読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concering poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】清冽な苦悶の空に

苦しいです

ここに本当にいてよいのかしら

のどの奥に塊があるようで

それは僕の見たことのない嗚咽のようです

 

風が吹き

日が照り始める 雨が収まったから

日なたにあぶられた水が空に昇っていく途中に

この世界を温かく包む

おじいちゃんの家を思い出します

 

この世界では子供が生きる前にたくさん死にました

生きることができなかった子どものために

何ができるかと

不自由な少年である僕が考えて

できることはなかったのです

 

今を楽しもうと誰かが言います

何年か経てばいい思い出になると誰かは言います

この通りは妙に明るい

僕のオレンジに揺れる目の表面に

僕らは

 

生きることにつかれた少年の自分を

今の40代の僕が見ています

少年の僕のおずおずした笑顔に

40代の僕は射すくめられています

 

今を楽しもう

友達を作ろうと誰かが言います

 

僕が切望した友達は多くが去っていきました

僕も友達や恋人を裏切りました

それでも好きになってくれたという思い出が

君を包んでいるんじゃないか

と僕は誰かに言われています

 

僕が愛されているとき

僕は震えていた

喜びの中で僕は明日に震えていました

本当に生きてよかったのか

なのに生きているわけです

生きていいはずなのです

それなのに

 

体がつながっているときにも

僕は震えていた

震えるということを抱きしめあうから

それが大切なのかもしれない

抱きしめあうことで

強くなるのかもしれない

しかし僕は傷つけている

僕は自分と相手の空間を切り裂いている

本当に愛していいのか

本当に愛されていいのか

ずっとずっと

いいとか悪い話ではないのに

答えを出さなくていいのに

 

僕は叫んで君を呼ぶ

すべてが燃えて焦げていく

一瞬に蒸発して

ずっと苦悶している

空が美しく

山を切り開き

谷をつくる

清冽な緑の水が

果てしなく

下っていく