細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

日本の戦争責任からの逃避とアメリカの原爆使用の罪からの逃避が、安保体制と内部被ばく軽視に帰結。この流れは福島原発事故につながってゆく

日本人は原爆被ばくの謎が解けていない。原爆被ばくは、アメリカとそれにつく日本が作り上げた核体制の被害評価の根底にあります。それを外部被ばくだけの被害に抑え込んで、核実験と原発開発を強行したのです。
被ばく問題は、戦中から戦後世界支配までを貫く日米核体制の交差点にあります。

 

日米核安保体制は、相互依存関係です。
非道な世界初の核使用により、戦争を終わらせ戦後世界の覇者となったアメリカは、自らの核使用の原罪を問われたくない。日本は天皇中心の国家体制がアジアを巻き添えに無茶な戦争をした戦争責任を問われたくない。
その二者のご都合が日米同盟を生み出したのでは?と私は思います。
日本という最初の核被害国に、原子力発電を開発させるのは、世界最大の核と原子力PAになります。アメリカはプルトニウム量を監視し軍事転用をさせない。他方日本はアメリカの非道な原爆投下やアメリカの侵略戦争を不問にし、むしろアメリカを支援する「平和憲法の国」としてアメリカは日本という「核被害国」で「平和国家」に戦争を手伝わせ、戦争に正義の意味を付与します。他方日本は、平和憲法の国として、アメリカの戦争特需を通じて科学技術と経済を発展させました。

自分でも怖いほど腑に落ちる仮説です。

そして、日米の相互依存的な核体制を支えるのが、核や原子力は、生物と人間の存在と尊厳を危機に晒さないというお話=内部被曝大したことない仮説です。
原爆の放射性粒子を無数の有毒なクラスターとみなした場合、核兵器は、クラスター爆弾の要素と毒ガス兵器の要素を併せ持ちます。
内部被曝が平気なら、核兵器も通常の爆弾の延長になります。なぜなら、致死量の外部被ばくを浴びる位置にいるなら、放射線障害と火傷、両者の複合で死んでしまいます。日本政府が2キロ圏以上の原爆症認定を渋るのも背景にはアメリカのTDやDSの核被害評価があるのではと私は思います。原爆投下後、ファレル准将は「死すべきものは全て死んだ」といいました。アメリカ軍にとって、内部被曝の後遺症で死なれると、核被害の非人道性が明らかになり世界から非難されます。だからアメリカ政府と日本政府は内部被曝や後遺傷害で亡くなる被爆者の情報が流れないよう、検閲をしたわけです。この事実は、繁沢敦子さんの「原爆と検閲」に詳しいです。圧倒的な支援不足と情報統制の中、地元医師や被ばく者が被ばくに悩む中、ABCCは被爆者の生体や遺体のデータ入手に奔走しました。彼らの犠牲を日米核体制は、都合よく切り貼りし、ICRP体系の権威付けと内部被曝の隠蔽に活用したわけです。

 

これらの機微を理解している被爆者や医師や研究者は亡くなりつつあります。
しかし、このような大掛かりな核体制による内部被曝隠蔽の発祥地が日本なんです。日本の足元の問題を見ずに、チェルノブイリや海外情報の話をするのみでは内部被曝解明には限界があります。

 

何しろ、世界最大の被爆者データを収集している長崎大学広島大学放射線影響研究所があるのは日本です。鎌田七男や大瀧慈は広島大学にいながら、内部被曝の重要な知見を積み重ねた人びとです。しかし研究だけでなく最後は被爆者の証言が重大なのです。

被爆者は、おそらく一生をかけて、原爆放射能に向き合わなければならなかったのです。彼らの証言こそが逆に科学的発見に正当性を与えるとさえ私は思います。
人間のナラティブと存在が科学に先行するとなれば、これは科学文明にクサビをうつことにもなるし、私たちの倫理の核心にもなるでしょう。

私たちが原爆の被害を知ろうとしてはじめて被ばくについて、確かさを持ちうるかもしれません。なぜなら私たちがなぜ核を原子力を許せないかの理由がわかるから。
原発事故と核被害の原点から、戦後のそして未来の世界を見ることができるから。

 

いたましい原爆被害と被害者の、核被害のすべての御魂に、祈りましょう。

 

これはここ数年の拙い考察から得られた見取り図です。

 

間違いもいくつもあると思います。仮説です。

 

ここから福島はつながるのです。