読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concering poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】豊かな暮らし

シャツを脱いで少ない筋肉を見る

起伏の少ない暮らしの

比較的豊かな肉ではある

私の体に、こんなに肉がある

嘘のようである 私にはあまり何もないはずである

仕事も金もないはずである 選んだのか

歩まされたのか 私にすらこの暮らしは

成り行きにまかされたか

そうではないかもしれぬ つっぱねているのである

アズキ色の電車である 店はまだ空いてはいないのだ

私の意識を持っていきようがなく

私の意識を持っていきようがないなら

欲望なんてもっとだ

私の体に肉があることがむずがゆい

ずっとそう生きてきたから

むずがゆさを

擦りつけた壁の向こうに

君がいた夏

青く歪んで、

砂場で公園だ 鳩が苦しそうだ

なんでまだ休憩と仕事の時間の裂け目を

汗を拭うシャツの背中の

影に