読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concering poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

原発事故の被ばくによる人体被害が認められないのはなぜか、この5年を見て感じたことをツイート連投した

何度も確認するけども、まず国際的に認められた小児甲状腺がん福島県で統計的に多発し悪性度が高いのを被ばく由来と認めないのは、他のあらゆる地域での疾患の被ばく由来を認めない、という行政と原子力村の宣言です。これをまず解体しないと他の疾患の認定もないとは推測してます。

次に、福島のすべての帰還困難区域さえも避難指示を解除するという自民党と政府の方針はまさしく、他のあらゆる地域の被害も被害とはしませんよ、福島事故被害は風評被害しか存在しませんよという行政と原子力の宣言です。

福島県以外の被害に目を向けて欲しいと訴える方々のお気持ちは痛いほどわかります。しかし原子力ムラは最大の汚染地域福島県の汚染と影響を風評被害以外は認めないから、他のすべての地域の汚染を認めないことにできるとわかってやっていると思います。

遠回りに見えるかもしれないけども、まず福島県の小児甲状腺がんこれをまず認めさせる。向こうが証拠出してますし、放射線由来でないという方が難しいんです。

しかし他の地域の他の疾患の調査は全くはじめていません。福島県の小児甲状腺がん放射線由来ではないと福島県がいってしまっていて、それが国策になってしまって他の自治体も動きません。
まず調査をさせないと、対策にいきません。

チェルノブイリでも、原爆でも低線量はあるんだからと言っても、健診や調査をしなければ治療も対策もありません。
国は調査や健診をして悪い結果が出たら嫌だから、調べてる福島県でいくら小児甲状腺がんが多発しても認めない。つまり福島でさえ被ばく障害はないんだから他はという明らかな宣言です。

国は放射能汚染の火元の被害を認めないことで、他のあらゆる被害対策をしないという作戦に出ているのは明らかだと思います。
なぜか誰も書いてないので、私が書きました。

こうしておけば、国は他の自治体に大した指示を出さなくても、ドミノ倒し的に自治体が被害を認めないとわかるわけですよね。
国が調べるなと指示を出しまくりますとさすがに旧ソ連の如く内部から漏れます。

旧ソ連の場合、西側諸国がソ連体制を叩くためとはいえ、ソ連体制内の改革派とか独立以降の情報公開を一時的に歓迎したから情報がかろうじてでてきた面はあります。
今回は資本主義最大の核保有国アメリカの忠実なるオトモダチ日本ですから、被害報道は国際的なメディアでも乗りにくいかも。

ウクライナは被ばく被害に取り組む世界でも珍しい国です。しかし政情は不安定でチェルノブイリ対策予算も縮小しつつあります。ベラルーシはヨーロッパ最悪の独裁体制と言われ、なかなか正味な被害報道は出ません。

国連は、アナン事務総長時代には、かなりチェルノブイリ被ばくについて国連の人権関連の機関が頑張ろうとしましたが、結局取り組みは進みきれずという感じかと。


念のために改めて書きますが、私は小児甲状腺がんや他のがんも、他の様々な疾患も、被ばく由来で起きうると思っています。


原爆だって、被害地域に距離で恣意的に線引きをして国は大丈夫大丈夫と言い続け、被害が大きい距離や明らかに被ばくだろうという人々も認定しないで、渋って渋って来たのです。
そういう手口の前例を彼らは官僚だから踏襲してるわけです。

しかし国や行政がまともに取り組まない中、於保源作はじめ資力も乏しい中から役場に行って1から調査して、ガンの多発を確認したんです。被ばく地で統計調査した。でなければ、広島だって長崎だって病気はありませんと日本政府も米国政府もしただろう。

私が広島や水俣に学べという時は、被害者や民間の金も地位もない学者や人々の超人的な努力と犠牲によってしか、それが世論を動かし地域を動かしということがなければ決して無理だったという話をしてるわけです。それを美化したいのではありません。辛いです。しかしそれが歴史的事実です。

被害者や民間人がなんで頑張らなきゃいかんの?と私も思います。しかし、国や自治体は、産業から資金や様々な面で共通利害が出来てしまっている、マスコミも少なからずそう。だから一番深刻な当事者しか一番深い被害を明かす人はいないのだとそんな悲しい事実をいうしかないわけです。

悲しいですね。私たちはそんな世界に住んでいるのですね。この世界が前提条件です。よその国が羨ましいとか言っても、日本人は馬鹿だといくら歯噛みしてもビクともしない世界が私たちの相手です。
辛いです。辛いから助け合わないと。深い洞察を持たないと。