読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々と彫りつける

Concerning poetry,radioactivity,disability,and so on(詩、放射能汚染、障害などについて)

【詩作品】理由がない命と死がさわやかだ

生まれる前はどこにいたのか

知らないが

どこか知らないが

いまここにいるのはもっと不思議

意識という灯りがともると

私が青々と激しく目覚める

 

大きな絵を描いて

それは遠くから来たまなざし

あの世とはあっちにある世界か

水びたしの私は

生まれたばかりの弟が旅立っただろう

光あふれる窓を見ている

 

私も歳をとり、あの5歳の何倍も

歳をとり

親が年老いるのを心配してみるが

私の足元は透明の

頼りない階段を登り続け

ついに

生きることに慣れないとため息をつく

ずるい言葉や

強い言葉でごまかす私は

私であることが頼りない

 

頼りないから

愛という巨大な穴から

キラキラした風が吹くのを

眩しげにみている

あなたという悲しみが

不在を見送る

私はあなたをどうすることもできない

 

あなたは自由だ

あなたは私からも誰からも自由だ

あちらとこちらを超えて

私もあなたも戸惑う光になる

違いがないのに

別々の人生

 

誰だって理由もなく生きる

誰だって理由もなく死ぬ

そんなことを言い切っても

誰だって理由を探すんだ

探して

探す理由のないことを知り

笑って見つめ合い

駆け出す

 

遠くから

命の光が飛び交う

私たちにはどうすることもできない

屋上に強い風が吹いている

あんまりさびしくて

大切だ

涙がこの世界を彩る

 

理由がない

理由がないことに私の理由がある

生きてみて理由があるか

ないか

わかったふうな口をきくな

星になった人を見る

風とキラ星

 

理由がない

理由がない

【詩作品】生活を脱いだら人生の

雑踏で

たくさんの人と肩がぶつかり

それでも私は

ひとの形を保っている

ように

見えているのだろうか

 

生きていると

いうことは絶えず神経である

神経が神経の刺激に慣れず

毎回シビれている

 

こんなことでは

ひとを愛せるのか

愛するという言葉が

あまりに軽くないか

ふざけていても

胸に湧き上がってくる

強い気持ちが

空の雲を突き抜けている

 

あなたは大げさでしょう

そのまま生きれば

いいんだから

あなたが生活に関心がないのは

あなたがふざけているからでは

ないよ

あなたはあまりに真剣な神経だから

生活という複雑な糸を

ほどかずにはいられないのだから

 

生活を脱いで

私ははだかになったよ

はだかを抱きしめてくれないか

激しいせせらぎの音

腰が寒くて

温かい方に倒れこむ

 

どうしたらいいの

わからない

どうしたらいいの

 

生活を脱いだら人生が

あるよ

あなたもこの人も

はだかの人生?

そう

頭から食べてもお尻から食べても

ひとは

はだかの人生しか生きられない

原発避難者、被災者の怒りと悲しみの追及が生んだ今村復興大臣辞任劇、その真相を忘れるな!

‪今村復興大臣がクビになるのは、復興大臣自体が端役だからとか訳知り顔な解説が出るが違うのだ。‬
‪この間、原発避難者、現地被災者や支援者たちが避難者支援を打ち切るなと政府を突き上げ続けた結果、記者の鋭い質問となり、国会議員を動かし、復興庁や環境省はてんてこ舞いになった挙句の失言大臣辞任劇なんだ。‬

 

原発事故区域外避難者の支援は打ち切られたが、大臣は辞めさせた。

しかし大臣が辞めただけで済んで良いのか。

違うのだ。

原発避難者の支援を復旧、充実しなくては。

原発事故で汚染された地域から避難したり放射線防護することの正当性が認められない、つまり汚染が人体や環境に害があり得るという事実が認められず、人権侵害がまかり通ること、これがおかしい。つまり、私たちが傷つき苦しんでいることを認めない体制を許さないことが一番大事だ。

 

政府と東電は汚染被害の事実を認めよ。

20ミリシーベルト基準を撤回せよ。

放射能汚染による健康や環境の影響を把握し対策するための健診と汚染管理測定体制を構築せよ。

被ばくから身を守る避難権利を保障せよ。

【詩作品】世界の終わりを見たくない

熱が出て苦しい

愛という文字を書く

書いてみて呆然とする

世界中は愛で出来ているかもしれない

なのに

私たちは任意のAやBにしか

愛を感じられない

それも忘れたり思い出したりして

任意のAやBを超えてしまう

 

若い時口づけをして

さみしさは埋まらなかった

もっと欲しいという感情しかなかった

口づけをすれば

するほど息は苦しく重くなった

 

ホンモノの愛には量がないと学び

次にすぐわかったのは

愛をホンモノとニセモノに区別する

手段なんてないということだ

また愛は誰かの、誰のための

ものではない

だから恋人たちは時に喧嘩し

また別れまた結びつくのである

 

なにより愛というときに

私には

この愛しかない

空を見ると

呑気に雲と飛行機が浮かんでいる

このままこの世界が終ってほしくない

君に会えればいいな

そう胸が疼くとき

世界の終わりを見たくない

もはやこの世界は終わっているとしても

と思う

【詩作品】さみしさの連なる果て

両親がいて

あたたかい家だったが

私はなぜかさみしかった

 

求めてはならぬと

なぜか考えていた

求めたら傷つき壊れるから

求められずに立ちすくんでいた

求めたら

ルールを突き破り

私は汚れ罰せられるとすら

思いこんでいた

 

小学校の時には寝ていたら枕が

涙で濡れてしまった

表現の仕方がわからないので

あふれるしかなかった

独特な人だった

砂場をじっと見ていた

漢字の形が面白かった

 

ひとと深くつながれなかった

思春期には

私はガンで20歳で死ぬと思っていた

むくむくと他人に裸でまじわりたい気持ちだけ

あふれて

その気持ちが大きくなり

怖かった

欲望や血や肉と生きるのが怖かった

私は透明だと考えて

いたからだ

 

しかし

20歳を越えて

生きのびた私には

もはや何の目標もなかった

金もうけも

旅も恋愛も

わからないままどんどん歳を取り

ついにはなぜ働くのかまでも

わからないことが

わかり

脳が冬の荒野に散乱した

 

そんな私が

はじめて

ひとと交わった時

私は自分が人間なんだと

驚いた

肉と血の生き物である

あなたには大人の男の匂いがしないと

言われたこともある

 

しかしそれから何年たっても

生きていることがよくわからない

わからないから

しばしば爆発し

ただ恥だけが増えていくようだ

それでも

愛され、あたたかい涙と

切ない笑いに包まれたいと

フラフラと歩いている

 

私と同じ切なさを

感じたら

そこに真実があると

錯覚してしまう

 

真実は

流れの中にあり

最後の姿を見せない

あなたの気持ちや悲しみにも

私が確かにつかめるものはない

しかし

確かにつかめるものはないから

確かにつかめなくても

強く感じとるから

そのことを

誰に伝えていいのかすら

わからない

 

 

【詩作品】青い衣の勇者が金色の野に降り立つお話を真剣に見ていた子どもが世界の終わりを見るとき

f:id:ishikawa-kz:20170421095647j:image

 

本気なんだってことを

他人にわかってもらいたくて

言葉を重ねてうるさくなり

声が大きくなったり

小さくなりすぎたり

やり過ぎたり

遠慮し過ぎたり

本気であることは

恥ずかしいものだ

 

本気で違うと思うから

真剣に怒っていたり

本気でそうだと思うから

しみじみと伝えたり

本気で苦しいから

息がつらくなり

本気で深呼吸し

本気で疲れている

 

そのように限度がわからない私です

本気で大切なものを

力を入れすぎて壊してしまったり

本気で探していたら

行方不明になったり

本気で笑ったら

怒られたり

本気ってなんですかと言われ

本気は本気ですと

説明になってなかったり

 

そのように本気であることは

恥ずかしいのだから

だから

本気でないふりをした

クールに振る舞うふりをして

YESを逆にNOと言ってみて

苦しく

苦しくなった

 

苦しくなってみて

思った

これは

本気なんだって

例え

理解されなくて

例え

容認しがたくても

これは本気だ

 

本気本気と並べてみたけど

本気に空が明るくなり

本気に風がふいている

本気に放射性物質

崩壊し続け

本気に私たちは

虫の血に染められた

青い衣の勇者が

金色の野に降り立つのを

待つだろう

その映画を見たとき

私は世界が本気で変わると信じていた

 

本気で

風に乗って

本気な子どもで

途方にくれた子どもで

 

それは世界が

本気で壊れ始めたからかも

しれない

 

のうのうと寝そべる私の

数百キロ先で

おびただしい核燃料のクズが

形を失っている

 

おびただしい核の血は

おびただしい核の悲鳴は

かつて誇り高き民のいた地を

透明に

流れ続けてあふれ

命の耳がふさがれる

 

これは本当なのか

本気で疑い

本気で思う

本当に生きていけるのか

私たちは

 

 

 

 

 

【詩作品】壊れた王国のために作られたテーマ

いつも秘密だ

とっくにネタバレしてるけど

いつも秘密だよ

秘密だけど

明るい話だよ

手を伸ばせばすぐに

見つかるような

小さな夢の小箱だ

中にさみしさがあふれているかも

しれないよ

腹わたが煮えくりかえるよ

4月は寂しい季節だ

私はどこへも行かない

何にも入らない

不穏な国の

不穏な未来

何とか生きて

あなたに会いたいものだが

風が吹き

何もかもが斜めの雨にさらされ

その切り立った崖を

見上げている

 

あなたに会いにきた

馬がいなないて

草笛が

悲しみを吹き飛ばす

こんな王国に

壊れた王国に

あなたが風を使って

あたたかい涙を

流しているなんて