読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concering poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】不自由と裸形

僕は不自由です

敗北が自然です

敗北から生まれたんじゃなかったですか

いつも僕は歯噛みしてなんでこんなダメなんだって

思っていたんじゃないですか

そう

意識する前からね

 

雨がしみこんだアスファルトからか細い温もりが生えてくる

君の襟の香りを思い出している

音が踊りながら白黒の模様を空に

空の雲に

 

僕は笑って

その笑いが路地に広がって

そんなこと誰も気づかないんです

僕の言葉です

だから僕だけの言葉です

僕は不自由です

不自由ってセクシーじゃないですか

 

空と交信している

孤独な意識です 孤独な意識が花開いて

死の方に向けて汗をたくさんかいている

 

君が美しい衣装を着ても

その美しい衣装の下には

子どもが粋がっているような

そんな意識の矛盾があるのです

僕も同じなんです

全部はぎ取って

どこまでも

地平に浮かぶ線に雨が降り注ぐ

夜は眠れていますか

どこからその命は消えますか

危機の時代に

その線上で

裸の心が出会うしかないじゃないですか