読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concering poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

TPP批准、26日地方公聴会、28日強行採決になる恐れ!

TPP批准、26日地方公聴会、28日強行採決になる恐れ! 「10月26日(水)13時。京王プラザホテル(札幌市中央区北5条西7丁目2-1)TPPに関する公聴会が開かれます。北海道と宮崎で公聴会。 」 http://s.ameblo.jp/miraihamassugumiteruyo/entry-1…

96条改正が批判されれば、ひっこめ、9条改正は公明に遠慮して、ひっこめ、緊急事態条項改正かと思えば、これも評判悪く家族条項かなと思いきや合区解消には憲法改正が必要と、憲法改正で何がしたいかわからない安倍政権

96条改正が批判されれば、ひっこめ、9条改正は公明に遠慮して、ひっこめ、緊急事態条項改正かと思えば、これも評判悪く、家族条項かなと思いきや合区解消には憲法改正が必要と、憲法改正で何がしたいかわからない安倍政権。 合区解消、憲法改正が必要=自民…

政治資金規制法第二十四条三によると、領収書虚偽記載は禁固三年または五十万円以下の罰金刑です

政治資金規制法第二十四条三によると「領収書等を徴せず、若しくはこれを送付せず、又はこれに虚偽の記入をした者」は禁固三年の実刑です。白紙領収書は虚偽記載以前に、勝手に金額宛名を書いてしまっていますから、事実の証明になりません。虚偽というより…

白紙領収書「問題ない」あれは現職大臣がいってはいけない言葉だ

白紙領収書を大臣が問題ないといった。大臣は日本政府の要です。税金の申告が怪しかったら調べ、直したり追加で納めさせる、保険料も何もかも督促している。どの官庁もそう。なのに、大臣は領収書にいくらでもかける白紙領収書を全く問題がないという。あれ…

虐殺器官に加わらないためにーファシズム短観

松井知事のあの発言。彼は、府知事である。大阪府の健康福祉行政のトップである。正直資質を疑うというレベルはもう過ぎている。辞めてもらいたい。謝罪したって、考えが変わらないのは知っている。橋下といい松井といい、単なる差別扇動者だ。私たちもずい…

【詩作品】本当と嘘とマボロシと風船

例えば耐えるということは 何の意味もないかもしれない そもそもこの世界には 僕らが作り出したマボロシしか ないんだから マボロシに向けて耐えるなんてこと 大変バカらしい しかしマボロシしかないんだとしたら 僕らはこのうつし世の夢に 耐えるしかない …

【詩作品】神を失う

椅子に座って 何もごまかせないと思う 光が差しこんでくる この部屋でしばらく 気を失う そういえばずっと気を失うのはなぜか 考えていた 気を失う前に 本当は僕の頭をさすってやってほしい ずいぶん 感じすぎたようだ 考えなくてもいいことを 考えていたよ…

【詩作品】腐敗の歴史

大好きな音に耳を塞ぎ 君に拒絶されないようにする 君の声を聞かず 君の姿を見ず 君の放つ香りさえ感じなければ 僕は痛みを感じなくて済むのだ そのように 僕はビリビリしている 大切だと思えば ビリビリして どうでもいいと思えば ビリビリする 古い町しか…

【詩作品】ドーナツ

スマホという道具を持ち 涙の乾いた目で川を渡る 風が鉄道を洗う 暗闇に無数の君の影がうつる 光があるのか 光に君は何か思うのか ドーナツを落として 鉄道の走る音が強まる 生きていていいのかな 生きていていいのかな

【詩作品】清冽な苦悶の空に

苦しいです ここに本当にいてよいのかしら のどの奥に塊があるようで それは僕の見たことのない嗚咽のようです 風が吹き 日が照り始める 雨が収まったから 日なたにあぶられた水が空に昇っていく途中に この世界を温かく包む おじいちゃんの家を思い出します…

科学的事実をぼやかしても、結局差別はなくならない。むしろ科学的事実を明らかにし、いかなる影響があってもその影響を受けた人を差別せず支援すべき

福島医科大学の県民健康管理センターの方は 「放射線の遺伝的な影響を心配する人がいることだ。「あまりに非科学的だ」」 とおっしゃっています。果たしてそうなんでしょうか? しかし遺伝的影響について私が以前米国アカデミーBEIR7報告で見た文言はそんな…

【詩作品】たった一人の革命が本当の他者をうむのだから

僕は助けてほしい 僕は孤独でやりたいことがわからない 僕も人間の真剣さなんて知らなかった 人間の真剣さは戦略や能力とも 美しさとも関係ない 運動は練習をすればあるいはできるようになるかもしれない 勉強はがんばれば少しは成績が良くなるかもしれない …

安倍総理「自民党改憲案」は「私が世に出したのではない。谷垣総裁の時につくった」しかし「自民党改憲案を改憲議論のベースに」の奇々怪々

安倍総理は民進党に自民党改憲案がおかしいといわれ「安倍首相は「私が憲法草案を出した言うが、どこに出したのか。世に出したのは私ではない。谷垣総裁の時に出された。これは屁理屈ではない」と答えているんですね。要は谷垣が作ったんだからわたしはしら…

【詩作品】駆けあがる水

壁があり 黒く濡れたあとがある 濡れたあとに うれしいとか風が冷たいとか 風景がこの世界を思っている このちいさな通りが赦されている 大好きなんだ この場所を君が歩いている 駆けていく子どもたち のあとから 雲が湧きだし 冷たい雨を降らせた また 温も…

「ちょっと知ってる?大阪のこれから2」密かに府市の統合、民営化は進んでいる!とびっくり

本日、大阪を知り・考える市民の会主催の「ちょっと知ってる?大阪のこれから2」に行きました。 私たちは都構想を住民投票で破り橋下市長を退陣においこみました!しかしそれから、まだ大阪維新は都構想の再住民投票をねらってます。それは論外でしょうとい…

朝日新聞デジタル「原発事故の避難者は「難民」 」の記事に驚く。

やっとメディアで「難民」と。ずっと思ってた。朝日新聞:原発事故の避難者は「難民」 -福島-地域 http://www.asahi.com/area/fukushima/articles/MTW20160920071560002.html「難民状態は解消されていない。なのに東京電力の精神的賠償は2018年には打ち…

【詩作品】ありゃあせん

むなしい 無情 あんた笑うな 痛みなんてないかと思っていたら あぶら汗が夜の闇に溶けて 再び朝帰ってくる 私の心はどこかへわすれていた 感じないなら感じないで よかったのに 命だからか、忘れ物だからか 落し物だからか 憑きものだからか 長い雨が降って…

【詩作品】ちっぽけで永遠だ

生きてるだけでありがたいと 思いなさいなんて 親から言われた覚えはない そんなあからさまな話はされたことない だけど命が大事と思ってる それはなぜなのか 命があまりにも儚いからか 君の笑顔や寝起きに見た美しい空も いつか消えるからか 生きてることに…

【詩作品】言葉の終わりとシャワー光線センター街

言葉で書こうとして 言葉が区切るものだと思い当たる 思い当って辛いのだが 言葉でないもので話せない むろん私の口以外の器官は 言葉以外で語るが 言葉以外のシンボルもむろん別種の言葉なのだ 私は閉ざされた生活を送っているようであるが どこまでも隙間…

私たちには平和の世界を目指そうにも、平和な世界を目指すための、憲法や国家体制を「自分で考え決定する」当事者性がありません。―憲法改正の是非を考える

私はここ1年近く憲法改正について批判的に見てきました。 そして参議院選挙で野党が事実上敗北することで、憲法改正阻止は困難になったと思っています。 しかしこの間憲法について考える中で、むろん安倍政権の強引さというか非論理性について、こういう政…

都構想がなぜか復活!?大阪市の行政区の改革住民説明会に、松井知事が参加という不可解に他会派から抗議の声

まず行政区の再編の説明会で、住民投票で却下されたはずの都構想つまり「大阪市を廃止して、特別区にして、財政権限のかなりの部分を府に渡す」構想がまた、何食わぬ顔で出てきているのが論外なんです。 住民投票は大都市設置法に規定された住民による直接投…

【9月8日23時59分締め切り】 「科学的有望地の提示に係る要件・基準の検討結果(地層処分技術WGとりまとめ)(案)」に対する意見を提出しました

「科学的有望地の提示に係る要件・基準の検討結果(地層処分技術WGとりまとめ)(案)」に対する意見募集について http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620216007&Mode=0 以下を提出しました。 *************…

「感じられる手」、中立とは何か、経験の喪失とは何か

@katoshuichi_bot 対立する意見や言い分の双方を聞いて、事により、場合に応じて、みずから考え、みずから意見を作り、みずから言い分を主張することができる。…個人において内面化された中立主義は、精神の自由ということである。「中立主義再考」『山中人…

民進党の後退と、改憲阻止と選挙に対する私の反省と、今後の憲法議論の展開と

民進党は、改憲阻止で野党共闘を戦い、票を獲得したわけだ。3分の1を取れなかったから、改憲阻止は極めて困難ですと謝って今後民進党はどうあるべきか党員や選挙民に聴くべきであろう。それをせず、改憲阻止なんか言ったかな的に代表選挙候補者がしらばくれ…

【詩作品】話すべき沈黙 沈黙すべき話

私は話すぎている 話すぎて間違えすぎている 間違えが罪深く 黙ろうとすると 息が苦しくなる 苦しくて口をパクパク させているうちに 喋ってるみたいになってしまう 意味のないことを喋ってはいけない という縛りがいつの間にか出来ていて 意味のあることを…

自民公明両与党より激しく憲法改正を煽り、改憲反対政党を批判し始めた日本維新の会

維新が改憲に反対する政党を「憲法審に出てくる必要はない」と脅しています。ひどい話です。 自民党や公明党の代わりに煽ってるわけですね。いよいよ憲法審査会、憲法改正国民投票が迫ってきます。 馬場氏、17年にも国民投票改憲論議「開始決断を」2016/8/28…

【詩作品】なんとか秋をつかまえて

カラダの奥底から、不愉快なわななきが立ちのぼる ふくらはぎの筋肉がしくしく泣いている 運動をしすぎたせいかと悩む わからない ふくらはぎがなくたびにカラダがわなないて、力が抜け、下半身がたよりないと思った 時々悲しくなり、違和感は寄せては返し、…

【詩作品】あくびの宇宙に滑りだしていく

僕はいつも不満だったし 今も不満だ 扉から人が流れ出し 代わりの人々が導かれて 乗り込む 何をしているのか 乗るということは もはや逃れられない流れに いるかのようだ 空の下を彷徨うだけの 人間の世界で 僕たちはあまりにも生真面目だ 何でこんなに従っ…

【詩作品】不自由と裸形

僕は不自由です 敗北が自然です 敗北から生まれたんじゃなかったですか いつも僕は歯噛みしてなんでこんなダメなんだって 思っていたんじゃないですか そう 意識する前からね 雨がしみこんだアスファルトからか細い温もりが生えてくる 君の襟の香りを思い出…

原発事故の被ばくによる人体被害が認められないのはなぜか、この5年を見て感じたことをツイート連投した

何度も確認するけども、まず国際的に認められた小児甲状腺がんが福島県で統計的に多発し悪性度が高いのを被ばく由来と認めないのは、他のあらゆる地域での疾患の被ばく由来を認めない、という行政と原子力村の宣言です。これをまず解体しないと他の疾患の認…

【議員任期延長も緊急事態条項!】緊急時に衆議院議員任期延長が必要と、自民公明はいうが、現憲法では緊急時に参院緊急集会できる。本当に改憲必要なのか?

緊急時、議員任期延長が優先課題 改憲論議で公明副代表 | 2016/8/13 - 共同通信 http://this.kiji.is/137102521263113717「大規模災害が国政選挙と重なった場合などに国会議員の任期延長を認める規定の新設が優先課題」 これは緊急事態条項の一種です。 緊急…

【詩作品】うずくまって

さびしいよ さびしいよ 鉄、星、月影、くさ、くさ、くさ 川、この流れの果てに 思いっきり僕という存在の 拡散させたミスト、この夜にいっぱい広げたいのだ どうしてかわからない そこで遊んでいる男の子と女の子は あるいは女の子同士なのか誰なのかくちづ…

【詩作品】重力場

もう少し明るい顔で笑いなさい 超新星爆発のように白く 明るくなろうとして、失われるスタミナ 似合わないことしなくていいんじゃない いや笑いたいのかもしれない 僕は 僕はね からだの肌を確かめる この肌の生命の兆候は何だ 胸から腹から尻から、僕はまだ…

“ぼくはくま”を聴く

宇多田ヒカルの“ぼくはくま”を聴く。 これは生命を肯定する、つまりは差別を排し平和を願う歌である。 www.youtube.com

この先には教科書で参照できるような分かりやすい処方はない。歴史の濁流が待ち受けている-参院選・障害者殺傷事件に思う

最近はっきり言わなければという思いと、しかしはっきり言うのが難しいという思いとがぶつかり合って、結局とりあえず状況に対してもやもやとした対応しかできないということが多い。それでものすごくフラストレーションが溜まる。 しかしむしろフラストレー…

【詩作品】青の視線の先に

あなたが笑っているとき 私は他所を向いていました 他所を向いているのは気がついてほしいからです この青に 私の眼の前にある青は 普通の青ではありません それは キレイで どこまでも続く青です しかし私は あなたがこれを見てしまうと やはりまずいと感じ…

【詩作品】スカートも蝶も

何かあったのかな 何かなかったのかな スカートも蝶もない 予定もない 約束もない 顔を作ることもない 作る顔がない 涙の溢れた岩 大地 ただ大地 激しい感情 看板 大地 スカートも蝶もない 飾る歌もない 読ませる言葉もない 託された使命も 人生ですべきこと…

【詩作品】バンザイ

高まる 破片である 考えをまとめない 一本の芯である 私は 私はテレビニュースを見る 死んだ人の数だけが 通り抜けて、父や母の顔も 画面をみている 朝かもしれない、それは 多分私も殺されるんだと ストンと落ちた 殺されることは確かなのだ 決まっていたの…

【詩作品】海辺の待合で

高まることはない 深まることはない 進むことはない 旅がらす 海辺の公園 真新しい靴 みじめな日々 布団を抱いて羽ばたく日々 お父さん お母さん らっきょう 草花 短い足 試している この青空が 僕を 試している 僕らを 生きていけるか 生きていることが 安…

【詩作品】光の謝罪、夜の無罪

1人で 夜を過ごしている 厳しい言葉を話しすぎて ゴメンなさい 謝っても意味ないが むしょうにゴメンなさい それを鉛筆で紙に書いて 丸める 夜は誰にも謝らず ただ影に隠れた惑星だ あなたに話す内容なんて 大してない 三つ葉、サンショ、タマネギ シナモン …

問いも答えもない手紙

www.youtube.com (以下はこの音楽に触発された僕の詩です。当然草野さんの歌詞より下手です) ー問いも答えもない手紙ー この宿題を解かなくてはならない この宿題には問題さえない 遠くの空に手を伸ばしつかみ取った朝の光が 何の意味をもつのだろう あの…

工業業界紙が放射能汚染土壌再利用を推奨し、がく然とする

日刊工業新聞が放射能汚染された土壌の再利用を推進する記事を書いていますが、8,000ベクレル基準やさまざまに指摘される疑問についてはほとんど何も触れずに、ひたすら震災瓦礫と同じ理屈を展開しています。せめて基準が80倍された事実に触れないと誠実さを…

日本国憲法は一度も生かされていない・生かすことこそが挑戦-憲法改正がこの国ではじめて本当になされるかもしれない中で

参院選挙に敗北したのは、悲痛な思いであった。 私は野党のどこをも支持していないが、今回は憲法改正阻止がかかっているため、とにかく憲法改正阻止を掲げる政党が勝つことを願っていた。 しかし結果は、改憲政党である自民公明維新心の勝利である。彼らと…

【詩作品】明るい夜

顔を見ようとして私は 毎日初めて他人の顔を見るような ぞくぞくした気分に襲われている どうしてこんなに落ち着かないのだろうと 思う こんなにも近いものが遠い 道のそばにはたくさんの野草が生い茂る ここは町ではなかったかと思う ここに 町があるのに …

【詩作品】吹き渡る風はなぜさみしいのですか

もうここで立っていられないよ 帰れたらいいのに このシャツも靴もニセモノだ 空もニセモノだ この灰色の道はニセモノだ 僕の眼もはらわたもニセモノだ 全部ニセモノだ 全部ニセモノなら、本物とニセモノの区別はつかないね ニセモノという僕は何者なのだ 本…

参院選投開票まであとわずか。改憲阻止野党は、改憲阻止と格差是正の争点を選挙民に徹底して伝えてほしい

新聞などでは改憲派が3分の2議席をうかがう報道があり、ある程度事実なんだろうと思います。ただ、与党圧勝というニュースに、無党派層が投票に行かなくなってしまうことが一番気をつけるべきことだろうと思います。 野党は投票の呼びかけをどんどんすべきと…

本日14時より大阪地裁で、大阪府市による東日本大震災がれき処理の問題を問う訴訟の第一回控訴審が行われる模様です。

本日、大阪府市による東日本大震災がれき処理の問題を問う訴訟の第一回控訴審が行われる模様です。 大阪ガレキ裁判の控訴審がはじまります http://blog.goo.ne.jp/stopgareki/e/27aa5c213e8cea25befd2cdf9c541471@GarekiSaiban「7月5日(火) 14:00~ …

【詩作品】他はしじま

うみあおあお そらわおわお あなたはいきていて 他はしじま 他は岬をめぐりて 砂となり消えた 田畑に命の影、倒れて 矢じるしは逆向きに走り抜けていく あなたはいきていて あなたの声と息づかいが艶めかしくて 田畑の虫や牛が死んだのや 草の精霊や 導かれ…

【詩作品】代わりなきもののあふれて

重い絶望を私だけが抱え込んでいるような そんな気分になる時があり そんなはずはないと思うが 私自身の気分を 誰も代わりに担うことはできない バスも夜の光も 私と同じこの夜のシステムだ 隣に誰がいたとして その声が届いていたとしても 私はあまりにも自…

【詩作品】ちくわをかじればよい

生きやすくなりたいですと 星に願う 意味のない願いである 私は私の地獄を生きていけばよい 夏の星空の下で 思う存分嫉妬したらよい 泣いてもいいし 悔やんでもいい 時間は元に戻らないから 光の速さで笑えばいい 惨めな時には 亀とか見たらいい 何も手に入…