読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

国連人権委員会「汚染地域の避難区域の指定を解除すべきでない」Englishバージョンアリ

いつか紹介したかったのですが国連人権委員会の勧告です。
福島原発事故による放射能汚染に対する並々ならぬ警鐘です。

またこの国連人権委員会勧告は国連自由権規約などに基づき、締結国内の主な差別、人権問題についても言及しています。ジェンダー、人種民族差別、死刑制度、人身売買、精神障碍者の強制入院、警察や治安権力による不当な長期拘留=代用監獄問題、入管問題、特定秘密保護法などにも勧告が出されています。
原発事故以外の深刻な人権侵害の勉強にもなりますし、原発事故も人権侵害だということがよくわかるのです。この両者をターゲッティングしない限り福島事故もあらゆる権利侵害もよくなりません。
我々は当事国で複雑な心境になりますが目を背けるとどんどん被害は拡大してしまうのです。

国連人権委員会勧告(日本向け)

福島原子力災害
24. 委員会は、締約国が福島に許容する公衆の被ばく限度が高いこと、数か所の避難区域の解除が決定され、人びとが放射能で高度に汚染された地域に帰還するしか選択肢がない状況に置かれていることを懸念する。(6 条、12 条、及び19 条)
福島原発事故の影響を受けた人びとの生命を保護するために必要なあらゆる措置を講ずるべきであり、放射線のレベルが住民にリスクをもたらさないといえる場合でない限り、汚染地域の避難区域の指定を解除すべきでない

http://www.ccprcentre.org/doc/2014/08/CCPR-conclu.pdf

英文原文は以下です。

Human Rights Committee
Concluding observations on the sixth periodic report
of Japan*

"Fukushima nuclear disaster
24. The Committee is concerned that the high threshold of exposure level set by the
State party in Fukushima and the decision to cancel some of the evacuation areas give people no choice but to return to highly contaminated areas (arts. 6, 12 and 19).
The State party should take all the necessary measures to protect the life of the people affected by the nuclear disaster in Fukushima and lift the designation of contaminated locations as evacuation areas only where the radiation level does not place the residents at risk. The State party should monitor the levels of radiation and disclose that information to the people affected in a timely manner.
"

http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/Download.aspx?symbolno=CCPR/C/JPN/CO/6&Lang=En

私は原発事故についての国連人権委員会の判断は妥当だと思います。
国連人権理事会のグローバー勧告とともに
核推進勢力とは異なる報告が出されていることをぜひ知ってください。