読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】青い衣の勇者が金色の野に降り立つお話を真剣に見ていた子どもが世界の終わりを見るとき

f:id:ishikawa-kz:20170421095647j:image

 

本気なんだってことを

他人にわかってもらいたくて

言葉を重ねてうるさくなり

声が大きくなったり

小さくなりすぎたり

やり過ぎたり

遠慮し過ぎたり

本気であることは

恥ずかしいものだ

 

本気で違うと思うから

真剣に怒っていたり

本気でそうだと思うから

しみじみと伝えたり

本気で苦しいから

息がつらくなり

本気で深呼吸し

本気で疲れている

 

そのように限度がわからない私です

本気で大切なものを

力を入れすぎて壊してしまったり

本気で探していたら

行方不明になったり

本気で笑ったら

怒られたり

本気ってなんですかと言われ

本気は本気ですと

説明になってなかったり

 

そのように本気であることは

恥ずかしいのだから

だから

本気でないふりをした

クールに振る舞うふりをして

YESを逆にNOと言ってみて

苦しく

苦しくなった

 

苦しくなってみて

思った

これは

本気なんだって

例え

理解されなくて

例え

容認しがたくても

これは本気だ

 

本気本気と並べてみたけど

本気に空が明るくなり

本気に風がふいている

本気に放射性物質

崩壊し続け

本気に私たちは

虫の血に染められた

青い衣の勇者が

金色の野に降り立つのを

待つだろう

その映画を見たとき

私は世界が本気で変わると信じていた

 

本気で

風に乗って

本気な子どもで

途方にくれた子どもで

 

それは世界が

本気で壊れ始めたからかも

しれない

 

のうのうと寝そべる私の

数百キロ先で

おびただしい核燃料のクズが

形を失っている

 

おびただしい核の血は

おびただしい核の悲鳴は

かつて誇り高き民のいた地を

透明に

流れ続けてあふれ

命の耳がふさがれる

 

これは本当なのか

本気で疑い

本気で思う

本当に生きていけるのか

私たちは