細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

あきらめずに感じ考えてやっと人のあたたかさが感じられつつある気もする

原発とか天皇制とか、難しい政治の話を書いてるように見えますよね。 違います、私の場合、あれは、私がぶつかってきた現実、リアリティ、心に感じたことを納得するまで、感じ考えてきて書いてるんです。 原発は中学生の時に考えたのが初めてです。チェルノ…

天皇が安倍総理よりマシというのは、倒錯ではないでしょうか。天皇の戦争責任は「深い反省」で済まされるものなのでしょうか。

終戦72年、追悼式に6200人 首相、加害責任触れず:朝日新聞http://www.asahi.com/articles/ASK8G3G93K8GUTFK005.html「天皇陛下が「おことば」を述べた。「深い反省」という表現を3年連続で使い、「戦争の惨禍が再び繰り返されない」こと」 このよう…

【詩作品】切り刻まれて、時間が、その中でも今日も今も

とてもこわいから慎重になる 指がふるえて その顔は 意味深く、謎で そこにある時間は 昨日とか今日とか未来を超えて 今の中の今なのです とてもさびしかった とても 時間は伸び縮みして どうしたらいいかわからない あっという間だった 少し笑う 笑う影に孤…

【詩作品】胸の中の糸

愛してるんだからと 誰かがいうのだ 愛してるってなんだろう 胸の中に糸が何本も走り それは痛い その痛みを大切にしている それが愛か否かなんて 知らない 胸の中の糸はあなたに近づくと 激しくからまり合い息ができないから あなたに近づけない そして遠ざ…

【詩作品】意味のわからないのは、あなたときっと同じ

なんでこんなに苦しいか あなたに知ってほしい だけど私だって苦しさの理由はわからない わかってたまるかということ 不器用過ぎてどちらに進んでるか わからない 進まなくてもええんちゃうかとも思う 小さい頃よりは まだ少しは見えるようになってるし けれ…

ヴァルネラブルなわたし。わかってほしい微妙なわたし。

むかし、山口昌男という人類学者が、イジメを受けやすい人はvulnerableな存在だと言いました。ヴァルネラブルとかバーナブルとか言います。 これを読んだ時私はなるほどと腑に落ちました。 攻撃にさらされやすいとかいう意味です。 例えばレッテルを貼られた…

発達障害を単なる「個性」として相対化することへの抵抗と違和感

発達障害などは見た目にはわかりにくいが、見た目が大丈夫そうだから、あなたのそれは普通と変わらない、大したことない、個性と考えなさいというのは慰めになってない。なぜなら、本人が内的にしんどいとか不具合があるから発達障害を認識するに至っている…

ここ半年で書いた原発事故や放射能汚染関連記事11本

原発事故、放射能汚染関連では、半年で11の記事を書いています。 単なるセンセーションでもなく、また冷静を装うわけでもなく、時代の底流をおさえて、書いています。心が不安定で書くのが大変なのと、丁寧に読んでくださる読者がたくさんではないのとで、モ…

首相と加計氏の食事「大臣規範は禁止していない」と菅長官は言うが、これがまかり通れば、どんな汚職でもお咎めなしになってしまわないか。

こんなこと言ってたら、市町村から政府まで官民の汚職はやり放題です。 割り勘なら、懇意の業者と、行政官はご飯食べ放題。 懇意の業者に豪華な発注が集中しても、調査すらできなくなります。 とうてい、行政長ナンバーツーの官房長官としてあるまじき発言で…

福島瑞穂参院議員の指摘が正しければ、過去の総理答弁書に重大な事実誤認があるか、10年前あるいは一昨年から加計学園が候補だと知っていた場合は大臣規範に抵触の恐れ。

https://m.facebook.com/TeamMIZUHO/posts/1571542976230365 福島瑞穂参院議員の指摘が正しければ、いずれのケースにおいても総理には重大な行き詰まりがあり、責任が発生します。 ①もし10年前、あるいは、一昨年から加計学園が特区候補だったことを知ってい…

私たちの現在は、ナチスT4作戦の時代と本当に違うと言い切れるのかー障害を考える

昨日「自閉症の世界」という本をよる読んでいて、ナチ時代のT4作戦や、その頃に医者として自閉症を発見したハンス・アスペルガーのことを書いた部分に、悲しくなった。ナチは優生思想によって、知的障害、精神障害、今で言う発達障害の子供たちをナチの軍国…

被曝から命を守ることは、命への加害を許さないこと、人権の基礎

先日、優生思想になってしまうからという理由で、放射能による被曝影響を語ることをためらう的な言葉を見かけました。今も放射線から身を守ること、と、優生思想は意味がまるで違うということを整理できていない人がいることに暗い気持ちになりました。 放射…

勇気もないし、根性もない。だけどこれは言わなければ、言える場所がなければと、それが表現の自由じゃないすか。

僕は最近街宣に参加してますが、「無理解な大衆が!」みたいなことはしゃべってません。差別もイジメもセクハラも戦争も原発も政府もみんなダメだと思う。若者も大人もみんな息苦しいはずですよね?人をいじめるのではなく、なんでこんな社会になってるか考…

萎縮という言葉で見えなくなるこの社会の根本的な危機について

萎縮という言葉が気になってます。 つつましい暮らしを作るために最低限のことを言ってるだけなのに、取り締まる恐れがあるような法律を作る人が間違っているのです。 つつましい暮らしさえ奪われたら萎縮どころじゃなく生きていけないですね。 つまり殺され…

河野益近さん、石田紀郎さん、日本の戦後の放射線や環境問題のエキスパートに学ぶ素敵な1日

‪今日は市民環境研究所で、守田敏也さん主催の放射性廃棄物拡散問題学習研究会に参加してきました。‬‪守田敏也さんが岡山での放射能汚染防止法勉強会の報告。‬篠山市でのヨウ素剤配布についての報告もありました。 守田さんたち有識者の働きかけと篠山市長の…

【詩作品】これから寒い日になるだろう

これから寒い日になるだろう 僕の顔は青ざめて ショーウィンドウに雨が流れていく どう話せば良いかわからない 話さないままコンビニで買い物ができる excuse me あまり時間がない ふり向いたところで助けは来ない 度胸を出さなきゃいけない 生きているのが…

自民党が再び緊急事態条項改憲が必要と主張。再三法律家たちから首相への権限集中、任期延長は災害対策と関係なく独裁の懸念、緊急事態条項必要なしと指摘する声があるが自民党は聞くつもりはない模様

昨年集中的に論じましたが、憲法改正の緊急事態条項は、不要だという見解が災害法制に詳しい法律家などから再三言われているわけですが、自民党は全く人の話を聞いていないと思われます。 ‪緊急事態条項:「首相の権限強化」検討を 自民改憲議論 - 毎日新聞 …

都民ファーストと日本ナショナリズムの未来

https://twitter.com/hamemen/status/880939751661895680 「都民ファーストは民進党を解体するため」という白石草さんのツイート。なるほどな。大阪でも維新の会が躍進した時に、大阪市議会の民主党議員が落選してほとんどいなくなった。 やはり東西で共通の…

【詩作品】生きることが生きる瞬間まで歌おう僕らは

早く死ぬか遅く死ぬか誰が決めるんだよそんなことこんな土地じゃ生きていけないふざけてるからじゃない真面目にそう思うのだ生きていけないと考えて初めて生きることが生きるんじゃないかだって今も何にも意味ない意味ないことを知るために生まれてきたよう…

【詩作品】すきま風を抱きしめて

心にすきま風。‬‪昔から切なかった。‬‪いや、さぶかった。‬‪さぶいなら体動かせばと言われた。‬‪目的もなく学び働いても目的がわからないので、作業の意味がわからず冷え冷えする。‬‪つかんでいた縄を見失い‬‪私は漂い出す。‬‪あなたとつながっていた何かも…

【詩作品】寂しさに耐えられない・君を信じる

誰もが僕と同じ寂しさを感じているのだと 思っていた 寂しさに耐えられないのは僕だけだと 思っていた そうではなく、僕のような寂しさは どうもほかの人は感じていないか 意識していないようなのだった 僕は寂しさにとらわれているのだった 泣いているのだ…

全体主義は、自分で考えるとか自立して強くなるでは避けることができない。自分の弱さを認め、弱さから目を背けないように、し続ける取り組みの中にしか全体主義を避ける道はない

わかりますか。山ほどのインテリ、知識人ですら、ナチスや天皇に入れあげてしまった。頭を使うだけで、みんなが利口になるだけで解決する話ではない。 自分の弱さを無視したら、強くならねばとなり、結果体制に順応する。弱さを見つめて、それを新たに認識し…

放射能汚染防止法を制定しよう勉強会in 岡山に参加してきました。

放射能汚染防止法を制定しよう勉強会in 岡山に参加してきました。6月25日昼2時から岡山コンベンションセンターにて。 非常に勉強になりましたし、パネリスト、参加者のみなさまとも交流でき、うれしかったです。街宣疲れ、悪天候で頭痛がありましたが、頭痛…

【断章】共謀罪が示す社会の根底からの変化について憂える

共謀罪がわずかひと月ほどで施行と聞いて、彼ら支配層のオペレーションにとってどうしても必要な法律だと明確にわかった。私はここ数年、もう時間がないと感じ、体力をつけたり、自分の障害について取り組んできた。私たちが古い常識に縛られている限り、翼…

福島地元紙「除染土壌の安全な再利用は管理が必要な土壌の減量につながる。しかし、住民が受け入れるには、何より「安全」について納得できることが重要」と報じる。しかし除染土壌が安全とはとても思えない。

以下リンク先引用。非常に危うい論旨に感じました。 福島民報は除染土壌再生利用の国策を批判しないのでしょうか。 【除染土再利用試験】納得できる環境整備を(6月10日) http://minpo.newsmart.jp/sp/news_etc/2017/06/post-62869.php 「 環境省は昨年…

【詩作品】不思議に驚いているだけ

夢を見ていた 歩いていた あなた 僕のことをわからなくていい わからないから始められる わからないところからしか 始められない 陽射しが強い 風はこんなに涼しく 岩はこんなに大きいのに 父は悪くなかったんだと 僕も思います そして 僕はたくさんのことが…

日本なう

‪人権を守らない、守れという人を非難する、情報公開をしない、むしろさっさと捨てたり隠したりする、自分に都合の悪い法律は守らない、自分に都合の良い法律を作る、市民の権利を保障しない、政府の権限を最大化する、野党を非難して、政権の不手際は認めな…

【詩作品】夏に近づく山で確かめていた

みどりの葉が繊細に 光と連なりあって 夏に近づく空を 涼しくかざっている 苔むした岩に不思議な小さな葉が びっしり寄り集まっている 川が深くえぐれ この地表の長い歴史を 語りかけている こんなに大きな岩が川を下っている 何万年あとに海に至るのか 行き…

一般人は適用されるとかされないとか共謀罪の議論があるが、法律に一般人などという概念があるように思えない。議論全体が変ではないか。

法律に一般人なんて概念があるはずもなく、定義もないわけだから、準備や共謀の定義がはっきりしてないことと合わさって、法律の適用範囲を無限に拡大できるはずだが、自民や公明や維新の法曹出身の議員は、法律が読めないか、支持者含め全員を騙そうとして…

【強行採決反対!】共謀罪=テロ等準備罪は、テロ対策に必要なく、国際条約批准とは関係がない。政府の説明、大臣説明は矛盾だらけで監視と冤罪の不安払拭できず。今国会での成立をやめ、廃案に。

共謀罪=テロ等準備罪は実はパレルモ条約批准には必要ない。なぜなら、そもそもパレルモ条約自体がテロを対象にしていないからだ。あたかも条約批准には共謀罪=テロ等準備罪を必要だと言った安倍総理や政府与党は、私たちをだまして採決しようとしているよ…

【詩作品】兄ちゃん行け

いつも 不安で怖いねん 怖くて埋まらない 震えて落ち着かない 男とはいえ 抱いてと言いたい 抱いてほしい 兄ちゃん考えすぎやで だけど兄ちゃんな 苦労してきてんで 苦労やったら みんなしてるで そやった みんな苦労してたわ みんないろんな苦労してるわ で…

【詩作品】泣いていいですか

前に進むのはこわい こわいってなんでなんか 水たまりに 顔が映る 雨上がりに 雨上がりで 空が白い雲から青に変わる最中 僕は抱きしめられても 守られているとは感じられなかった お父さんのひざはもぞもぞした 大人が怖かった でもいま僕は大人になってるや…

Peter Gabriel 〝Digging in The Dart〟大好きな曲。死者になり、昔の傷に向き合う それはヨガの死者のポーズのようだ

四半世紀前に見た時から怖いけど、惹きつけられてきたPVと曲。よく見ると、ヨガの死者のポーズ(シャバ アーサナ)と同じである。苛立ちの地上から静寂の世界へ。 Peter Gabriel 〝Digging in The Dart〟 ‪https://www.youtube.com/embed/X0C3DHp36zc‬ 歌詞…

【オススメ】神奈川新聞 【社説】「共謀罪」 廃案にして出直すべきだ

‪とても明解な記事。‬‪こんな法案はテロ対策ではなく、市民すべてをテロリスト予備軍にしてしまう法案では?。‪企業や家庭でも密告監視が常態化しませんか?‬ ‪【社説】「共謀罪」 廃案にして出直すべきだ http://www.kanaloco.jp/article/249671 @カナロコ…

安倍総理は、オリンピックのご都合主義政治利用には歯止めがない。大変危険なこと。

‪まず、憲法改正とオリンピックは誰が考えても関係ありません。 オリンピックが国威発揚イベントだからどさくさに憲法も改正したいのでしょう。 全くひどい話です。 また、自衛隊を憲法に明記しますと、9条の特に2項の戦力放棄と矛盾し、憲法が機能不全にな…

浪江町で起きた大規模山林火災について、今後の山火事対策と付近の安全のために、安易に放射能拡散はないと即断せず調査と対策が必要

まず、浪江町や東北の山林火災に被災された方にお見舞い申し上げます。 周辺住民の方々の安全が守られますように政府や自治体は全力で対策と調査を願います。 また消火に当たった皆様のご尽力に感謝し、皆様の安全を祈念します。 さて。 山林火災による放射…

【詩作品】理由がない命と死がさわやかだ

生まれる前はどこにいたのか 知らないが どこか知らないが いまここにいるのはもっと不思議 意識という灯りがともると 私が青々と激しく目覚める 大きな絵を描いて それは遠くから来たまなざし あの世とはあっちにある世界か 水びたしの私は 生まれたばかり…

【詩作品】生活を脱いだら人生の

雑踏で たくさんの人と肩がぶつかり それでも私は ひとの形を保っている ように 見えているのだろうか 生きていると いうことは絶えず神経である 神経が神経の刺激に慣れず 毎回シビれている こんなことでは ひとを愛せるのか 愛するという言葉が あまりに軽…

原発避難者、被災者の怒りと悲しみの追及が生んだ今村復興大臣辞任劇、その真相を忘れるな!

‪今村復興大臣がクビになるのは、復興大臣自体が端役だからとか訳知り顔な解説が出るが違うのだ。‬‪この間、原発避難者、現地被災者や支援者たちが避難者支援を打ち切るなと政府を突き上げ続けた結果、記者の鋭い質問となり、国会議員を動かし、復興庁や環境…

【詩作品】世界の終わりを見たくない

熱が出て苦しい 愛という文字を書く 書いてみて呆然とする 世界中は愛で出来ているかもしれない なのに 私たちは任意のAやBにしか 愛を感じられない それも忘れたり思い出したりして 任意のAやBを超えてしまう 若い時口づけをして さみしさは埋まらなかった …

【詩作品】さみしさの連なる果て

両親がいて あたたかい家だったが 私はなぜかさみしかった 求めてはならぬと なぜか考えていた 求めたら傷つき壊れるから 求められずに立ちすくんでいた 求めたら ルールを突き破り 私は汚れ罰せられるとすら 思いこんでいた 小学校の時には寝ていたら枕が …

【詩作品】青い衣の勇者が金色の野に降り立つお話を真剣に見ていた子どもが世界の終わりを見るとき

本気なんだってことを 他人にわかってもらいたくて 言葉を重ねてうるさくなり 声が大きくなったり 小さくなりすぎたり やり過ぎたり 遠慮し過ぎたり 本気であることは 恥ずかしいものだ 本気で違うと思うから 真剣に怒っていたり 本気でそうだと思うから し…

【詩作品】壊れた王国のために作られたテーマ

いつも秘密だ とっくにネタバレしてるけど いつも秘密だよ 秘密だけど 明るい話だよ 手を伸ばせばすぐに 見つかるような 小さな夢の小箱だ 中にさみしさがあふれているかも しれないよ 腹わたが煮えくりかえるよ 4月は寂しい季節だ 私はどこへも行かない 何…

【詩作品】きみから見える星を教えてよ

朝が来て 朝が来ないでほしくて きみを焦がれて きみを憎んで きみを探して ぶつかったいつもの限界 はっきりしない はっきりしているのかすら わからない 結論は出ない いま何時かすら わからない 余裕がない 前屈をする 腹を太ももに近づけ 静かに沈んで行…

【詩作品】先のない文明の讃歌を

道があり 道の向こう側に草むらがあり その向こうの空に 月が浮かんでいます これは文明の最後の場所 君と始まる場所 恐らく誰も知らない 知る必要もない なぜなら誰もが すぐに見ることになるから なぜなら すぐに火に包まれるかも しれないから 山の水も海…

【ヨガ体験】死んだフリのまなざし

まっすぐに静かな 優しい空虚の中で と書いてみて 少し考える ヨガのポーズにシャバ・アーサナという ポーズがある 手を軽く広げ、足を広げて寝る死者のポーズだ 目や顔が大地に溶けて沈んでいく 死者のポーズをやるうちに 頭の中に人の姿が浮かぶようになっ…

【詩作品】笑って済まなければ

とにかくまっすぐに歩く ぶつかるものを抱きとめ 深く味わう 私が行く場所には 光がないかもしれない 暗い夜道で、怒鳴られ にらみ返す バカにされたら許せないし 捨て置くつもりはない 悔しい気持ちを ほったらかしにして 生きようとしたら 死にたくなった…

【詩作品】きらめくまで待て

ありえないことの向こう側に まだ不確かな山の稜線が見え 鳥が真っ赤な空を横切る その町を焼いた空だ その町はすべて焼かれ 元に戻らない 戻るように思えても 違っていることをけしてまやかしては いけない 私の悲しみは あの日から全てがごまかされたこと…

【詩作品】記憶と回想

自由に飛び回れたらとか いくつの願望なんだろう すでに僕は自由だと言ってみる すでにあなたも自由だろうと口ずさんでみる 自由には決まった形がない 空に果てがないように だから頼りなく だから不安で しがみついて離さないでと 頼ろうとするものも すべ…

【詩作品】バスが転がって

蒸し暑く 夜の風は町をざわざわと通り過ぎる その下で 僕の魂は夜のバスに揺さぶられている 寂れた道の停留所から走り出した 笑ったり 苦し紛れにしゃべりすぎたり 苛立ちすぎたり そんな今日を思い出していた 光から光へ 苦痛から現実へ 三号系統を 走る時 …