読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concering poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

白紙領収書「問題ない」あれは現職大臣がいってはいけない言葉だ

白紙領収書を大臣が問題ないといった。
大臣は日本政府の要です。税金の申告が怪しかったら調べ、直したり追加で納めさせる、保険料も何もかも督促している。どの官庁もそう。
なのに、大臣は領収書にいくらでもかける白紙領収書を全く問題がないという。
あれは言ってはいけないセリフだった。

 

税務署に白紙領収書に自分で金額を書いたものを見せたらいい。

どれだけでも署員は追及するはず。

もみ消し過ぎて感覚が麻痺しているのか、それとも問題ないと言い張ればマスコミは追及しないと踏んでいるのか、いや、問題ないと突っぱねないと無理なくらい不正な金の動きを手書きで隠したのかどれなんでしょうか。

問題ないはずがない。1円から無限大までいくらでもかける魔法の白紙領収書だ。

必要経費にボールペン1億でも請求できてしまう。

 

白紙領収書、野党もあるかもしれません。

だから野党は先んじて政治とカネ問題に取り組むといってほしいです。
しかしね、自民党の大臣は、これは税金を集める政府の責任者であり、その大臣が問題ないと言った事実はまさに政府の信用を損なったことを問われるべきです。

 

大臣が問題ないといった。

ありえない。

 

一般市民の税金の申告については、ズルや誤りを許さない、保険料なども督促する、しかし、大臣自らは特に内閣を統括する官房長官地方税を徴税する地方自治を所管する総務大臣は白紙領収書は問題ないと。
恥を知りなさいといいたい。

政治家より真面目に生きている人はたくさんいますよ。爪に火を灯して生きているのです。

 

違法不法以前の、この社会の信用とか確実性自体を破壊しているでしょう。
こんなものは政治家でも大臣でもない。
自らはエリートで、権力や行政行為の理屈なんかはどうでもいい、お前らにルールを押しつけるが、私はその例外だと。

 

こんなことでは国家とか政府とはいえない。

偉いからいくらでも不正ができるなら、社会を作る意味はない。

これは社会そのものを傷つけた行いだ。

皆さんが良識に従って判断されるよう私は祈りたい。