読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】理由がない命と死がさわやかだ

生まれる前はどこにいたのか

知らないが

どこか知らないが

いまここにいるのはもっと不思議

意識という灯りがともると

私が青々と激しく目覚める

 

大きな絵を描いて

それは遠くから来たまなざし

あの世とはあっちにある世界か

水びたしの私は

生まれたばかりの弟が旅立っただろう

光あふれる窓を見ている

 

私も歳をとり、あの5歳の何倍も

歳をとり

親が年老いるのを心配してみるが

私の足元は透明の

頼りない階段を登り続け

ついに

生きることに慣れないとため息をつく

ずるい言葉や

強い言葉でごまかす私は

私であることが頼りない

 

頼りないから

愛という巨大な穴から

キラキラした風が吹くのを

眩しげにみている

あなたという悲しみが

不在を見送る

私はあなたをどうすることもできない

 

あなたは自由だ

あなたは私からも誰からも自由だ

あちらとこちらを超えて

私もあなたも戸惑う光になる

違いがないのに

別々の人生

 

誰だって理由もなく生きる

誰だって理由もなく死ぬ

そんなことを言い切っても

誰だって理由を探すんだ

探して

探す理由のないことを知り

笑って見つめ合い

駆け出す

 

遠くから

命の光が飛び交う

私たちにはどうすることもできない

屋上に強い風が吹いている

あんまりさびしくて

大切だ

涙がこの世界を彩る

 

理由がない

理由がないことに私の理由がある

生きてみて理由があるか

ないか

わかったふうな口をきくな

星になった人を見る

風とキラ星

 

理由がない

理由がない