読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】町を鳥が

この人を許さなくてはならないと思った

何十年も喪に服していたあなたは

あなたが喪に服しているのを自覚していなかった

雨の激しい音の向こうを

鉄道が走り抜け

やがて雲のかたまりを背にして

鳥が飛んだのだ

女たちがあるいていた

バスはまた忙しく来た道を戻っていった

いくつかのさけび声とともに

生まれてくる温もりが家々の中を暖かくしている

用心しなくてはならない

バランスが大事なんです

と医師は言っていた

まったくだとゆっくりと改札機を通り抜けた

本当に元気になれるだろうかと

小石が敷き詰められた

川を渡る美しい子供たちを見送っていた

その濡れた空の中で

頭を前に向けた鳥が

鳴いた

鳴いて、町を通り過ぎた