないなら

この世から生まれる前に戻りたいと

はじめて泣きました

 

僕の母ちゃんも父ちゃんも

僕に手を差し伸べられなくなりました

 

僕は川になり

海になり

全ての汚れを知ろうとしました

汚れれば

汚れるほど

汚れる前のことを

思い出しているあなたの姿を

見ようとしました

 

ここはどこだよう

雲がみえたよ

 

光が差すよ

虫が飛んでいるね

どこまでもついてきてほしいよ

ひとりはこわいよう

はじめからひとりだよう

 

ひとりだから

疲れて飛べなくなるんだよ

ひとりだから

ぶつかりたいんだよ

ぶつかるときに

手をつなぎたいよ

木々が滅びに向かって揺れているよう

 

牛や馬が遠くの星に連れて行かれるよう

 

 

 

 

「天皇陛下」と呼ぶリスクー天皇制を置いた日本の国家システムのリスクへの危惧

天皇陛下」とか言ってる時点で15年戦争の開戦の詔勅を下したのがその天皇だということを忘れた平和運動ではないかと、心配になります。

 

現在の生前退位論争が、国家主義、家父長制、天皇親政を強化する憲法改正動向の最前線ともなる中で「平和運動」として命取りになりえないでしょうか。
私は現在の天皇への好き嫌いとは別次元で、天皇を配置した国家システムのリスクについて考えようと言いたいのです。
天皇を配置した国家システムのリスクとして、明治からの大日本帝国と、戦争遂行による破滅的崩壊があります。
現在の天皇は平和の大切さを語っていますが、では父のヒロヒトの治世に起きた問題をどう考えているかよくわかりません。
政府、政治家、企業、日本人全体も戦争体験の風化により、実際に天皇を配置した国家システムがどのような災いをもたらしたか無自覚な状況にあると思います。

天皇ヒロヒトは、天皇メッセージにより、日本本土と日本を守るためなら沖縄をアメリカに引き渡してもよいという意思を発したことが歴史的に明らかになっています。これは戦前戦中ではなく、戦後のこと。
これらについて、いま沖縄が政府にないがしろにされている事実を見れば、私たちや現天皇は考えるべきではないでしょうか。
なぜ天皇戦争責任を問われなかったか、降伏が遅れ、空襲、沖縄戦、原爆という惨事を招いたか、そこに天皇は全く関係ないのか私には疑問です。
また、天皇がいくら慰めや残念な気持ちを述べても政府はアジアへの加害責任を終わったことにするのはなぜか。空襲被害の補償は?原爆症認定はと問いがつきません。

 

さて自民党国会議員が「天皇が父の大家族である日本」とか言ってる時点で、自民党天皇中心の国家幻想を強く持っていると思います。

一部の議員の暴言に思えないのは自民党憲法改正草案に「天皇を元首とする」という記述があり、また家族の大切さや道徳心愛国心への傾斜も見られ、天皇制と家父長制の強化を何らかの理由で願っている憲法改正草案に見えるからです。

たぶんそれは国防の強化と福祉に対する国家の責任軽減、治安や統制の強化などが統治目的なんだろうと思います。

 

戦前の日本は「天皇は政府機関の一部に過ぎない」と相対化しようとしましたが、天皇親政の欲望と重臣軍部による天皇の機関としての利用が相まって戦争になりました。

つまり、時の権力者が邪悪であれば、天皇への好意的な声をいくらでも利用して、扇動しうる。
天皇が平和だとか優しいだとか素晴らしいという国民の声があればあるほど、天皇の敵を指定する政府の意思決定を助長する恐れがあります。戦前に天皇を慈愛に満ちた寛大な父として、アジア支配のイデオロギーにしたことは歴史的事実です。
陛下と呼ぶ声がそのような事態を招かないかどうか。
日本は原子力発電の国策や日米安保という国策を変更できない国です。
日本人にそれらができたのなら、天皇を利用されず天皇を自分たちでマネージメントできるといえるかもしれないが、そんな力は今の日本人にあるか疑問です。

 

今の象徴天皇制は、天皇に国事行為しかできないという制限をかけ、議院内閣制のもとに置かれていますが、「国民の総意」に最終根拠を置いています。
今や天皇制廃絶の声は小さく、天皇を慕う声が左派やリベラルにまで伸長しており政権の工作によって、天皇制が危険な方向に向かう恐れはゼロではないと私は心配しています。

5年後に再び福島第一に地震が襲来。脱原発脱被ばくのいばらの道を思う。

津波地震で被害を受けられ、余震に不安な時間を送る皆様に、お見舞い申し上げます。

現在浜通りでは政府がかなり強行に避難指示解除をしていますが、津波や福島第一のトラブルを考えると、放射能汚染の深刻さも鑑みるに、拙速な帰還政策ではなく、多様な形での避難者生活再建策、避難と居住の選択権、放射線防護が必要と感じました。

また福島第一の重要施設の地震津波への耐久性を強めないといけないと思いました。

また、災害弱者への対応がさらに必要ですし、再稼動するのではなく、廃炉や核燃料の暫定保管に向けて原子力体制全体を見直すべきと思います。

これは地震津波火山などのリスクがある日本全体の課題です。

しかしすべては逆に進んでいます。

 

さて。

それから被ばくについて。

 

原爆でもビキニなどの核実験など古い被ばくにおいても、認められている影響はごく一部で、国の原爆症認定却下が不当であると今も訴訟提起され国は敗訴し続けていますが、それでも国は認定を却下しているのです。

なんでそんなに簡単に被ばく影響が認められるようになると考えられるのでしょう。
原爆被ばく者やビキニ核実験で被害が不当なまでに小さく見積もられているという歴史的な事実を反原発の方々まで含め知らないからだろうと思います。
日本政府はそれらを認めたら日米同盟が揺らぐと考えていると思う。

認められていない核被害について、粘り強く丁寧にこのような被害があると訴えていかねばならず、すぐ結果は出ないため、反原発や脱被ばくの方は政府側の執拗な安全キャンペーンなどに敗れ仲間割れをして、戦線は崩壊する恐れがあり、事実そうなっています。

経済人や財界人は東京電力メガバンクが政府と一体で原子力救済策をやっていますから、逆らえない方は多いと思います。
むろん経済人の中には放射能汚染を心配している方もいるでしょうが、政府の補助金や経済政策がないとつぶれてしまうと恐れ、異を唱えることはできないかもしれない。

しかし、わずかずつでも被ばくを懸念する声は出ていると思います。避難者の子どもがいじめられたことは大きく報道されました。しかし文科大臣はそれを機に放射能が危険ではない教育や道徳教育を推進しようとしています。

また東京電力廃炉賠償費用を新電力や市民に建て替えさせようとすることに国会の脱原発超党派議連や新電力側から反発が起きています。
しかし今までも兆単位の賠償費用が税金から建て替えられ、電気料金に上乗せされてきました。

9電力は膨れ上がる廃炉賠償費用を自分たちの電気料金に付加し続けると、新電力に価格競争でいつか必ず敗北します。また、公的資金注入にいつまで理解を得られるかわかりません。
ならば、経産省とタッグを組んで、新電力に付加してやれと。
こういう原子力側の焦りがあるのです。

今回再び福島第一を津波が襲い、人びとの意識が喚起されました。福島第一事故クラスの事故を再び起こさないこと、災害対策や社会政策で、弱者や一人ひとりの命の問題に焦点をあてること、課題は非常に大きいのです。