読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concering poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】信頼のをと

頭に暗い海岸沿いの町のようなものを思い出すと

少し落ち着く

魚釣りは苦手である

防砂林がざわめいている 雨が降りかけて

どうしてか 幸福がわからない のんびりしていたいとか

そっとしてほしいとか

そっとしてほしいのに、私を抱きしめてほしいとか

抱きしめてほしいのに、語り掛けないでほしいとか

語り掛けないでほしいのに、あなたの思いが聞きたいとか

 

雨が降っているとか

共感なんてものは互いの境遇の類似性にしかないのか

とか

私の過去について詮索しないでほしいとか

詮索しないまま実は知っていてほしいとか

矛盾する願望をそのまま

 

ここは魚もいないし海も近くないのに

潮の匂いがするんだなあ

だって

私の体には、塩水がいっぱいなんだ

水は言葉を打ちのめす

曖昧な言葉は理解できません

私の頭の中に、500くらいの研究テーマと

1200冊ほどの参考文献が思い浮かぶ

 

散歩をしながら私は決まった本屋ばかりに向かい

その本屋の階段の隣の本棚で

潮騒を聞いているモードになる

エレベーターであるとか

室内の照明の光が音と

チーキチキチピリン

なんでこんなところにも音があるの

 

音は私をいつから苦しめているの

 

あなたの声が聴きたい 聴きたい

声がしたらきっと怖いのに

声がしたらここにひとりでいられなくなる

 

音と光を感じながら苦しんで

でも苦痛の中に恵みもあり

どうしていいかわからない どうしていいかわからない

 

気持ちの中に極端な白と黒が

まじりあわない

まじりあうことを願って

別々でありながら

彼方にありながら

それぞれの一人で

世界に溶けあって

味方 味方

 

波に打ち砕かれない

岩のような信頼