細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】encounter

この世界の

終わることない騒がしさ

耳を塞いでいる僕ですが

それは聞こえ過ぎるからです

もっと聞こえ過ぎる人もいる

でしょうが

 

なんでこんなにうるさい

脳みそ自体が

さらにそこからカラダの中を刺激する

僕は苦しい

 

なぜなら君の声が聞こえなく

なるからです

雲が川面に映ります

川面はいつまでも揺れています

不安な始まりをうつします

 

君のことがわかりません

けれど

つながっていられたらと

思います

僕の中には

細い糸しかありません

なんとか切れないように

守っていたいのですが

風や雨に

僕は削れていきます

 

僕は激しい風邪を引きます

産まれてもう中年に

なってしまったことを呪います

これからは

親も歳をとります

僕は

どのように

いきていけますか

 

いきていけますか

と心配しながら

君のことを

思い出します

 

僕のワガママや思いが

たくさんの人に

迷惑をかけている気がします

 

美しい山や空を

見上げる君がいます

 

僕の思いを

生かそうと

僕はずうずうしく

生きてきました

本当に

僕の全身で

わずかな思いだけを

抱えてきました

 

生きることに

意味がなくても

生きるんだと

 

苦い苦い朝日に

僕はもう本当に

駄目だと

何度思ったでしょう

 

それでも

水が流れ

雪はきしんでいきます

流れるあたたかさに

沢を渡る

僕がいます

 

深い山を切り分けて

会いに来たのです

実際のもの

現象の奥にあるもの

 

光りがあるのです

葉が開き

光りを受ける時の

さわやかさです

 

僕や君が老いても

出会える美しさが

あるのです