細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

あきらめずに感じ考えてやっと人のあたたかさが感じられつつある気もする

原発とか天皇制とか、難しい政治の話を書いてるように見えますよね。

違います、私の場合、あれは、私がぶつかってきた現実、リアリティ、心に感じたことを納得するまで、感じ考えてきて書いてるんです。

原発は中学生の時に考えたのが初めてです。
チェルノブイリに感じた怖さと、風の谷のナウシカについて感じた深い精神的な衝撃、もんじゅやJCOの時もモヤモヤしてました。
しかし深く突き詰められなかった。
311を迎え、時すでに遅し。
でも、とにかく考えるしかない。
環境が汚染され、それが数十年から数万、数億年に渡る。私たちが生み出してしまったものは、私たちで担いきれないという意味で、これは人類の限界です。

私たちは限界を知って生きねばならない。
でもそれは原爆や731、ホロコーストの時から提示されていた話だ。
また、戦争で危うく生き延びた祖父も、生きている中で、あの戦争が深い影になっていたのは感じていた。
社会派だからじゃなく、自分の深いところの話を、政治はめんどくさいから知らんみたいな処理はできない。
ここで、妥協できないから生きづらかった。

大学の時山本という政治学者に、民主主義について教わった。
山本先生は、歴史や思想に深い造詣があり、政治や社会の問題を必ず、人の生き方や歴史の中で生きている考え方や感じ方と関連させて考えていた。

私は自分がなぜいじめられてこんなに辛いかを考えていた。日本人の多数派のあり方が私を追い詰めていると感じていた。
戦争や原発の間違いを認めないで勝手な決まりを押しつけるありかた。民主主義がないから、一人一人の感じ方考え方がまず大事にされないからだと思った。

感じ方や考え方の問題をまずニーチェを読んで考えた。たった一人で感じ考えていくことの厳しさ、生きられないかもしれないという厳しさを感じながら大学を出て、詩を書いたりしてきた。
やがて、精神疾患発達障害のことを考え、私が独特であって、仕方ないしかまわないと考えるようになってきた。
それを愛し認めてくれた人に感謝している。いま、そしてこれから愛してくださる人を思う。

私はやはり突き詰めて考える。
イシカワはなんでこんないつもキリキリしているのだと。
しかし、私は今まで納得いくまで考え感じないと生き延びることができなかった。
その個性を肯定してくださる方、私の言葉から何かをひきだしてくださる方がいるのだと感じることがやっと感じることができるようになりつつある。

私は嫌われたり、嫌がられたりばかりが気になっていたが、私のあり方を肯定してくださる方がいること。それを感じるようになるまで40年以上かかった。
そのような信頼というもの、互いの違いを知ることにしかこの社会は一秒たりとも続かないってこと。

天皇が安倍総理よりマシというのは、倒錯ではないでしょうか。天皇の戦争責任は「深い反省」で済まされるものなのでしょうか。

 


終戦72年、追悼式に6200人 首相、加害責任触れず:朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASK8G3G93K8GUTFK005.html
天皇陛下が「おことば」を述べた。「深い反省」という表現を3年連続で使い、「戦争の惨禍が再び繰り返されない」こと」

このような記事を見て人々は、天皇はエラく安倍総理はダメだと思うのかもしれない。
果たしてそうか?
天皇の「戦争責任」は「深い反省」で済むのだろうか。
倒錯があるのではないか。

天皇と総理であれば、当時の地位として、天皇統治権全体を総覧する地位で、神格さえあった支配者で、総理はせいぜい行政長である。

現在は天皇は象徴と化しているが、太平洋戦争後、極東軍事裁判が下した判断は、天皇はそもそも訴追すらされていない。
アメリカ以外の中国やオーストラリアなどは天皇を戦犯として責任を問うという論調であったにもかかわらず。
他方戦時の総理東条英機は死刑である。
あまりにも不公平な処分である。
天皇が戦局をどのように把握していたかは様々議論があるものの、国家の最高責任者が無罪放免であったことの歪みのツケを私たちは今払っている。

安倍総理は、確かに論外だが、天皇明仁は「深い反省」と述べるにとどまっている。
天皇裕仁の戦争遂行責任、天皇明仁戦後責任は反省で済む話なのか。
一度も地位を下りるなどの責任らしい責任を取っていないわけだから、反省より必要なのは、天皇の責任を人々が議論する機会、場所であり、議論を経てくだされる天皇に対する具体的な処分なのではないか。
それは天皇が人気者であるかに関係なく、いやむしろ人気者で人格者と言われるからには通過しなければならないように思える。

天皇という存在が、私には日本の平和の象徴というより、「不透明な日本の平和の象徴」に思える。
そのような不透明さが、安倍総理の不可解な改憲姿勢やデタラメな閣議決定にもあらわれている。
天皇という存在が、私たちの民主主義や主権概念を不確かなものにしてはいないだろうか?
なぜなら、近代民主主義とは違い、天皇世襲制であり、世襲制により政治的地位を築いているからだ。
これは生まれによる差別を禁じた日本国憲法に矛盾しており、また、戦争指導者の子孫が天皇の地位につくことで、日本の平和主義を不透明なものにしている。
安倍総理A級戦犯容疑者の子孫であるのと同じようにそれは問題であるように思う。


少なくとも安倍総理より天皇明仁がマシという倒錯から私たちは抜け出すべきではないか。

 

【詩作品】切り刻まれて、時間が、その中でも今日も今も

とてもこわいから慎重になる

指がふるえて

その顔は

意味深く、謎で

そこにある時間は

昨日とか今日とか未来を超えて

今の中の今なのです

 

とてもさびしかった

とても

時間は伸び縮みして

どうしたらいいかわからない

あっという間だった

少し笑う

笑う影に孤独と安堵と喜びのしるしがある

 

何事もなかったと言える

話過ぎても

何を話したことにもならない

話さなくても話しても

すべては伝わっていく

見えない言葉で

 

 

軽い会釈をする

パーをつくる

時間が止まって

また動く

 

人間はまもなく

死に絶えるのでしょうか

キラキラとさみしく青い草原を

それでも私たちは

意義深く生きようとするのでしょうか

生きている

放射性核種が

崩壊して

宇宙の時間に切り刻まれて

仲間が、鳥が、蛙が

私たちの血と涙が壊される

 

それでもかけがえのない時の中を

私たちは

微笑んで

いきているのかもしれない

 

【詩作品】胸の中の糸

愛してるんだからと

誰かがいうのだ

愛してるってなんだろう

胸の中に糸が何本も走り

それは痛い

その痛みを大切にしている

それが愛か否かなんて

知らない

 

胸の中の糸はあなたに近づくと

激しくからまり合い息ができないから

あなたに近づけない

そして遠ざかるとその糸は少しゆるんで

少し笑うこともできる

毎日笑っていると

空気が抜けるので

あまり遠ざかってもいられず

よくわからなくなる

 

生きてきて

ちょうど良い距離なんてなかった

バカでヘタレだったから

のみならず

誰も誰かと

ちょうど良くなれないから

だから

 

だから時間がかかるね

良い時間

良い距離

知らないよそんなこと

抱きしめ合う距離の中で

私の胸の糸と

あなたの糸がからまり合うか

そんなことが

あるとかないとか

なんて

 

ひどい世界になって

ここにいて

激しく棒で金バケツを叩いて

痛みを訴える少年をみていると

みているだけではなく

一緒に叩いている

 

この胸の糸を探して

弾いて

弾いて

永遠にリズムは狂い続けている

【詩作品】意味のわからないのは、あなたときっと同じ

なんでこんなに苦しいか

あなたに知ってほしい

だけど私だって苦しさの理由はわからない

わかってたまるかということ

不器用過ぎてどちらに進んでるか

わからない

進まなくてもええんちゃうかとも思う

小さい頃よりは

まだ少しは見えるようになってるし

けれど

見えない頃には

今より

もっとさみしい空があって

私は生まれてきた意味のわからなさを

抱きしめて

泣いていた

今はその名残を生きているだけかもしれない

あなたも一緒に泣けばいい

意味がわからないのは

同じなんだから

ヴァルネラブルなわたし。わかってほしい微妙なわたし。

むかし、山口昌男という人類学者が、イジメを受けやすい人はvulnerableな存在だと言いました。
ヴァルネラブルとかバーナブルとか言います。

これを読んだ時私はなるほどと腑に落ちました。

攻撃にさらされやすいとかいう意味です。

例えばレッテルを貼られたり、非難にさらされやすい人々がいます。
障害者や被差別者や妊産婦などヴァルネラブルな人は、一般市民から誤解され攻撃を受けやすいのです。

私は若い頃は自分のことを被差別者や障害者だとは思っていませんでした。
しかし精神的にボロボロになり、自分は障害者ではないかと考えてみて、若い時から頑固でナイーブだった自分を思い出しました。

イシカワさんは普通の人にしか見えないとか、傷つきやすいのも個性だと言われたりします。
しかし、普通に見えてあまりそうじゃないという特性、傷つきやすく、いつまでも辛さが消えない、それによって、自分が適切に理解されず、傷つき、嫌な思いを受けて来たから、例えば善意や親切心も、私は素直に受けられません。
小さな時や若い時に、元気がなく、おどおどして何もしない自分に、親や友達や先輩に、体を鍛えたらとか、チャレンジしてみたらとか善意で教えてもらいましたが、それとは違う問題なので、悲しくなりました。

今では自分で、納得してヨガをしたり、市民運動したり、勉強したり、私も40年かかって、ここまで来ました。親と分かり合ったり友達や知り合いに説明し、わかってもらうにもここまでかかりました。

その観点から芸術や福祉や社会問題について発言しています。

発達障害を単なる「個性」として相対化することへの抵抗と違和感

発達障害などは見た目にはわかりにくいが、見た目が大丈夫そうだから、あなたのそれは普通と変わらない、大したことない、個性と考えなさいというのは慰めになってない。
なぜなら、本人が内的にしんどいとか不具合があるから発達障害を認識するに至っているのでそれを個性で済ますのは危険。

本人が内的にしんどいと感じる生きづらさは、本人が健常者社会から受けるプレッシャーによるものかもしれない。だとしたら、それはどれくらい本人のせいではないか、実際に生きやすくしたり、苦しみを減らすにはどうしたらよいかと考える。
その時に発達障害という呼び名が必要な時もあるかもしれない

障害概念を単に社会から受けるレッテルとだけ認識すると、本人が苦しみに名前をつけたり、語ったりする行為を見落とす。
必ずしも障害と呼ばなくてもよいとしても、不具合があり、周りの支援や配慮が必要な時、その苦しみや不都合を語れる共通言語はあったほうがよい。

概念というのは静的なものではない。
つねに使う人が意味やあり方を更新しているのだと、障害学や、社会学で習った。
これは震災前。

べてるの家で、自分に病名をつけるという取り組みがある。苦しみにぴったりな名前を本人がつけ、その苦しみを仲間や医師と語り合う。
彼らは精神疾患者として社会的には規定され施設に来ているが、自分の側から病を規定し主体的に引き受け直す過程である。

そんなべてるの家には「治りませんように」という言葉がある。
簡単に治ってしまうのではなく、苦しみを引き受け、認識し、人生の一部として捉え、そこに含まれている自分らしさを取り戻す、それはじっくりであり、社会や自分の焦りではなく、自分が病気になった意味をつかみ変換する。

べてるのやり方は、障害概念の単なる否定ではなく、患者自身が内在的に、自分が病気であり苦しみであることを引き受けるために新たな概念を開発する行為である。
そこでは病気は単に個性に変換されていない。
病気や苦しみをその人らしく個性的に認識し、語りの場にするということ。

このような例は青い芝の「われわれCP者は」という宣言にも見られる。
脳性麻痺=CPとして、差別されている主体としてはっきり宣言し、その存在を社会や健常者につきつけ、見て見ぬ振りをするな、ないことにするなと、排除の実態を浮かび上がらせるのだ。

障害を個性だけで片付けるならべてるや青い芝の取り組みがわからなくなってしまう。差別のある社会の中で、自らの特異性や苦しみを自らのものとして引き受け直すには、単に否定したりするのではなく、障害と呼ばれるものの意味を社会と自己に直面させ、解放するような複雑な戦略が必要なのだ。

発達障害という概念はいまだ形成途上にあり、いろいろ不十分さを抱えながらも、臨床的社会的概念として機能はしている。
発達障害は脳神経の新たな知見により、障害のある人とない人にははっきりした区切りはないスペクトラムなのだという考え方を打ち出している意味で、反ではないが脱差別的な概念かもしれない。
しかしそれはまだ十分に差別性を拭えていないかもしれない。
しかし気になることがある。まず発達障害スペクトラムであり、健常者と障害者の明確な区切りはないという意味で、各人の発達は個性的であると述べている概念だ。
そのことを発達障害は障害ではなく、個性だという人はわかっているのだろうか。
発達は個性的でもあり、障害としてたちあらわれる瞬間がある。
社会的に差別が作用して、障害になっている面と、本人が困難を障害的に捉えざるをえない面とがある。
そのような多面性を私たちが理解する時、差別はひとつ、発達について解除されうるチャンスがあると私は思う。