細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

Peter Gabriel 〝Digging in The Dart〟大好きな曲。死者になり、昔の傷に向き合う それはヨガの死者のポーズのようだ

四半世紀前に見た時から怖いけど、惹きつけられてきたPVと曲。よく見ると、ヨガの死者のポーズ(シャバ アーサナ)と同じである。苛立ちの地上から静寂の世界へ。 Peter Gabriel 〝Digging in The Dart〟 ‪https://www.youtube.com/embed/X0C3DHp36zc‬ 歌詞…

【オススメ】神奈川新聞 【社説】「共謀罪」 廃案にして出直すべきだ

‪とても明解な記事。‬‪こんな法案はテロ対策ではなく、市民すべてをテロリスト予備軍にしてしまう法案では?。‪企業や家庭でも密告監視が常態化しませんか?‬ ‪【社説】「共謀罪」 廃案にして出直すべきだ http://www.kanaloco.jp/article/249671 @カナロコ…

安倍総理は、オリンピックのご都合主義政治利用には歯止めがない。大変危険なこと。

‪まず、憲法改正とオリンピックは誰が考えても関係ありません。 オリンピックが国威発揚イベントだからどさくさに憲法も改正したいのでしょう。 全くひどい話です。 また、自衛隊を憲法に明記しますと、9条の特に2項の戦力放棄と矛盾し、憲法が機能不全にな…

浪江町で起きた大規模山林火災について、今後の山火事対策と付近の安全のために、安易に放射能拡散はないと即断せず調査と対策が必要

まず、浪江町や東北の山林火災に被災された方にお見舞い申し上げます。 周辺住民の方々の安全が守られますように政府や自治体は全力で対策と調査を願います。 また消火に当たった皆様のご尽力に感謝し、皆様の安全を祈念します。 さて。 山林火災による放射…

【詩作品】理由がない命と死がさわやかだ

生まれる前はどこにいたのか 知らないが どこか知らないが いまここにいるのはもっと不思議 意識という灯りがともると 私が青々と激しく目覚める 大きな絵を描いて それは遠くから来たまなざし あの世とはあっちにある世界か 水びたしの私は 生まれたばかり…

【詩作品】生活を脱いだら人生の

雑踏で たくさんの人と肩がぶつかり それでも私は ひとの形を保っている ように 見えているのだろうか 生きていると いうことは絶えず神経である 神経が神経の刺激に慣れず 毎回シビれている こんなことでは ひとを愛せるのか 愛するという言葉が あまりに軽…

原発避難者、被災者の怒りと悲しみの追及が生んだ今村復興大臣辞任劇、その真相を忘れるな!

‪今村復興大臣がクビになるのは、復興大臣自体が端役だからとか訳知り顔な解説が出るが違うのだ。‬‪この間、原発避難者、現地被災者や支援者たちが避難者支援を打ち切るなと政府を突き上げ続けた結果、記者の鋭い質問となり、国会議員を動かし、復興庁や環境…

【詩作品】世界の終わりを見たくない

熱が出て苦しい 愛という文字を書く 書いてみて呆然とする 世界中は愛で出来ているかもしれない なのに 私たちは任意のAやBにしか 愛を感じられない それも忘れたり思い出したりして 任意のAやBを超えてしまう 若い時口づけをして さみしさは埋まらなかった …

【詩作品】さみしさの連なる果て

両親がいて あたたかい家だったが 私はなぜかさみしかった 求めてはならぬと なぜか考えていた 求めたら傷つき壊れるから 求められずに立ちすくんでいた 求めたら ルールを突き破り 私は汚れ罰せられるとすら 思いこんでいた 小学校の時には寝ていたら枕が …

【詩作品】青い衣の勇者が金色の野に降り立つお話を真剣に見ていた子どもが世界の終わりを見るとき

本気なんだってことを 他人にわかってもらいたくて 言葉を重ねてうるさくなり 声が大きくなったり 小さくなりすぎたり やり過ぎたり 遠慮し過ぎたり 本気であることは 恥ずかしいものだ 本気で違うと思うから 真剣に怒っていたり 本気でそうだと思うから し…

【詩作品】壊れた王国のために作られたテーマ

いつも秘密だ とっくにネタバレしてるけど いつも秘密だよ 秘密だけど 明るい話だよ 手を伸ばせばすぐに 見つかるような 小さな夢の小箱だ 中にさみしさがあふれているかも しれないよ 腹わたが煮えくりかえるよ 4月は寂しい季節だ 私はどこへも行かない 何…

【詩作品】きみから見える星を教えてよ

朝が来て 朝が来ないでほしくて きみを焦がれて きみを憎んで きみを探して ぶつかったいつもの限界 はっきりしない はっきりしているのかすら わからない 結論は出ない いま何時かすら わからない 余裕がない 前屈をする 腹を太ももに近づけ 静かに沈んで行…

【詩作品】先のない文明の讃歌を

道があり 道の向こう側に草むらがあり その向こうの空に 月が浮かんでいます これは文明の最後の場所 君と始まる場所 恐らく誰も知らない 知る必要もない なぜなら誰もが すぐに見ることになるから なぜなら すぐに火に包まれるかも しれないから 山の水も海…

【ヨガ体験】死んだフリのまなざし

まっすぐに静かな 優しい空虚の中で と書いてみて 少し考える ヨガのポーズにシャバ・アーサナという ポーズがある 手を軽く広げ、足を広げて寝る死者のポーズだ 目や顔が大地に溶けて沈んでいく 死者のポーズをやるうちに 頭の中に人の姿が浮かぶようになっ…

【詩作品】笑って済まなければ

とにかくまっすぐに歩く ぶつかるものを抱きとめ 深く味わう 私が行く場所には 光がないかもしれない 暗い夜道で、怒鳴られ にらみ返す バカにされたら許せないし 捨て置くつもりはない 悔しい気持ちを ほったらかしにして 生きようとしたら 死にたくなった…

【詩作品】きらめくまで待て

ありえないことの向こう側に まだ不確かな山の稜線が見え 鳥が真っ赤な空を横切る その町を焼いた空だ その町はすべて焼かれ 元に戻らない 戻るように思えても 違っていることをけしてまやかしては いけない 私の悲しみは あの日から全てがごまかされたこと…

【詩作品】記憶と回想

自由に飛び回れたらとか いくつの願望なんだろう すでに僕は自由だと言ってみる すでにあなたも自由だろうと口ずさんでみる 自由には決まった形がない 空に果てがないように だから頼りなく だから不安で しがみついて離さないでと 頼ろうとするものも すべ…

【詩作品】バスが転がって

蒸し暑く 夜の風は町をざわざわと通り過ぎる その下で 僕の魂は夜のバスに揺さぶられている 寂れた道の停留所から走り出した 笑ったり 苦し紛れにしゃべりすぎたり 苛立ちすぎたり そんな今日を思い出していた 光から光へ 苦痛から現実へ 三号系統を 走る時 …

【詩作品】空はいつまでも静かに私たちを見ている

私はうわすべりして 仲間がうまく探せない 人間の仲間を探しても なかなか溶け込めず 落ち着かない様子で しゃべっている 違う惑星で生まれたことにしようか しかし私は星から来てない どこから来たのか知らないが 私はここにいたのだ しゃべりすぎる言葉で …

心の底に開いた穴を、ありのままを受けとめて、埋めていくことが再生

‪他の場所で同じように悩んだり頑張ったりしている人がいるということが大切だということをはっきり認識したのは原発事故が起きて以降かもしれない。‬‪私は20代や30代は自分が周りの人と頑張ってることしかみえてなくて、しかもたぶん自分だけが頑張っている…

ヒトヒト作 『腔内 輝 人間』を高槻現代劇場205号室で観劇

原発事故以来、様々な不安や葛藤からか意識が固まっていた。‬それに2年くらい前に気づいて、自分を解放しようと発達障害のケアをしたり友達のライブに行ったりヨガをやったり絵を見に行ったりしてきた。あともう少しで何かが変わるかなと、その変化は何かわ…

20170401大阪市立大学医学部にて。原発事故後の健康影響について津田敏秀氏と西美和氏の特別講演傍聴レポート

4月1日、阿倍野の大阪市立大医学部にて、大阪小児科学会の特別講演とセミナーに参加しました。 大阪小児科学会のこの講演とセミナーは、医師である小児科学会員と医師ではないが「小児の医療を良くずることに情熱と意見のある人ならば「当日会員」として参加…

【詩作品】毎日はゆっくり動く

苦しい思いとか 思いやりとか思い込みとか つい吐きだして詩を書いたりするが 結局気持ちは落ち着かない あたたかい気持ちになる ような オシャレな気持ちになる ような なんだか そんなものではなく 泥臭く 青臭く とにかく毎日は ゆっくりしか 動かない 私…

【詩作品】無限の彼方の冗語

花見に行って 酒を飲んでいた 空は曇っていた 花びらを鳥がついばみ どんどん落ちてきた 自由落下 雨がやがて降ってきて 知り合いの家で みんなで話したり 酒を飲んだり していた 窓の向こうには 道路があり家があり 暗闇があり 空があり 月があり とはいか…

【詩作品】悪夢を見ない方法

夜、悪夢をしょっちゅう見ていた頃 夢を見ない装置が欲しいなと思った 夢なんて素晴らしくない だけど夢は 頭を整理するものだそうで 見なきゃ 見ないで 現実が悪夢になるかもしれない そうして みんなが 夢を見ずに 現実的に生真面目に働き 権力者がズルを…

今村復興大臣「避難は自己責任」「裁判でもなんでも訴えて」発言の核には全原発被害者・避難者をすべて切り捨てる国策がある

キレる今村復興大臣を確認しておこう 自主避難は「自己責任」~復興大臣明言OPTVstaff‪ https://m.youtube.com/watch?sns=tw&v=mOUSSJmg_dE‬ @youtubeより まず内容を確認。 区域外から避難した人の支援は福島県だけではできなくて、国が率先して区域外避難…

加川良の訃報を聞いて「あの天国とやらへ」を聴いた

‪「あの魂たちの」慟哭が聴こえるようだ。‬‪生きている時からこのような感覚を抱いていた加川良が天に召された。‬‪「あの魂たち」と通天閣の下で歌ったある晴れの日の記録。‬ ‪あの天国とやらへ - 加川良‬‪https://www.youtube.com/watch?v=sEcHsk6U7Tc&sns=…

超高速森友学園問題ひとことQ&Aー問われているのは日本人の政治感覚

「どうせ政府はいつも口利きしてるのさ」➡︎そんな政府はダメだろ 「昭恵さんがかわいそう」➡︎秘書雇ってんのおかしいだろ 「昭恵さんに足引っ張られる安倍さんかわいそう」➡︎政府が秘書雇ってんの 「籠池だってウソ言ってんだろ」➡︎だからって政府ぐるみで隠…

除染土の上に公園作りたい環境省。除染事業は不祥事続きのまま終了。森友、共謀罪、日報、除染土全て政府の情報秘匿が核にあり。

豊洲の騒ぎですらあんだけ問題にされんのに、公園の1メートル地下にセシウム8000ベクレル以下汚染土埋めるなんておかしいですよ。 しかし、森友学園問題でゴミが9メートルまで埋まってると嘘をついて、辰巳コータロー議員が国会で地質学的に3メートル以下に…

【詩作品】僕のカタチを確かめている

マジメ過ぎる顔をしてたよ この気持ちがマジメすぎて チカラが抜けないんだよ チカラが抜けないまま 笑ったりふざけたりして カラダが複雑に折れ曲り続けたんだ チカラが抜けないから 抱きしめてほしいんだよ バラバラな気持ちで不安だから 無理にまとめただ…

【詩作品】死んでもいいと言いたくなるほど生きたい気持ち

私の考えはすべて間違いです 私がここにいるの正しくも間違えでも ないです いるんですそれを あなたにどない伝えたらよろしいか それとあなたがどこにいるのかわからん のです 光の速度で捕まえてよ あんまりさみしいです さみしいって当たり前 当たり前を…

【詩作品】にせもの天気予報で龍が青い血を浴びて空に

春の空に龍が眠る 居心地が良く粉まみれに気だるい 駅の改札口で転ぶ かすむ雲に釘を打ち付け 涙から涙憎しみから軽蔑へ 龍が泳ぐ鳥がさえずる ソーシャルネットワークサービシィズ 総理がパントマイムで 手旗信号 わしただのどうけし じんるいただのひまつ…

診察で悩んで、ワーカーさんや親に話したこと

主治医の診察で悩んでいたので、ワーカーさんに相談し帰宅してからは親にいろいろ話す。父が珍しく的確なコメント「兄ちゃんは7割は普通の人と同じように見える。でも残り3割がとても細かく悩んでる。7割だけを見たら普通の人と変わらないが3割で苦労してる…

大阪府市の瓦礫広域処理差し止め裁判の、大阪高裁での控訴棄却について思うこと

あらかじめ断わっておきたいのは、私は原告ではなく、原告を支援する会の人間です。 これから書くことは様々な方がこの裁判を知り、理解し考えるための、参考にしていただいてかまいません。 しかし事務局や原告団の方針ではなく、支援する会の石川の個人的…

【詩作品】私は私に嘘をつくな

私は私に嘘をつくな ごまかすな 存在しない希望を ねつ造してはいけない 復興だって原発事故だって どうにもならないと そこから始めなくてはならないと 私は言っていたはずなのに 希望を求めてしまう 私は 単なる寂しさに耐えられない 肉体がある限り寂しい…

【詩作品】無限のうちのひとつの日にち

確かな気持ちはない そやけど少しでも近くにいたいと 確かな気持ちはなんだろ それが311と関係あるかしらない 生きることから後ずさりしてわからないことばかりなのは生まれつきか、あるいは弱気か意思以外のものか 明日顔を見ないと、いや今空を越えたいけ…

天皇制は、巨悪や災禍を引き起こしても誰も責任を、取れないシステムだから問題です

森友学園が読ませている教育勅語や五箇条の御誓文は天皇の権威の元に人びとを服従する「徳」を説いています。自民党政権が改憲案で天皇を国家元首とすることと、森友学園問題はまっすぐつながっています。日本の国家主義が辿り着いてしまうのは天皇という権…

原発震災から約6年。復興の大義名分の陰で、放射能汚染は矮小化、避難者などの住民支援は後退。除染や復興事業の予算と不祥事が積み重なる。

やはり私たちが懸念した通り、除染や瓦礫処理事業では、見積もり違いによる増額や非常に過大な見積もりとみられる予算のふくらませが国や自治体とゼネコンの間で行われている懸念が数字にもあらわれてきました。 他方労働者への支払いはピンハネされている現…

安倍政権打倒だが、天皇は大事みたいな考え方は論理的に成立しないのです

戦前戦中は天皇バンザイと言いながら、外国人や植民地支配した人々を見下し、戦争で殺し、自爆することが肯定された社会でした。日本が世界一えらい神の国であり、天皇はその神の現れであり、天皇を守るために最後は人を殺すのが偉いというのが国家神道や大…

【メモ書き】ふたたびいきている、終わりのなかでむしろ、なお

生きているのが、恥ずかしかった頃に くらべたら今は辛さが少ない 辛さが少ないのが嘘みたいだ 歳を取ったんだろうか あなたは幸せな人なんです と言われることもあるんだ しかし実際のところ 毎日どう過ごしていいかわからない 親に自分は発達障害なんだっ…

【詩作品】無限の中の有限の

雲とか 優しさ とか ホカホカ考えていると あなたの姿のようで 息が苦しいとか 怖くて仕方ないとか 思う日にも 横になって あなたを思う みんなに世話になり 光や水は私を生かしている なのに その結晶の命の私が なぜあなただけを思うのか 遠い国の空から風…

「真の右翼」「真の保守」論法の落とし穴

「真の右翼」や明治の元勲、天皇が、アジアを支配し戦争推進した歴史をご記憶ではないのか。 「日本会議に属する人たちの多くは徹頭徹尾『保守』や『右翼』の基本的教養が欠落しています。本来の保守ではあり得ないようなヘイト発言」http://bylines.news.ya…

【詩作品】赤い夜空の鳥

雨が降った後の夜空は 赤く輝いている なんでだろうって昔からわからなかった 光の加減かなあ 自転車で走ってたら 泣きそうだった いつも緊張していた 緊張していることすら忘れていた だから裂け目を探している 逃げられるから どうしたって自分でしかなく …

【詩作品】倒れるまで生きている

あまりにも生きているのがつらいから オナニーとか空を見ることなどで 毎日をやり過ごしていた 何歳になってもそんな感じで あとは本を読んだり ハナ歌を唄いながら やり過ごしていたら 頭の中に死にたい気持ちばかりが 浮かんで来た 何も悪いことしとらんの…

【日記】障害者生活相談の某所に電話し、初回面談予約をとりました。

本日、精神科の定期診察日。 一つのことにとらわれやすいという悩みを話す。主治医にそれは悪い面ばかりでなく、良い面もありますよとなぐさめられる。 (恋愛感情や友だちとの人間関係とかで、辛くなったりどうしたらいいかわからなくなるから、仕事はおろ…

【詩作品】同じおびえ

愛されるという慢心があり 愛を見逃してしまう 本当はここに愛はない あるとしても 愛という言葉で済ませて 優しさが見えていない 毎日トボトボ歩いている そんなクニのそんな町である 真面目に生きることに向き合うことは大変で 生きていたら自然に 生きる…

山下克彦さんが、拙詩を墨で書いてくださり、感動しました

インフルエンザになってから1週間を過ぎ、薬も飲みきって3日経ちました。そろそろ身体を慣らそうと、ギャラリーマーヤさんに。 現代美術家の山下克彦さんの個展に行きました。 墨を使ったダイナミックなアートです。 で、作品を見ると、作品の中に、詩を書い…

【詩作品】encounter

この世界の 終わることない騒がしさ に 耳を塞いでいる僕ですが それは聞こえ過ぎるからです もっと聞こえ過ぎる人もいる でしょうが なんでこんなにうるさい 脳みそ自体が さらにそこからカラダの中を刺激する 僕は苦しい なぜなら君の声が聞こえなく なる…

【詩作品】いんたらくてぃぶ・あかんたれぶ・ひかりかがやく

あの人に悪いことしたなあ この人に世話になったなあ でも別れてしまった 死んでしまった いなくなってしまった 鼻まで毛布をかけながら ふわふわとそんなことをおもう でも それは私がさみしいからなんだろう これまでそれを かつて好きになった人に話した…

『シン・ゴジラ』『この世界の片隅に』がヒットする安易な「復興」ではなく、人間の愛と事実に立った茨の道を切り開け。

昨年大ヒットした『シン・ゴジラ』と『この世界の片隅に』は、前者は放射能汚染からの楽観的復興、後者は戦争と原爆を加害者意識ではなく、災害として過ごし戦後を迎え復興を始める映画として、私は見ていて、徹底的に批判しているが、賛同者は少ない。 前者…