細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】無限の粒の形をした毎日の命がおそろしいよ

どうしようもないもの 追いかけて 疲れて 腰かける場所がない

空は暗い 冬がもう少しずつめくれてきて 湿度を帯びた風が 光にからまってる

憂うつだ なぜか 血の匂いがしないのに 毎日殺されていることを 年の初めには感じるもの だよ

私は殺されかけもしたけど やはり押しのけて 踏みつけて 残酷な私なんだ 反省なんて殊勝なもんやない 事実だから

事実を柱にして ニット帽を深くかぶり 冷たい風に 削られるくらいが ちょうどいいのか

とはいえ、私にも 年の割には ふさふさと感覚の柔毛すら あるわけで これは赤面する 鏡のようなドブ川の 鈍い水面に 恥じよ 生きよと 神聖な声がする コンビニに行くだけなんだが

うまく生きられない うまく生きてどうする ひとの中に 無防備で爽やかな朝をみる ひとの繰り返す悪の 悪夢の中に なぜか露頭する 見事な 朝焼け おそろしい おそろしいね

昨日生き始めたように 私は命がおそろしいよ 私が ただふるえる命であり 向こう側にいるひとの 叫ぶ声 そこにもふるえている 命が深く深く 闇から芽吹いてくる

じっくりと壊れていく世界に 性懲りのない私がふるえて泣くと 誰の奥にも限りないふるえる命が まっくらな石炭袋から 声を上げている

私はなぜか みてはいけない 聞いてはいけない 気がしたよ とうぶん私たちは 生きることをやめないらしいから いいことがあるかないかじゃない あらたまるかどうかじゃない とにかくわけのわからないもの どうしようもないもの

銀河の果ての星くず 太陽の放つ波

くさぶえ 忍者 スマートフォン

どうしようもなく 物質が湧いて 人間の形をした 無限の粒が 命の形でふるえている

こわいよ こわいよ 私もそうなんだよ いいか悪いかわからないし わからないことが 毎日の 暮らしらしいですから

ロシア外務省ザハロワ報道官が福島第1原発事故で発生した放射能汚染水の海洋投棄に反対の姿勢

ロシア外務省ザハロワ報道官が福島第1原発事故で発生した放射能汚染水の海洋投棄に反対の姿勢を示しました。スプートニクニュースより。

https://jp.sputniknews.com/politics/201712204401758/

「露外務省:日本は福島第1原発からの放射性汚染水の太平洋への放出を禁止すべきだ 2017年12月20日 16:55(アップデート 2017年12月20日 17:09) ロシア外務省のザハロワ報道官は20日、日本政府は福島第1原子力発電所事故によって発生した液体放射性廃棄物の太平洋への放出を禁止すべきであると発表した。

スプートニク日本

カザフスタン © AP PHOTO/ 世界の放射能汚染地域ワースト9【写真】 ザハロワ氏は「マスコミで定期的に伝えられている福島第1原子力発電所の大事故によって発生した液体放射性廃棄物を海に大量に放出するという東京電力の方針に関する報道は懸念を呼んでいる。特に2017年7月の川村隆東京電力会長の発言や、最近インディペンデントならびにジャパン・ニューズをはじめとした複数の外国の新聞が伝えた記事によって懸念が生まれている」と指摘し、「日本政府は、放射性汚染水の海への放出を禁止し、福島での大事故によって発生した廃棄物を安全に処理する方法を見つけるべきだと考える。日本にそのような技術がないのであれば、日本は国際社会に支援を求めることができるはずだ」と強調した。 またザハロワ氏は、これが「数十万トンの放射性汚染水」に関するものであることに注目し、「このような大量の放出は、太平洋の環境や水産資源に大きな損害を与える恐れがあると考えている。これは日本の漁業関係者、そしておそらく沿岸地域の住民全体にも打撃を与えるだろう」と述べた。

ロシアはまた、他の国にも損害を与える可能性があると考えている。ザハロワ氏は「放射性汚染水の放出が、ロシアや地域の他の国々の漁業の利益に悪影響を与える恐れもある」と指摘した。」

大量の汚染水に含まれる放射性トリチウムは、三重水素と呼ばれ、水素に置換し、水などの様々な物質に結合してしまいます。 自らの分離は極めて困難で、タスクフォースの報告書にも 「前処理として分離を行う場合については、平成 27 年度に実施した「トリチ ウム分離技術検証試験事業(別紙 3)」の結果を評価に用いることとしてい たが、「ただちに実用化できる段階にある技術は確認されなかった。(トリ チウム分離技術検証試験事業総括及び評価(別紙 4)」ことから、現状に おいては技術の特定が困難なため、期間やコストは空欄とした。」 とあり、分離は困難とされています。 http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/tritium_tusk/pdf/160603_01.pdf

水蒸気の大気中への放出、海洋放出、コンクリート固化による地下埋設、地層注入など様々な方法が検討されています。 しかし、内部被曝を軽視した国や東京電力は、大して危なくないと言い張っています。 そして、一番安上がりな海洋放出を選ぼうとしています。

福島・汚染水:海洋放出が最も短期間で低コスト - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20160419/k00/00m/040/134000c

安上がりとはコストが安いだけであって、太平洋の長期的な海洋生態系や漁業への影響は、当然全く未知です。 それなのに田中規制委員会前委員長も技術的にこれしかないと断言してしまっていますし、東京電力川村会長もそれに乗ってしまいました。

「7月10日の意見聴取の席で、田中は川村と小早川に向かって、「国の委員会(処理水に関する小委員会とタスクフォースのこと)というのは責任ある回答は出ません。これは保証しますよ。出たって、それで住民の方、漁民の方が納得するかというと、そんなことはないですから」と指摘。

加えて「トリチウムを取り除くのはできないのだから捨ててくださいと、国際機関も言っているわけです」と断言している。規制委の会合で一連の発言を受けた川村にすれば、海洋放出判断を後押ししてくれると思った田中から「梯子を外された」と感じたかもしれない。」 「『読売新聞』によると、川村は12日のインタビューで、規制委委員長の田中が「科学的にはトリチウム水を海洋放出できる」との見解を示していることについて、「我々もそういう技術的な確証も持っているし、皆さんにも説明してきている」と発言。東電としての判断を問われると、「我々としての判断はしている」と述べたという(7月15日付『読売新聞』)。

また、ウェブの『週刊東洋経済プラス』も7月29日号で、川村が7月12日のインタビューの際に、トリチウム残留水の海洋放出について「もう判断しているんですよ。(規制委の田中)委員長と同じ意見です」と答えたと報じている。

これだけの"証拠"があれば、もはや逃れようはない。此の期に及んで「真意が伝わらなかった」「放出を判断したという意味ではない」といった川村の釈明は笑止千万。

「これまで(東電と)信頼関係を築いてきたが、不安が大きくなった」(福島県漁業協同組合連合会の野崎哲代表理事会長)、「海洋放出は絶対に受け入れられない。風評被害が大きくなる」(いわき市漁業協同組合の江川章代表理事組合長)といった批判が噴出するのは当然だろう。」 http://m.huffingtonpost.jp/foresight/touden-contaminated-water_a_23203693/

もちろん汚染水タンクの東京電力福島第1原発内のキャパシティがあと50,000トン弱で喫緊の課題です。凍土壁もうまく機能していません。 春橋哲史氏のブログより ⬇︎ 「2017年12月14日時点の福島第一原発の汚染水の貯留量・滞留量

元データ→ ​福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第333報)​​​​​​​​/PDFファイル3頁右上の「RO処理水(淡水)」「濃縮廃液」「処理水」「Sr処理水等」「濃縮塩水」の5項目から計算。

タンク内貯留総量:104万7459t(撤去予定タンク底部の残水の一部と移送中の水は、計測不可の為、含めず/RO濃縮水は過去の処理量に基づく計算値)

タンク運用上限値:109万4800t容量(RO濃縮水が残っているフランジ[ボルト締め]タンクは、撤去・解体予定。当ブログでは運用数値に含めず) ​​​  タンク理論上空き容量:4万7341t容量(バッファタンク等、貯留容量として見込めない分が2万t以上は有ると思われる。​詳細は以前の記事を参照​。公開情報から、実質空き容量を正確に読み取るのは困難)」https://plaza.rakuten.co.jp/haruhasi/diary/201712190000/ ゆえにロシア外務省が言うように、ここは世界の英知を結集し、科学的に一番生態系に影響しないやり方を模索すべきです。 また、海洋放出をしないで、地下埋設など他の方法をとる場合、然るべき予算が必要です。政治による決断も必要で、議論を避けるべきではありません。 最終的には科学者や政治家、東電が安全だと誤魔化さないで、国際的に議論をし、市民の前にあらゆる選択肢を示し、市民も環境影響やコスト、東電の責任を考える必要があります。

ゆえに、東電には安易に再稼働をゆるさず、原発賠償や汚染水問題で、ごまかして不誠実な態度をとる場合、法的整理をさせるような政府が必要でしょう。

少なくとも安倍政権ではそれはできないでしょう。 高速炉をまだやるといい、アメリカの核保有を批判すらしない、核推進政府だからです。

【森友学園国有地売却問題】会計検査院報告「地下埋設物撤去・処分概算額8億1974万余円は、算定に用いている深度、混入率について十分な根拠が確認できないもの」

会計検査院森友学園への国有地売却に関し、国が森友学園に「本件土地における処分量19,520t及び地下埋設物撤去・処分概算額8億1974万余円」を値引きする十分な根拠がないと言っているのが、致命的です。 ゴミが奥深く大量に埋まっていないと、地下埋設物撤去・処分概算額8億1974万余円は差しひけません、しかしゴミは浅いところまでしか埋まっていない恐れが高く見積もりの根拠は弱いので、会計検査院は地下埋設物撤去・処分概算額8億1974万余円を引くほどの十分な根拠はないのではないかと言っています。

報告書をみてましょう。

学校法人森友学園に対する国有地の売却等に関する会計検査 の結果についての報告書(要旨)平成29年11月 会計検査院 http://www.jbaudit.go.jp/pr/kensa/result/29/pdf/291122_youshi_1.pdf 「ボーリング調査等を実施した箇所付近において、 深度3.8mに廃棄物混合土が確認されていないのに、大阪航空局が森友学園小学校 新築工事において工事関係者が北側区画で試掘した5か所のうち1か所の試掘にお いて深度3.8mに廃棄物混合土が確認された結果をもって敷地面積4,887m²に対し て深度3.8mを一律に適用して処分量を算定しているのは、過去の調査等において 廃棄物混合土が確認されていなかったとの調査結果と整合しておらず、この算定 方法は十分な根拠が確認できないものとなっている。杭部分に関し、深度9.9mまで廃棄物混合土の存在を見込んでいることについて は、森友学園が行った対策工事において廃棄物混合土は撤去されていないため、 近畿財務局及び大阪航空局が現地や施工写真等で確認したとしている廃棄物混合 土が既知の地下3m程度までの深度のものなのか、杭先端部の地下9.9mの深度の ものなのかなどについては確認することができなかった。そして、杭工事において新たに確認されたとする廃棄物混合土は、(仮称)M 学園小学校新築工事地盤調査報告書等においておおむね地下3m以深は沖積層等が 分布しているとされていることなどから、既知の地下3m程度までに存在するもの であることも考えられ、新たに確認されたとする廃棄物混合土がどの程度の深度 に埋まっていたかについては、十分な確認を行う必要があったと認められる。以上のように、深度3.8mについて、廃棄物混合土を確認していることの妥当性 を確認することができず、敷地面積4,887m²に対して一律の深度として用いたこと について十分な根拠が確認できないこと及び深度9.9mを用いる根拠について確認 することができないこと、また、大阪航空局は、廃棄物混合土が確認されていな い箇所についても地下埋設物が存在すると見込んでいることとなることなどから、 地下埋設物撤去・処分概算額の算定に用いた廃棄物混合土の深度については、十分な根拠が確認できないものとなっている。」 「以上のように、大阪航空局が算定した本件土地における処分量19,520t及び地 下埋設物撤去・処分概算額8億1974万余円は、算定に用いている深度、混入率につ いて十分な根拠が確認できないものとなっていたり、本件処分費の単価の詳細な 内容等を確認することができなかったりなどしており、既存資料だけでは地下埋 設物の範囲について十分に精緻に見積もることができず、また、仮定の仕方によ っては処分量の推計値は大きく変動する状況にあることなどを踏まえると、大阪 航空局において、地下埋設物撤去・処分概算額を算定する際に必要とされる慎重な調査検討を欠いていたと認められる。」 「国民共有の貴重な資産である国有財産は、適正に管理及び処分を行う必要があり、国 有地の売却等に当たっては、財政法(昭和22年法律第34号)第9条第1項等の規定の趣旨 を踏まえ、定められた手続を適正に実施して公平性、競争性、透明性等を確保し、かつ、 十分な説明責任を果たすことが求められている。本件土地の売却等をめぐっては、国会で質疑が行われ、報道等も頻繁に行われており、 国民の関心が極めて高いものとなっている。今回、会計検査院が検査したところ、検査の結果に示したように、国有地の売却等に関し、合規性、経済性等の面から、必ずしも適切とは認められない事態や、より慎重な調査検討が必要であったと認められる事態等が見受けられた。ついては、財務省及び国土交通省においては、今後の本件事案への対応に万全を期す とともに、次の点に留意するなどして、今後の国有財産の管理及び処分を一層適切に行 っていくことが必要である。 」 「(2) 貸付価格及び売却価格並びに価格算定手続の適正性についてア 本件土地の貸付契約に係る有益費の確認及び支払に当たり、対策工事の内容が土地の価値を増加させるものとなっているかなどの確認が十分でなかったり、本件土 地の価値の増加額の算定に係る検討が十分でなかったりなどしていて、国が森友学 園へ返還する有益費の額が適切に算定されていない事態が認められた。このため、 今後、有益費の支払が想定される場合は、支出負担行為を担当する省において、対 象工事の内容及び金額について、十分な確認を行うとともに、資産の価値の増加額 の妥当性について十分な検討を行うなどして、国として負担すべき有益費の額を適 切に算定できるよう取り組むことイ 地下埋設物の撤去・処分費用の算定に当たり、深度、混入率等について、十分な 根拠が確認できないものとなっているなどの事態が見受けられた。このため、今後、 財務省及び国土交通省において、地下埋設物の撤去・処分費用を算定する場合には 必要な調査検討を行うとともに、算定に必要な作業時間を確保するなどして、地下 埋設物の撤去・処分費用を適切に算定することウ 財務省及び国土交通省において、国有地の売却に当たり、国有地を適正に評価す るため、契約相手方側から提供された資料を用いる場合、その内容について必要な 確認等を行うこと。また、財務省において、予定価格の決定に当たり、評価内容を 明らかにした評価調書を確実に作成するよう指導を徹底するなどして評価事務の適 正性の確保に一層留意することエ 財務省において、29年1月の「未利用国有地等の管理処分方針について」(平成2 3年財理第2199号)改正の趣旨に沿って、公共随契において、見積合わせなどの相手 方との間で価格に係る交渉を実施した上で、予定価格以上の価格による処分等価格 の決定等を着実に行うとともに、財務局等においても、当該通達改正の趣旨を踏ま え、見積合わせなどの相手方との間で価格に係る交渉を適切に行うこと」

あまりにもひどいですね。 国有地売却法には「国の適正な管理処分」「記録の保存公開」が定められています。

国有地売却法 「(管理及び処分の原則) 第九条の五 各省各庁の長は、その所管に属する国有財産について、良好な状態での維持及び保存、用途又は目的に応じた効率的な運用その他の適正な方法による管理及び処分を行わなければならない。」

「第十一条 財務大臣は、各省各庁の長の所管に属する国有財産につき、その現況に関する記録を備え、常時その状況を明らかにしておかなければならない。」

【詩作品】暗い顔

なんでもないことで 傷つくから 生きにくいや 感情がバラバラで ドキドキするから 人間のフリしたら 最低人間になってる気がするや

雨の駅でみている 車両は雨を跳ね返す 鳥が鳴いて空が光り出している もうすぐやむだろうか

家に帰れば寒い気持ちで スマートフォンをまたみている やっぱり弱音しかないや 自分を傷つける記憶しか タイムラインには見えないや

ずるい人を叩いて 溜飲を下げている 俺もずるいのに ずるいことを認めるフリして ええかっこしいするほど 小賢しいんや

不安で核分裂が 繰り返されて 核ミサイルが世界に有り余ってる みんなで 不安を打ち消しあうために みんなで核保有して いれば みんなで仲良く滅びるだろう 俺だって 他人ごとじゃないや 明日死ぬかもしれないし カラダの中で 核爆弾 ちかちかちかちか 鳴ってるか

暗い夜だなあ 暗い夜がいいや あんまり明るいのは 怖いや 暗さに包まれて 暗い顔と見つめあってる

なんも見えなくなる前に 暗い顔をみてやる

俺の間抜け面は明るい

暗い顔をみてやる

広告を非表示にする

国連フェルトマン事務次長が朝鮮訪問「一つの判断ミスが戦争の引き金に」「誠実な対話を通じた外交的手段による解決しかない」

国連事務次長「一つの判断ミスが戦争の引き金に」 訪朝で警告(AFP=時事) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000017-jij_afp-int 「【AFP=時事】国連(UN)は9日、4日間の日程で8日まで訪朝していたジェフリー・フェルトマン(Jeffrey Feltman)事務次長(政治局)が、たった一つの誤判断が北朝鮮との戦争の引き金となりかねないと警鐘を鳴らし、対話の窓口を開いておくよう北朝鮮に呼び掛けたと明らかにした。

 フェルトマン氏は、北朝鮮による米全土を射程に収めた新型大陸間弾道ミサイルICBM)の発射実験実施から1週間を経ずに北朝鮮を訪問していた。国連高官の訪朝は2010年以来。

 国連によると、フェルトマン氏は北朝鮮で李容浩(リ・ヨンホ、Ri Yong-ho)外相、朴明国(パク・ミョングク、Pak Myong-Kuk)外務次官と会談し、「朝鮮半島の現状が、現在の世界の平和と安全保障における最も緊迫かつ危険な問題となっている」という点で合意した。

 また、戦争リスクを減少させるためには誤判断を防ぎ、緊急に対話窓口を開くことが必要だと指摘し、緊張が高まる朝鮮半島問題を平和的に解決するためには国際社会が関与していかなければならないと強調。現在の北朝鮮問題の解決方法は「誠実な対話を通じた外交的手段による解決しかない」との認識を示した。【翻訳編集】 AFPBB News

アメリカや日本も自らのメンツ、北東アジアでの覇権の維持にこだわって、強硬な態度に出すぎました。 国連はアメリカにも日本にも警告すべきです。 平和的な対話により米朝双方が、米朝共に核廃絶をしてほしいと思います。 日本政府は早くアメリカに核廃絶を促すべきです。 それが被爆者に報いるただ1つの道であり、脱核と脱原発は同時に進めるべきです。

改めて告ぐ。米政府の朝鮮武力攻撃に反対です!日本政府の武力攻撃参加に反対です!私たちは思考停止は止めよう。ー在韓米軍家族の退避訴え=北朝鮮と「衝突近づく」と米議員(時事通信)

‪許せない!‬ ‪米政府は戦争してはならない! 日本政府は武力攻撃に参加してはならない! ‬

‪在韓米軍家族の退避訴え=北朝鮮と「衝突近づく」と米議員(時事通信https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000011-jij-n_ame‬ ‪「われわれは軍事衝突に近づいている」‬ ‪「時間はあまり残されていない」「韓国から米軍兵士の妻や子供を退避させるべきだ」‬

私たちは「朝鮮とアメリカの戦争に巻き込まれる」のではありません。 「日本政府はアメリカの核保有の脅威となった朝鮮を共に攻撃する」つもりなんです!

日本の野党ははっきりアメリカの攻撃に反対すべきです。 森友加計だけでなく、戦争にははっきり反対すべきです!

日本政府はアメリカの対朝鮮攻撃に協力するはずです。 そうすると、日本のアジアでの地位は最低になるだろうし、北東アジア全域が危険かもしれません。 一度でも日本に反撃が着弾した場合、リベラルも含めたたくさんの人々が憲法を改正に賛成するでしょう。 安倍さんの思惑通りか?

私はずっと朝鮮攻撃反対、日米こそ核廃絶をと訴えて来ました。 しかし、なかなか広がりません。私の発信力の弱さだけでなく、リベラルや左派も朝鮮とアメリカの関係について思い切ったことが言えなくなり、リベラルにも朝鮮韓国ヘイトがはびこってますから。

日米が核廃絶に尽力しない限り、朝鮮への核放棄要請は説得力を持ちません。自明の理です。 日本人は、朝鮮韓国ヘイトで目が曇り自明の理がわからなくなり、戦争に反対できなくなっています!

日米政府に対し、朝鮮への強行姿勢を改めるように、私は発言していきたい。 しかしいつまでそのような発言が可能か不安です。

言えることは日米が核廃絶に尽力しない限り、朝鮮への核廃絶要求は説得力を持ちません。 それを朝鮮への戦争によって暴力で示すのは最悪のチョイス。 日本政府やアメリカ政府は自らの原罪を消したいのではないでしょうか。 私たちもその動きに従ってしまうのか。 こんな暴力が許されて核廃絶原発廃絶はできるように思いません。

もし朝鮮攻撃に日本が参加した場合、あるいはアメリカが攻撃した反撃に朝鮮が発射した兵器が日本の領土領海に着弾しますと、憲法を改正せよという世論が高まるのを抑えることは難しくなることが予想されます。 リベラルや左派の口は封じられるか、転向しか無くなるかもしれません。

アメリカや朝鮮民主主義人民共和国が難しい国だからと思考停止して静観していたら、大変な惨劇に私たちは手を染めてしまうのではないか。

私は心配です!

【詩作品】フラクタル・比べたる・戦いと崩壊

ちがいがある 私とあなたには

やはりちがいがある ちがいがあると 話さなくては それがことばらしく 事実である

ことばです救済です やっかいです

白と黒 白でない何かの無限のひろがり

黒という、果てしなく奥まり 濃度が上がる さいはての 私は重力が生まれる芯のようなもの

ことばはつながるので ことばは芯にとどまらない

ことばは切れるので 新しく始められるし うちすてることも可能です

その自由に 恐れいる

ことばに みんなちがってみんないい というような 場所はない

ことばの外に出るのはたやすくない ことばを 書いても書かなくても 脳みそはつねに ことばの動き通りに 整序されてしまう その前の なんだか やかましい ざわめきみたいなもの

私のはめている 耳栓の手前にある 僕の中は やはり耳の穴 という 指し示した瞬間に

指し示すと あちらとこちら が生まれ 私とあなたの 色や形が 比べられる 比べることなしに 数や雲や しゃもじや 蜘蛛の巣は 生まれない

雲や空は高らかに ゆれうごいている つねに あそことここ 雨から晴れ いずれの地点も平等で しかもちがうのだ

私が1人で歩いている時に あたたかい光の筋が射してきて まあいいや と思った 死に損ないで 死に損ない元年 死に損ない五年と 数えた

死に損ないで何が悪い 死なないことはえらい 私の身体の中から 生きようとするものと 死のうとするものがあり 生きようとするものから死のうとするものを突き落とし 総和では生きようとするものが 上回ってる それは 厳格な算数です

それで だからそれは闘争であり 競技です

その闘争であり競技であるものが あまりに 辛いので みんなを平等にするように 人間は頑張ってきたので

闘争であり競技であるものが 不可避で しかし他方命は それぞれありのまま存在する その矛盾が命そのものから 導き出されて それはあまりにも辛く切なく 深刻であり 命すら脅かし合うのだから 平等が要るのです

手を伸ばす力に 力というわけのわからない 概念に

困った あの川の道には桜が並んでいた その川をはさんで かつて 人は2つに分けられた なぜだ 私は悩んでいた

幼い時 いつも仲良くなれず いつも違いが際立たせられてしまう その中に私の存在の 秘密があるような気がした

気にしなくていいよとか それはあなたが考え過ぎだ という中に 何かがある気がした

ちがいを生み出す力に 可能性と危険が ギリギリ釣り合って 私は小さな体を ふるわし 澄まし 戦慄し 卒倒をこらえていた

私が私である時に 私から引き算されているもの 私が私でない時に 私から引き算されているもの

その解を足し続けて 総和を出し 世界を取り戻したいのだけど