読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【緊急速報】福島県における小児甲状腺がん過剰発症は、スクリーニング効果ではなく被ばくとする論文が査読医学誌に

国際環境疫学会の医学雑誌に甲状腺がん被曝由来という論文が発表された模様。

私は医学者でもないし論文の是非は詳しくはわかりませんが、このような議論が国際的に発表された意義は大きいと思いました。

それにしても病気になった方々のことや、心配されている方々のことを思うと辛いです。

福島県で実施されている小児甲状腺検査の結果データを分析した論文が、国際環境疫学会の発行する医学雑誌「エピデミオロジー(疫学)」のオンライン版に掲載された。福島で起きている小児甲状腺がんの多発は「スクリーニング効果」や「過剰診断」ではなく、「被ばくによる過剰発生」であること結論づけている。
http://journals.lww.com/epidem/Abstract/publishahead/Thyroid_Cancer_Dete...
  
論文のタイトルは「2011年から2014年の間に福島県の18歳以下の県民から超音波エコーにより検出された甲状腺がん」。著者は岡山大学の津田敏秀教授らのチームが、福島県が実施している小児甲状腺検査の結果データのうち、昨年12月31日までに判明した結果を疫学的な手法で解析した。
 
福島県甲状腺検査は、原発事故当時、18才未満だった約38万人を対象に実施しているもので、2011年度から13年度を1巡目、2014年度〜15年度を2巡目と位置づけている。論文ではまず1巡目で、甲状腺の超音波スクリーニング検査を受診した子ども約30万人の検査結果を分析。潜伏期間を4年と仮定して日本全国の年間罹患率と比較した場合、最も高い発生率比(IRR)を示したのは、福島県中通りの中部(福島市郡山市の間)で50倍、全体としても約30倍程度の多発が起きていることを明らかにした。また、地域によって発症率が異なり、最大2・6倍の差があったと指摘している。

福島の小児甲状腺がん「被曝による発生」〜医学誌に論文 | OurPlanet-TV:特定非営利活動法人 アワープラネット・ティービー

国際的な査読雑誌に発表されたことから、世界的な議論になる可能性が予想されます。

以下は論文の結語の部分です。

放射性物質の放出の4年以内に、青少年の間で超音波検査によって甲状腺がんの過剰発生が発見されている。そして、それはスクリーニング効果で説明されそうにない」

とでも訳せるのかな。訳は正しいかわからないので各自でご確認を。

Conclusions: An excess of thyroid cancer has been detected by ultrasound among children and adolescents in Fukushima Prefecture within 4 years of the release, and is unlikely to be explained by a screening surge.

 

journals.lww.com

 

明日3時から外国特派員協会で会見があるようですので異議のある方もご覧になったほうがよろしいのかもしれません。

f:id:ishikawa-kz:20151007151925j:plain

 

Press Conference: Toshihide Tsuda, Professor of Okayama Univeristy Thursday, October 08, 2015, 15:00 - 16:00 "Pediatric Thyroid Cancer after the Fukushima Accident" Toshihide Tsuda Professor, Graduate School of Environmental and Life Science, Okayama University Language: The speech and Q & A will be in Japanese with English interpretation http://www.fccj.or.jp/events-calendar/press-events/icalrepeat.detail/2015/10/08/3459/-/press-conference-toshihide-tsuda-professor-of-okayama-univeristy.html

 

 

共同通信では異論があるといわれていますがどなたが主張しているのかお名前がありません。

東京電力福島第1原発事故後、福島県で見つかっている子どもの甲状腺がんの多くは被ばくで発症したものだと主張する分析結果を岡山大の津田敏秀教授(環境疫学)らのチームがまとめ、国際環境疫学会の6日付の学会誌電子版に発表した。別の疫学専門家からは「結論は時期尚早」との指摘がある。

 研究チームは、福島県が事故当時18歳以下だった約37万人を対象にした昨年末時点までの甲状腺検査の結果を分析。年間発症率は事故前の日本全体と比べ、20~50倍と算出した。さらに福島県内でも地域によって発症率が最大2・6倍の差があった。

 

 

「被ばくで発症」と主張 福島事故後の甲状腺がん  - 47NEWS(よんななニュース) http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015100601002207.html

 

私個人としてはやっと明らかになりつつあるのかという思いです。

関東東北の広域で健康調査を行い、影響が懸念される地域は移住できるように政策にしてほしいです。

原爆やチェルノブイリでは、小児甲状腺がん以外のがんや非がん疾患の幅広い影響が懸念されており、健康手帳を配布して、定期的な診察や医療診断を行って、被害者を守るべきです。