細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

私たちの現在は、ナチスT4作戦の時代と本当に違うと言い切れるのかー障害を考える

 


昨日「自閉症の世界」という本をよる読んでいて、ナチ時代のT4作戦や、その頃に医者として自閉症を発見したハンス・アスペルガーのことを書いた部分に、悲しくなった。
ナチは優生思想によって、知的障害、精神障害、今で言う発達障害の子供たちをナチの軍国化にそぐわないと殺していた。

アスペルガー博士は、カナーと同時期に、ナチの優生思想が猛威をふるうオーストリアで、小児精神医学の研究に従事し、言葉が話せなかったり疎通が難しかったり友達ができなかったり暴れたりして問題視された子供たちに感覚的な繊細さや記憶力、認識力がしっかり備わっていると発見したのでした。

アスペルガー博士の発見は、ナチスの時代に埋もれ、また自閉症研究でも顧みられることなく、やっと1970年代にイギリスの研究者で自身自閉症者の親であるローナウィングがアスペルガーを再発見し、ウィングの「自閉症スペクトラム」説に貢献します。
健常者と自閉症者は濃淡はあれ、連続していると

アスペルガーの研究というのは、当時の優生思想の中で、ナチスに抗して子供たちを救うという行動だったので、それは立派なのですが、残念なことに知的感覚的に優れているというニュアンスがゼロではなく、また、アスペルガーの尽力にもかかわらず、たくさんの自閉症児は殺害されたのでした。

アスペルガーが埋もれていく中、アメリカのカナーという研究者が、言葉や発達の遅れが大きい自閉症自閉症として名付けたので、それは重度自閉症の方々には大切なことでしたが、長らく自閉症が軽度まで存在していることが忘れられ、ウィングがアスペルガーを再発見することで軽度から重度まで連続体だとわかったのです。

みなさん、発達障害というと、特長や不思議さはあるが、気にしないでいいとか個性とかいう方もいますが、自閉症の方々の困難や特性をある程度は理解しておかないと、再びT4作戦が行われる世界が来てしまうのではないかと私は心配します。
相模原事件はその兆候ではないか。

自閉症についてアスペルガーやカナーの見解が接合されるのに、30年近くかかっています。戦争や優生思想は、障害者の生死や人間の理解を深く傷つけます。私たちはまだその世界に生きています。
私のような軽度の精神発達障害者はいじめのターゲットでした。小さい頃私はいじめられました。

私は興味のあることは、しゃべりまくります、対人距離もうまくとれません。馴れ馴れしくして嫌がられ、引きこもって孤立してを繰り返し、思春期青年期には死んだ方がマシだとすら考えていました。
20代の終わりに精神疾患を発症してから親もやっと事の重大さに気づきました。

いま40前半です。やっと少しずつ親とのズレが埋まりつつあります。でも他の対人関係ではまだまだです。
そんな時相模原事件が起き、私は小さい頃の不安や孤独な世界を思い出しました。
弱い人間がいじめられ、排除され殺される世界のことを。

アスペルガーやT4作戦の時代を見ながら、現在精神障害発達障害の認識が世間に広がるのをうれしく思うとともに、しかし今でも、相模原事件、識者政治家の優生思想はなくなりません。
わかったふり、知ったかぶりでは、障害者をまた危機に晒すのではないか。すでに危機ではないか深く憂えるのです。

繰り返しますが、アスペルガーの発見が再発見されるまで30年。
私が軽度発達障害者であることを親子ともに認識するまで40年はかかってます。
それにこれは自閉症だけの話で、他の障害は莫大に存在します。私は人間の多様性の大きさをすべて理解できるか到底自信がありません。

私たちの世界は一番大切なものを見ていないし、見ることに時間を割いていない。
まだまだ、T4作戦の時代から遠ざかってはいないのではないかと感じます。

被曝から命を守ることは、命への加害を許さないこと、人権の基礎

 

先日、優生思想になってしまうからという理由で、放射能による被曝影響を語ることをためらう的な言葉を見かけました。
今も放射線から身を守ること、と、優生思想は意味がまるで違うということを整理できていない人がいることに暗い気持ちになりました。

放射線から身を守るというのは、よくよく整理すれば「殴られたくない」「殴るな」ということに尽きます。
優生思想は「より優れた遺伝形質を恣意的に決め、それ以外を淘汰させる」という意味を持っています。優生思想は民主主義に敵対します。なぜなら一人一人の違いが社会を作っているからです。
「殴るな」と「より優れた遺伝子以外を排除する」は意味が違います。脱被ばく側もそうでない人も、障害福祉の人々もそうでない人々も整理すべきです。

自然界にあるからというのも話が違います。原子力発電所で人為的に核分裂をわざわざ起こし発生した放射能を問題にしているからです。

放射線というのは遺伝子、細胞レベルで、命を傷つけるものです。
日本が原子力を推進してきたから、みんな傷つけられても仕方ないというのは極論過ぎます。
これまでの東京電力や日本政府に責任がない未来世代への加害は正当化し得ません。
また東京電力の受益者は厳密に言えばたくさんはいません。東京電力の電気を買ったからといって、放射能に被曝しろというのも極論過ぎます。
東京電力を解体し、原子力放射線の政策を改善させることがその方々に課せられた務めかもしれません。
被曝労働を貧しい人間に押し付けるのか、被曝徴兵制を敷けという意見には、一瞬そうかなと思いますが、しかしまず重層下請け構造をやめさせ、大電力、大企業が安価に危険な労働に貧しい人々をかり出せる仕組みを無くすべきです。それは、日本の学歴社会や格差をラディカルに変革しなければなしえません。

また、廃炉や汚染対策に一定の作業員が必要だとしても、現場が不当な被曝にさらされ、検診や労災さえまだまだ不十分なので、それを求めなければ、今後働いてくれる人は誰もいなくなり、福島第一事故現場は破滅しかねません。

食べて応援というのも無理があります。汚染された土をいじり作物を育てる人が一番被曝する構造は温存されたままだから。

東京電力や日本政府は、できた対策や規制をないがしろにして、事故を起こし、低線量被曝するおびただしい人々に「問題ない」と被曝をなかったことにして復興だといっています。
つまり加害者が被曝にほっかむりしている現状です。
つまり今の状況には「放射線によって人を傷つける加害者がいる」のです。
被曝は、生命の基礎である遺伝子や細胞を傷つけます。
その加害、加害者を許さないのとより優れた遺伝子を求めている優生思想とは違います。

 

例えば被曝影響があるかを心配すること自体差別だとか、優生思想だという言説まであります。
それは違います。もちろんそれで、人を差別し馬鹿にするのがおかしいのです。くさいものに蓋ではなく、私たちは放射線被害の実相を知り、差別を是正する必要があります。
被曝影響で障害があったとして、それをいじめることが優生思想です。
そのような不当な被曝により、生まれながらに苦しみを背負わされることに被害があります。
しかし、障害があったとしても、その人を分け隔てなく生きていける仕組みにすることが、また周りの大人が障害のある親子の負担を小さくする社会にすることが、優生思想と戦うことであり、そんなの理想だと言われても、これしか答えはありません。
また、産むか産まないかを悩まざるをえない状況というのも、社会の価値規範や生きづらさが形成してる部分が大きいと思います。
加害者を免責し、人々を被曝状況に放置し、放射線感受性が高い人から倒れていくほうがよほど、「優生思想」的な「淘汰」であり、私たちの工夫や努力で、被曝を少なくする体制を整えることこそが、優生思想に抗う見方に近いと思うのですが。


よく被曝を気にする人で、「自己防御しかない」といい、一理はありますが、最終的にはみんなを被曝から守る仕組みにしないと、被曝は容認され続けます。その意味でも社会の変革は避けられません。

 

これらのことを十分に議論し、その上で、汚染された場所にとどまるか、避難するか選んでもらえば、答えはずいぶん違ってきます。避難する人もとどまる人もあの事故で、ふるさとの今までの姿を失いました。
私たちは被曝から身を守るのは権利だという視点を忘れずに議論をしていくことが望ましいでしょう。
これからさらにだいじになるはずです。

 

私の考えもまだまだ不十分ですし、これからまた考えて考えていかねばなりません。今は見えていないものが見えたら、修正する部分も出るかもしれません。

偉そうに書いてますが考え続けるほかないのでしょう。より良い答えが見つかるまで。
そもそも答えなどあり得るかということも含めて。

勇気もないし、根性もない。だけどこれは言わなければ、言える場所がなければと、それが表現の自由じゃないすか。

僕は最近街宣に参加してますが、「無理解な大衆が!」みたいなことはしゃべってません。差別もイジメもセクハラも戦争も原発も政府もみんなダメだと思う。若者も大人もみんな息苦しいはずですよね?人をいじめるのではなく、なんでこんな社会になってるか考えましょうよという呼びかけです。

もし世間に無理解や偏見があるなら、ありますからたくさん、それは指摘します。
基本はハートでしゃべるんです。祈るような気持ち。安倍や橋下の批判をするときでも、それぞれが楽しく苦しめ合わずに生きられたらとそんな感じです。

私は、私はいじめられた、とか心が辛いとか、ちゃんと叫ぶんですよ。
絶対にそんな思いをしてるひとがたくさんいるし。
1人だって思ってほしくない。単に騒いでるのでもない。本当は警察は怖いし、暑いのもやだ。
だけど、何か言える間は言うんですね。

ヨーロッパには、広場があって、アピールができます。韓国や台湾やビルマやフィリピンや中国の人だって、好きで軍隊や警察に殴られてるのではない。街頭で話す自由がなくなれば、その社会は終わりだ、他の諸権利も終わりだと知っているから。
つまり日本は限りなく統制された社会。これが戦争生んだ。

原発も、いじめも、性差別も、差別も、腐敗政治も、みんながヘンだよね?と口にすれば簡単にできません。
私は民主社会の基本原理が人々が意見を言う、感じたことを話す、から成り立っていると考えている。
亡き恩師に、民主主義について教わった。もちろんあまり理解できてないが、それでも。

繰り返すが、私は体力も気力もだいぶ小さいし、怖いのは嫌い。私の参加してる街宣だって、気の強い人ばかりじゃない。
そんな人々が止むに止まれず、気持ちで叫んでいることが徐々に若い人に伝わっている気がする。

私は最初の頃こうも叫んでいた。
「みなさん、またうざい左翼がなんか叫んでうるさいなーと見てるでしょう?その通りです!私たちはうるさい左翼です。でもうるさいことを言わねばならない。私たちもみなさんも悪い政治家になめられている。そうじゃないか!?」と。

だって、私は大衆を笑えるほど賢くないよ。さらに私は特別な人ではない。私たちを孤立させないでほしい、なんならたまには力を貸してほしい。いやちがう。いろんなところで声をあげ、変わっていかないとこの社会は必ず破局に至る。

私のような弱虫まで叫ばなければならなくなっている。それは、私という弱虫が徐々に、向こうから殺されることを予感しているからだ。
私は幸せになりたい。言いたいことを言わねば、後悔して死んでしまうだろう。
うまいものを食べても、好きな人ができても悲しいだろう。
だから勇ましい理由はない。

萎縮という言葉で見えなくなるこの社会の根本的な危機について

 


萎縮という言葉が気になってます。

つつましい暮らしを作るために最低限のことを言ってるだけなのに、取り締まる恐れがあるような法律を作る人が間違っているのです。

つつましい暮らしさえ奪われたら萎縮どころじゃなく
生きていけないですね。

つまり殺されかけてるんですよね。私らは。

媚びたり、従わされたり、価値付けられ、条件付けられることで当たり前の暮らしが成り立っていることが間違いなんです。
その条件の中にさえ入れない、障害者は虐殺され、在留外国人は国家から排除され搾取されています。
すでにかれらには発言の自由がない。
今の自由ですらこのザマ。

この社会にはすでに殺され続けている人、今から殺されるかもしれない人、今は殺す側だけど未来には殺される人、絶対殺されてない、つねに殺す側に立つのだと決意する人しかいないんです。

この世界で、与えられた自由を萎縮するかどうかを議論してるそうなんです。

萎縮したりしなかったりする前に、誰もが到底生きられない条件を与えられ、自由をめぐって競わされている社会自体が間違いだとなりませんか。
警察や政府は怖いですけどね。私は気が弱いから。

けど、これはそういう話じゃないでしょうか。

なんか変ですよ。
やっぱり根本から考えなおして、自分を捉えなおさないといけないですよ。
その作業をやるかやらないかです。
でなければ、どんな政治的なお考えをお持ちの素晴らしい方でも、流されちゃうんじゃないかしら。

河野益近さん、石田紀郎さん、日本の戦後の放射線や環境問題のエキスパートに学ぶ素敵な1日

 

‪今日は市民環境研究所で、守田敏也さん主催の放射性廃棄物拡散問題学習研究会に参加してきました。‬
‪守田敏也さんが岡山での放射能汚染防止法勉強会の報告。‬
篠山市でのヨウ素剤配布についての報告もありました。

守田さんたち有識者の働きかけと篠山市長の英断で実現。ヨウ素剤配布のパンフレットも篠山市ホームページで、近日公開だとか。

放射能汚染防止法についての守田さんのお話でそうだなと思ったのは、放射能汚染防止法を作るとしても、既存の放射線に関する法令を私たちが理解しておらず、また既存法令を生かしきれてないのではないかと。

しかし既存の法令を私たちはよくしらない。

‪そこで、放射線計測のエキスパート河野益近さんが放射能に関する法令の理解や放射線管理や計測の実際について。‬
‪河野益近さんの話は本当に勉強になります!‬
なにしろ40年以上の放射線管理、計測の経験があります。
核実験、原発原発事故による核種の分布、特徴などいくらでも話せるそうです。
何しろ核実験由来の放射性物質原発由来の放射性物質は種類が違っていて、例えばコバルト60は核実験ではできない。だから原発由来の放射性物質を特定するにはコバルト60は指標になるから、あちこち集めて日本列島の汚染分布を作成したり。
また松葉に集まる放射性物質を計測して、どのような汚染があるか調べたり。

あと驚いたのは、線量率計測機には、JIS規格があり、15パーセントの誤差が認められていて、本当は国は15パーセント範囲の誤差を加えて、数字を考えなきゃいけないはずだと。

福島事故であちこちに、文科省の法令では、管理区域として届けなければならない場所や物質が存在するが、取り締まられていない。
それは環境省セシウム換算8000ベクレル以上を指定廃棄物ということにしてしまったから、どうも文科省放射線障害防止法の放射性同位元素に指定できない。

あとは、20ミリシーベルトにはどうやら法的根拠はない。なぜなら未だICRP勧告の90年バージョンで法律がつくられている。20ミリシーベルトICRPの2007年勧告に出てくる数値で、日本の法律にはまだ反映されてない。どうも20ミリシーベルトはど原子力緊急事態宣言を発令する時に20ミリシーベルト以上を避難区域と定めたらしく、内閣の閣議とか省令レベルでしかないが、非常に絶対的なようにまかり通っているとか。

現在は帰還や避難区域解除は、線量に基づき行われ、同心円状の区域設定は解除されている。河野さんは海はどうですか?というと、海は20ミリシーベルトを下回っており解除されていると国の役人。つまり事故直後と違い、福島第一原発付近の海域をたくさん測定できるかもと笑っていました。
聞いている私たちはそんな怖いとこよーいかんわと青ざめていました。

研究機関での放射線管理の実際、法令運用の実際。
書ききれないです。
河野益近さんに直接聞くか、河野益近さんのインタビューをまとめた冊子を守田さんが作りましたから、読んで見られることをオススメします。
実際河野益近さんの話を聞いてると、いっぱいお話が出てくるから、河野益近版放射線辞書が作れそうだ!とビックリでした。

帰り際石田紀郎さんが、私に核実験禁止条約に絡んで、核の話をしてくださいました。
石田さんは北朝鮮の核が怖いとかみんな言うとるが、アメリカは大陸間弾道核ミサイル何発もっとるねん、米ソは山ほど核実験したやないか、なんでそれ言わんと、北朝鮮だけ悪いみたいな話しとるんやと。
私も同じ気持ちでしたから、石田さんと意気投合しましたら、石田さんは、カザフスタンソ連核兵器が大量に残存していた話や、カザフは核実験被害地であり、被ばく国の日本が大使館を作らんのはおかしいと国や政治家に抗議し、とうとう大使館ができた話をしていました。
また、アメリカの大陸間弾道ミサイル第一号が、石田さんの郷里滋賀県饗庭の訓練場に運び込まれ訓練した様子を見たと言ってました。
石田さんが高校生だから約60年前の話。

河野益近さん、石田紀郎さん、日本の戦後の放射線や環境問題の生き字引です。
そんな方々とまなべ、本当にうれしいです!

自民党が再び緊急事態条項改憲が必要と主張。再三法律家たちから首相への権限集中、任期延長は災害対策と関係なく独裁の懸念、緊急事態条項必要なしと指摘する声があるが自民党は聞くつもりはない模様

昨年集中的に論じましたが、憲法改正の緊急事態条項は、不要だという見解が災害法制に詳しい法律家などから再三言われているわけですが、自民党は全く人の話を聞いていないと思われます。

 

‪緊急事態条項:「首相の権限強化」検討を 自民改憲議論 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170706/k00/00m/010/123000c

 

やはり自浄作用や是非を議論できる政党ではなくなっているのではないかと思います。
公明や維新と組めば、3分の2議席で発議できるので、とにかく発議して、与党を選挙なしで信任させ、総理の任期もどんどん伸ばし独裁体制を強化しようとしていると思います。

過去に論じた記事はこちら。

【議員任期延長も緊急事態条項!】緊急時に衆議院議員任期延長が必要と、自民公明はいうが、現憲法では緊急時に参院緊急集会できる。本当に改憲必要なのか? - 細々と彫りつける http://ishikawakz.hatenablog.com/entry/2016/08/13/173103

災害を憲法改正のだしにするな!-災害支援に詳しい弁護士、憲法学者、被災者が首をひねる自民党政権憲法改正 - 細々と彫りつける http://ishikawakz.hatenablog.com/entry/2016/05/09/002014


震災のドサクサに緊急事態条項を主張する官房長官。しかし、緊急事態条項は災害時に必要ない。 - 細々と彫りつける http://ishikawakz.hatenablog.com/entry/2016/04/16/113359

【読書随想】憲法に緊急事態条項は必要か・おかしな男 渥美清第五福竜丸から「3.11」後へ・閉鎖病棟 - 細々と彫りつける http://ishikawakz.hatenablog.com/entry/2016/04/08/012227

都民ファーストと日本ナショナリズムの未来

https://twitter.com/hamemen/status/880939751661895680

都民ファースト民進党を解体するため」という白石草さんのツイート。
なるほどな。
大阪でも維新の会が躍進した時に、大阪市議会の民主党議員が落選してほとんどいなくなった。

やはり東西で共通のやり方で大都市を極右が鎮圧した形になる。
選挙という無血クーデター。

安倍は、憎まれ役だよな。
鼻面を引き寄せておいて、力を蓄えた都民ファーストと維新がリベラルを切り崩していくだろう。
国民国家主義がアダになってリベラルは、批判の拠点がなくなり同一化する。
茶色い朝がどうのこうのみたいな人々が抗しきれずに。
だって、構造の問題だから。

都民ファーストや維新は、生活を心配する大衆に向けていくらでも話法を合わせられる。
でも、実際の議会での法や条例制定過程は彼らは独裁的に多数で押し切るだろう。
そんなもの報道させずに、小池の、中身のない改革姿勢とか橋下のスカッとする敵対姿勢だけが報じられ、大衆はそれを消費する。

都民ファーストや維新は、安倍のようなイデオロギーより、さらに振り切って、不安そのものを力にする。依り代はいくらでもある。オリンピック、万博。
都市と生活の不安、移民搾取の現実を忘れて、エンタメ化された政治の中で、軍備と搾取が拡張され、都市の排除性と潔癖さは高まる。

https://twitter.com/kenichioshima/status/881520102100713472
それを大島先生のように安倍のネタということはできるし、私は憲法改正勢力憲法を改正するために、安倍を一回下げて、小池とか橋下とか進次郎とか石破を出してさらに改憲を確実にするために仕掛けた罠だったんではないかと、半ば疑ってる。都民ファーストの自民とのエセ対立と都民ファーストの勝ちは