読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concering poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】代わりなきもののあふれて

重い絶望を私だけが抱え込んでいるような

そんな気分になる時があり

そんなはずはないと思うが

私自身の気分を

誰も代わりに担うことはできない

 

バスも夜の光も

私と同じこの夜のシステムだ

隣に誰がいたとして

その声が届いていたとしても

私はあまりにも自分だけで

自分を抱えることができない

 

この辺りはどのあたりかわからない

誰もが談笑している

私はふらふらしている

いまどうすればいいのかわからない

どの方向に行けばいいのかわからずに

道を歩き出している

 

少しずつ漏れ出した

私の液体は

誰をも浸すことなく

夜の底を滑っていく

 

孤独は趣味ではない

ただ取り換えが聞かないのだ

私は花に包まれる

この位置に私がいることの絶対が重い

 

自分がここにいるということの責任と

その責任を捨ててしまいたいという

音楽も言葉も

私を忘れさせるものはない

 

その重い頭で

暗い未来を描いているの

その暗い未来を

誰の頭に押し付け

誰のくちびるに押し込むの

ちがう

ちがう

すべての人の口や毛穴から暗い未来が

流れ出して

この夜の帳はどこまでも広がっていく

政治も

正義も

科学も

あなたの善き心をもってしても

これをおしとどめることはできない

 

生れてきたからここにいるのか

生れてきたときと

今の私はつながっているのか

へその緒を切ったとき

私の体重は

どこを目指して

滑り落ちていったのか