読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concering poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】なまえ

僕の名前は

和広というよ

親が平和を広げてほしいと願ったらしいが

ホンマかわからへん

実際僕は世の中とギスギスして

自分の身一人分の

平和すら怪しい

 

僕があんまりおとなしいから

僕の弟には「武」という字をつけたらしいが

ホンマか嘘かわからへん

 

しかし、僕はいつも

名前の書き方を説明するときは

「平和の和に広島の広」

という

その時頭の中に

平和の鳩が広島市の空を飛び

原爆ドーム

威厳のある姿に見えてくる

 

しかしその時

まず平和とは何か?

と痺れるように辛くなり

今まで

親や男や女やいろんな人と繰り広げた

喧嘩を思い出す

それはそれぞれに

真剣で戦火はあがらないが

僕は本当に恥ずかしく

僕の死を願ったこともある

 

僕は死にたいという気持ちに

包まれてきたから

平和とか世の中とかよく実感できない

平和だから

死を考えたのだと言われると

腹がたつ

 

時々考えるのは

戦争にいった祖父の

生きていた頃の姿だ

 

祖父は朗らかに生きていたが

とても寂しそうで

心ここにないように

見えた時もあった

馬のように綺麗な鼻筋の

上にある彫りの深い目には

空のさみしさが夕闇を含み

短いため息のような笑いを吐き出す

人の良さそうな口もとの

隣の頬には

深い傷があった

深い傷のある口は若い時から

入れ歯で

 

やっぱり戦争は怖いなと思った

優しい祖父が兵士になって

殺し合ったんやなあ

そのあとに何十年生きた

 

平和がわからない

平和が泣いている

 

僕には名前がある

どうしていきていきたいかもわからない

 

ただ、話すことは

わずかにあるんやで