細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】僕のカタチを確かめている

マジメ過ぎる顔をしてたよ

この気持ちがマジメすぎて

チカラが抜けないんだよ

チカラが抜けないまま

笑ったりふざけたりして

カラダが複雑に折れ曲り続けたんだ

 

チカラが抜けないから

抱きしめてほしいんだよ

バラバラな気持ちで不安だから

無理にまとめただけ

抱きしめられてはじめて

形がわかるんだよ

 

と本当かなと思いながら言う

人は生まれてすぐ抱きしめられると

思う

 

テンプルグランディン

という人は動物研究者で自閉症です

彼女は若い時自分が落ち着かずに苦労した

で、畜産に必要な器具を作っていて

それにカラダを入れて挟んだら

気持ちよくて

適度な強さでカラダを締め付ける器具を

作ったんだって

 

抱きしめたり抱きしめられたりって

いやらしいことのように

教えられてきたけど

もちろん人にいきなり抱きついたり

しちゃいけないけど

抱くという行為は

私たちがカラダの形を確かめ合う行為なんだ

 

でも私は1人だ

互いの境を越えるのは簡単ではない

1人とはなんだと思い詰めるたび

激しい嵐が始まる

 

カラダは

中から自分をつなぎとめ

外に向かって高鳴っている

血管や皮膚は柔らかいカーブで

私たちの内側を閉じる

 

音や光がうるさい時

私の体は、外の世界の波に逆らえない

体内の波動が

知らない人のおしゃべりや

食器やスピーカーの音に反応して

私は環境に散らばってしまう

そんな時

サングラスをかけ目を閉じ耳栓して

必死に耐える

 

こんなカラダでいいのかしら

私を私の形にとどめられない

環境に私の愛と血が漏れ出している

波打ち際でこの世界に

溶け出す

アタマがギシギシ痛んで

世界との混信が止まらない

 

キミハツカレテイルンダ

オチツイテイキヲスルンダ

 

太陽礼拝

シャダーサナ

深く呼吸を繰り返すと

息の流れが私そのものになる

 

大丈夫大丈夫

私の形

目の前に好きな人や友達がいる

帰ってきたよ

手を握ってよ

また会おうよ

また会ってよ

私を確かめるために

また会おうよ

あなたたちが

生きていて良かったって

今日命を確かめた

 

ありがとう

ありがとう

スーッと息を吐く

また1人になる

いつまで耐えられる

また1人になる

あふれてのみこまれないように

頑張るよ

 

生きていて良かったよ

また会おうね