細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

Valse Mélancolique


Valse Mélancoliqueを聴いていたら

                石川和広

この曲を聞いていたら出そうと思う言葉があった

僕はどこへ行くのだろうか

波を聞きにいくと、もう歩けなくなる

歩くことができないで、いいのではと思う

どこまでも広がる雲なんてない

僕に与えられた目に見える雲

眼球の内側の鏡とそこに届くいくつもの光

つまらない物理学

踊る地平線で

死に耐える虹

飛んでいくんだろう帽子が

風が強くて

風が強いだけではなくて

涙が僕を引き留めて押し返す

ここにいたままではどうにもならない

ここにいていいと抱き留められることがない

ここにいていいのか聞き返しても

何もかも見え透いていて

見下ろしていて

広告を非表示にする