細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

スリーマイル廃炉予定74年、チェルノブイリは核燃料除去に500年以上、日本政府と東電は廃炉を焦りすぎではないでしょうか。まずは汚染水を保管管理し、被ばくを低減した廃炉スケジュールの再考が必要ではないでしょうか。

日経はこのように書いていますが

福島第1「敷地拡大は困難」、処理水保管で 経産省: 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50235990W9A920C1I00000/ 「小委では海洋放出など5つの処分方法を検討中だが、地元などから風評被害への懸念が出ていて、決めきれていない。東電は27日の小委で仮に海洋や大気に放出する場合、風評被害を抑制するために第三者による水の分析や異常時の放出停止などの対策をとると説明」

しかし、朝日新聞はこう報じています。

汚染水タンク、更に増設も 満杯の見通しは変わらず:朝日新聞デジタル

東京電力は26日、福島第一原発の処理済み汚染水をためるタンクを、従来の増設計画で限度としていた容量以上に増やせる可能性があることを明らかにした」

つまり、本当はタンクを増設できる場所はあるということです。

さらに、無理で拙速な核燃料取り出しは、高線量すぎて作業員に負担です。

さらに今後も水棺にこだわるなら水の量が増え、さらなる惰性的な海洋放出が行われかねません。

東電と経産省があまりにも異常なスピードで廃炉作業に入ろうとしている。それは原発を維持できるという神話を維持するためにはやく敷地をさらにしたいからです。 しかし作業を焦らねばタンク用地を確保することはできるのではないでしょうか。

スリーマイル原発では、福島第一のように爆発していないのに、2041年廃炉にするのです。今から約42年後、事故から数えれば、74年後の廃炉完了です。 福島第一よりゆっくりです。

スリーマイル島原発が運転終了 60年かけて廃炉へ:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASM9P2FPVM9PUHBI00C.html 「1979年に事故を起こした2号機は、溶けた燃料はほとんど取り出されているが、1号機の運転停止を待って廃炉にする予定で、建屋や冷却塔は残っている。2号機を所有するファーストエナジー社は2041年に解体を始め、53年に終えるとしている。」

福島第一原発廃炉に向けた取り組みは、数々の困難にぶつかりながらも着実に歩みを進めています。今回はロードマップ改定のポイントと、燃料デブリ取り出しの今についてご紹介します。 #廃炉 #福島 #エネ庁広報 https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/tokushu/fukushima/roadmap.html

ロードマップによると2021年に核燃料を取り出し、その30〜40年後に廃炉完了としています。 三機も爆発して汚染水さえ制御できていないのに、あまりにも焦りすぎではないでしょうか?

鋼鉄製シェルター正式稼働 チェルノブイリ #日テレNEWS24 #日テレ #ntv http://www.news24.jp/articles/2019/07/12/10464629.html

チェルノブイリ原発は原子炉が水蒸気爆発しました。石棺の傷みが激しく、さらなる放射性物質の飛散を防ぐため、やっとシェルターが今年完成。

2012年の記事

チェルノブイリ廃炉の教訓、日本人初の研修: 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXNZO45266450S2A820C1000000/ 「「放射線防護の考え方のALARA(as low as reasonably achievable、合理的に実行可能な限り低く)の原則を繰り返し聞かされた。働く人の被曝低減を最優先で考えているのがよくわかった」

「核燃料の取り出しも、3号機からの作業は終わっており、切断してコンクリートの保管建屋に入れている。保管場所は原発敷地から1キロほど離れた場所にあり専用鉄道で運ぶ。放射性廃棄物の保管もそうだが、一連の作業は遠隔操作で作業員の被曝を極力抑えている」

「事前に訓練をしてから本番作業に入るのでは時間がかかるのは確かだが、被曝をできる限り少なくして作業を進めることは、長い目で見れば廃炉の実現に不可欠なことだ。チェルノブイリで働いている人たちの表情は明るい。ALARAの原則を徹底すれば『(危険を顧みない)ヒーロー(英雄)は要らない』とも聞かされた。福島でもALARAの原則を広げていくのが大事ではないか」」

放射線防護が必要であると強調されています。 拙速な廃炉は危険です。

核燃料除去に「500年」 チェルノブイリ事故32年 - 読んで見フォト - 産経フォト https://www.sankei.com/photo/story/news/180426/sty1804260012-n1.html 「【キエフ共同】旧ソ連ウクライナで1986年に起きたチェルノブイリ原発4号機の爆発事故から26日で32年を迎えた。原発の解体、廃炉の立案を行うチェルノブイリ原発のドミトリー・ステリマフ戦略計画部長(41)は共同通信に「原発の核燃料除去まで500年以上かける方策が現実的」との見通しを語った。」

チェルノブイリ廃炉担当者は500年が除去に必要だと述べています。

日本のケースは、三機がメルトダウンし、爆発していますから、爆発していないスリーマイルよりはやく廃炉できるというのは、かなり無理があるのではないでしょうか。 何故そう考えるか。 高線量下で作業員はかなりの被ばくを強いられ、放射性物質の飛散の制御もかなり大変です。 なにしろ地下水が流れていることもあります。

廃炉を焦らず核燃料の取り出しを焦らず、ではいけないのでしょうか? まず水棺している今の方法では汚染水が増えてしまいます。

まず核燃料取り出しや水棺を見直し、その間に、汚染水の保管、地下水流入の制御が大事だと思います。 経産省や東電以外の識者が安全性と放射性物質や汚染水の外部への放出を避けるための方策を考えてもらいたいと切に願います。

このままでは海が汚れ、作業員は被ばくしてしまいます。 海洋放出と作業員被曝、様々な汚染の放出による環境放出、これらを最大限防いでもらいたい。 私は国や東電に対しこのように考えます。

私は原発事故を憂慮する一人の市民に過ぎません。 本当は専門外の出過ぎた考察に過ぎないことはよく理解しています。 だから本当は、もっと賢明な専門家のより、被ばくや汚染に考慮した廃炉方式を考えてほしいのです。 しかし、国や電力会社は焦って廃炉するために、海洋放出も辞さず、海外の政府から反対されても聞き入れません。 もっと国際的視野が入ることを望みます。 また、私は一人の精神障害者であり、社会福祉士の資格を有していますから、人々の健康や環境汚染を何より心配しています。 私自身健康の大切さを自覚するからです。 そのような私の真直な思いをまずお汲み取り願いたいと思います。 よろしくお願いします。

本当に考えねばならないのは、福島第一原発の事故処理をいかに行うかであり、私たちはその本質課題から目を逸らされてはならないー汚染水海洋放出議論の手前で

汚染水海洋放出が福島県でもそれが例え大阪湾であろうと危険なことだ。 まずトリチウム以外に除去されていない放射性物質が明らかになっている。 除去できるとしていたのに、除去されていないことが東京電力のデータで明らかになり、昨年来朝日新聞共同通信が報じている。 また、ストロンチウム90やヨウ素129、ルテニウムなどの厄介な放射性物質の基準値超えの存在が明らかになると、昨年開かれた経産省の多核種除去設備処理水に関する委員会は紛糾し、漁連や環境団体などの頑強な反対で陸上保管も検討課題になった。

これらの経緯を踏まえない、安全という放言が松井市長や規制委員長まで出ている。除去しきれていない複数の放射性物質が明らかになっている。 日本人も世界中の人々も誤魔化されてはいけない。後世に禍根を残す決断となり兼ねない。 それどころか次に述べるように海外の政府は安全ではないことに気づいて、日本政府に抗議をしている。

海洋放出。海はつながっている。どこで出そうとこれは助け合いにならない。日本の海の安全だけでなくむしろ国際問題に発展する。韓国政府が反対しているのだ。報道ではロシア政府もすでに反対表明しており、両国とも、日本が海洋放出以外の処分保管方法を思いつかないなら相談してほしいと言っている。

海外の政府が真剣に言ってくれてるのに、日本政府はこれらを袖にしている。 推測するに福島第一原発の状況が深刻であることを知られたくないのだろう。 オリンピックまで、あるいは終わった後に海洋放出したいのかもしれない。

しかし、大事なのは、汚染水を海に出すかどこで出すかという話ではない。 出すか出さないかどこで出すかに矮小化されているのが変。

溶け落ち、原型を無くした核燃料の上に直接注がれた水。これを安全に処理した実績は人間の歴史でもほとんどないに違いない。 ALPSという除去装置は何度も故障し、複数の放射性物質が基準値を超えている。基準値を超えないが含まれている放射性物質もある。 これは処理に失敗した水なのだ。だから海に捨てず、タンクに貯めてきたのだ。 出すか出さないかという議論以前に常識で考えれば、あらゆる手段資金を投入して、タンク用地を確保するのが国と東電のつとめである。 大阪よりはるか近くに、福島第二原発がありこれは稼働していない。

本当に考えねばならないのは、福島第一原発の事故処理をいかに行うかであり、私たちはその本質課題から目を逸らされてはならない。 本質課題から逃れるための海洋放出は許されない。

まず大事なのは、水を注入し続ける限り汚染水は増えるから、また場当たり的に海洋放出と言いだすだろう。 そんなことでいいのか。 まず水を注入するのではない冷却方法を考えなくてはならないのだ。 石棺式などがあり得るし、爆発したチェルノブイリ原発が採用している。

しかし石棺式は取りたくないのかもしれない。廃炉して片付けることができなくなれば、原子力事故の負の遺産が永続化し、原発維持が不可能になるのを望まないのかもしれない。 汚染水すらどうにもならずに海に出すというのに、アンダーコントロールなど言えるはずはないではないか。 この誘致の言葉も事実とちがいすぎる。 原発の大事故ですでに東京電力に多額の資金が注ぎ込まれている以上、全然アンダーコントロールではなく、原発国策は維持可能ではない。

さらに溶けた核燃料を取り出すために汚染水タンクの片付けを急ぐと言っているが、焦って溶けた核燃料を取り出すのは高線量すぎる。 端的に言って作業員の生命を考えて推奨できない。 ウクライナ政府も爆発した原子炉に残存する核燃料デブリを片付けていない。決死隊となるからだ。 それどころか老朽化した石棺の上に、放射性物質が飛散しないためのシェルターをかぶせている。 これがチェルノブイリ原発事故33年後の姿、スリーマイルも事故から40年経った今年やっと廃炉の方針ができた。 スリーマイルは爆発していないが、計画通り行くと事故から80年弱で廃炉という。 つまり三機もメルトダウン爆発した原発を抱えた福島第一が40年廃炉とはあまりにも焦りすぎだ。

結論を言うと、汚染水海洋放出も含めすべての不始末の元凶は、国と東電が廃炉を焦りすぎているからだ。 しかしそれでは作業員の被ばくを含め、様々な環境保全を無視した無茶な廃炉作業となるだろう。 作業は慎重を期し、廃炉作業員含めた様々な人や環境に影響を及ぼさないやり方でやらないと廃炉作業は持続できない。 廃炉作業を焦らなければ、海洋放出ではない、より適切な陸上保管と処理技術の検討に時間がさける。 その前に原子力発電業界が倒れると言われても困る。 業界ではなく人間と命が大事なのだ。 そのために最大の資金を国と東電は使うべきなのだ。

【詩作品】かならずあると

魂に雨が降り 血を流す アジアの果て 濡れた路面から 湧きあがる香りに 変わることをおそれるなと 呼びかけられる

固い顔をして歩く 弱さを感じている うまくいかないことが あってもいい 残暑の中を泳ぐ ひとを分け隔てる 不機嫌な群れ

今日も明日も終末の手前で あれば 何をしても等価 しなくても等価 に見えるが 本当にそうか 鳥や虫の声を聴けば ちがうという

私たちは きわめて小さなものに 過ぎないが それもまた 宇宙を 動かすのだ 私たちの羽音に 意味はある 必ず と

右傾化と同化圧力に脅威を感じる感覚マイノリティのひとり言

最近天皇ナショナリズムネオリベラリズムにあまり免疫ない人が増えてる気がしています。 そのまま深めずに反安倍や反差別を一生懸命やっていて、天皇と安倍が対立してるとか、天皇がいい人とか、愛国とか売国とか思っちゃうのかもしれない。 それはナショナリズムが与えた錯覚なんだよ、歴史的にそう考えたらまずいよと指摘しても、なかなか理解してもらえない。 味方の邪魔をするなみたいな話になる。 全然違う。

そのカラクリを理解しないと世の中を良くするスタートに立てない。それに自覚のないまま何を主張しても資本や国家の側が、回収してしまうだろう。

野党各党にも良い点悪い点があり、それを加味して支持不支持を決めていくが、ナショナリズム天皇制に肯定的になったり、批判が弱まると支持も難しくなる。 そうして支持できないところが増える。

しかし私のように頑固な人よりもっと野党を気軽に応援する人を野党は求めているのかもしれない。

説教ジジイみたいに思われてむなしくて。 だってうるさいこと言ってるみたいになる。 皆さん自分でナショナリズム天皇制の危険に気がついてくれたら私が指摘するまでもないのだが。

なぜ私がそう思うかというと、私は感覚的なマイノリティだから、世の中がナショナリズムや同化を目指すようになると、あっと言う間に弾かれて生きていけなくなるという恐怖感がある。

小さい頃から、人と気づくポイントが違い、危険などには早くアラームがなる。

小さい時からこだわりや感覚過敏が強くて、これはおかしいと思って悩んでいるといじめられていた。

要はあなたは変だとか考えすぎてキモいと言われるのだ。親にだって言われたことあるんです。それは本当に辛いことです。 友達や親と言った愛する人に理解されなかった経験は深い傷になります。 私が他人を理解できなかったこともあり、それは申し訳ない限りなんですが、そうして、お互いに理解できないんだなと暗い気持ちになると深い穴に吸い込まれそうになる感じがして、辛いのです。

発達障害者や精神障害者は、アンテナが非常に敏感な人が多いから、苦しむんです。 周りが無自覚に振舞うことに危機を感じるからです。

だから今もむしろ孤立感が強い。 さみしいです。 とてもさみしい。

ナショナリズム天皇制に多数が寄って行ってこの国は一度も良いことがない。 戦前がそうです。

私は平和が大事だから。 心が平和になるために、時に社会の危機に対処せねば、平和は保てない。 だから説教くさくなるんです。 自分でも嫌です。 でも今この国は明らかに危機だから。 私が青年の時に政治思想史の勉強をしたりおじいちゃんの戦争体験談を聞いたりしたから、確かに感じる感覚です。

自分の国を愛する、守るという発想でアジアを侵略した日本は、ナショナリズム天皇制によって、多くのアジアの人々を苦しめ、破滅しかけたこと、それを歴史に学ぶべきだと思います。

【詩作品】本当に理解できない

宇宙が生まれてから 恐ろしく時間がたったが まだ物は運動し 反応しつづけている

私たちの言葉や行為は そのかすかなコダマに すぎないのだとしても この罪深き手を ゆっくりと組むのだ

誰も一番ではないのに 王がいて 誰の許しもなく 奪う 小さな 小さな ごう慢が 幾千万のいのちを破壊していた

まだ本当は昨日のことなのだ あの人を殺したのは あの人が倒れたのは

その記憶を確かめようと 声を枯らして 嘆願しても しれっとした 声で 「繰り返しません」

それは誰の決意であり 誰が担うのかわからない

誰しもが神の子だと考え得るのに 誰しもが宇宙の星くずの子なのに

あなただけが 神の末裔を名乗る その理由が 本当に理解できない

【詩作品】否定する力なんてないのだ

とおのいて 自分のまちがいに 気づかなくて たたずんで ゆうぐれから 暗やみに変わり 不安です

私たちの 内なる太陽は むせきにんですので この世界を あつい夏として 燃やしつくします

いくつもの ライトが 近づいては遠ざかります ぴりぴり として 指が痛いのです

風が吹く晩になり 家に入ります 入る家があるだけよいのですが 家にいれば いるだけ 不満も生まれてくるのです

まるはだかで 生きることはできないか そう考えているうちは まるはだかで ありません

否定してはならないのだ あるものは あるものだ いつか必ず変わるのだし 消えるとは 別のものに なりかわるのだから

私たちは 否定できない 否定する力なんて ないのだ

朝日新聞ネット版号外(23:57)「「改憲勢力」が参院で3分の2の議席を維持できず」

改憲勢力大敗と言ってよいのでは。

号外:自公両党と日本維新の会などの「改憲勢力」が参院で3分の2の議席を維持できず (23:57)