読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concering poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

「真の右翼」「真の保守」論法の落とし穴

「真の右翼」や明治の元勲、天皇が、アジアを支配し戦争推進した歴史をご記憶ではないのか。

日本会議に属する人たちの多くは徹頭徹尾『保守』や『右翼』の基本的教養が欠落しています。本来の保守ではあり得ないようなヘイト発言」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/akazawatatsuya/20170218-00067839/

 

「真の右翼」「真の保守」云々と、在特やネット右翼と、伝統右翼やインテリ保守の違いを述べても、「真の右翼」が「開戦やむ無し」と言い出したら抑止力にならないどころか、右翼を免罪して開戦の地ならしをすることにしかならないのでは。
と素朴な疑問が。

ニセ右翼やニセ保守がダメだが「真の右翼」はよいなら、戦前からの右翼で競艇で財をなし、医療福祉支援や慈善事業を行なってきた笹川一族の問題とか、「天皇のためにテロをした」とされる青年将校や、真面目な青年が特攻隊になってしまった人とかは「真の右翼」になってしまう。
百田尚樹と変わらん。
ニセ保守や在特会はダメだけど、真の右翼はいいなら、日本最大の「真の右翼」の明治、大正、昭和天皇は素晴らしいという話になってしまう。

 

森友学園について「カルトみたい」とか「北朝鮮みたい」とか、間違ったたとえを出しておしゃべりする前に、「神の国日本がアジアを支配すれば世界平和を実現。天皇は神で万世一系。臣民はみな天皇の子どもで、天皇のために命を捨てろ」と言ってた戦前を思い出そう。
その主導者の残党が戦後の自民党である。

 

つまり、「真の右翼」なるものは、近代の日本の天皇中心の国家と距離が取れないどころか、天皇神の国日本の信奉者であり、最終的には、自民族中心主義、純血思想などに絡めとられるほかない。

橋川文三三島由紀夫が「真の右翼」の思想的可能性を追及したが、困難であった。

もちろんそこには、まだ発掘できるものがあるかもしれない。しかし三島由紀夫が辿った道を見る限り根源的に行き止まりがあるように思える。

それは右翼が求める「純粋なもの」がどうしても偏狭で、排除的な傾きを持たざるをえないからだ。それはいくら善意であったり、しても結果そうなる。それが明治から昭和にかけて起きた問題だ。

本来、大陸渡来人、北海道以北の人々、東南アジアからの人々から構成される日本という国は、その出発点からハイブリッドなのであり、「純粋な」「真の」というやり方で自己証明をしようとすると、琉球アイヌや在日朝鮮人、中国人の排除につながる。

戦前から戦後にかけて日本から「琉球」が排除されているのは、天皇制の国家体制を維持しようとすれば、必ず排除が生じてしまうということのあらわれだ。

 

もし、神道や日本の古い文化から良いものを取り出すならば、日本をアジアネットワークの一部として捉え直し、私たちがアジアの中で生きてきたことを新たに捉え、日米の軍事支配を相対化するしかないのだと思う。